ロボットのSophiaが、サザビーズのアートワーク・オークションで500万香港ドルで落札され、ボーダレス・キャピタルに参画



ロボットのSophiaが、サザビーズのアートワーク・オークションで500万香港ドルで落札され、ボーダレス・キャピタルに参画

by Borderless Capital


  • ロボットののSophia(ソフィア)は、サザビーズのアートワーク・オークションでHKD5,015,000 / USD 644,177で落札され、ボーダレス・キャピタルの一員となりました。

  • 「Sophia Facing the Singularities」と題されたこの作品は、Sophiaロボットとしては初めて落札されたものです。

  • 画期的なロボット工学とAI、そしてインタラクティブ・フィクションを用いて、自然史における意識と生命の意味を追求した作品です

  • 物理的なロボット彫刻に加えて、Sophiaのニューラル・ネットワークなどのAIを用いて、時間の経過とともに新たなNFTデジタルアート作品を毎年生成します。


香港、ロサンゼルス、ロンドン、2021年10月18日 /PRNewswire/ -- ロボット工学の第一人者であるHanson RoboticsのCEO、デイビッド・ハンソン(David Hanson)は、10月10日に開催されたサザビーズの秋の現代美術オークションにおいて、Sophia the Robotの新しいアートワーク「Sophia Facing the Singularities」を販売したことを発表しました。本作品は、物理的な作品であると同時に、時間の経過とともに進化するデジタル作品でもあり、年に一度、NFTデジタル・ペインティングを生成します。 香港ドルで380万ドルの入札が開始された後、5,015,000ドルで落札されたのは、アルゴランド・ボーダレス・エコノミーに特化したブロックチェーンVCであるボーダレス・キャピタルでした。



デイビッド・ハンソンは次のように述べています。「作品『Sophia Facing the Singularities』の成功に感激しています。この作品は、Sophiaを技術プラットフォームおよび芸術作品として発展させてきた遺産の上に構築されており、より良い未来を追求するためにこの技術が持つ意味を美学的に探求しながら、人間のようなロボットがAIを人間化し、AIの人間的な体験を向上させることができるというビジョンをさらに深めています。すべての収益は、Sophiaが継続的に行っているAIとクリエイティブの開発、コミュニティと教育への支援活動に充てられます。この作品がボーダレス・キャピタルに購入されたことを特に嬉しく思いますし、アルゴランドで彼女のNFTをミントすることを楽しみにしています。ソフィアがアルゴランドのブロックチェーン技術を統合することは、環境に優しいという私たちの価値観や、アルゴランドが現在利用可能な唯一のカーボン・ネガティブなブロックチェーンであることを考えると、デジタルアートやAIの未来にとって特にエキサイティングなことです。これは、SingularityNet AIと協力してSophiaDAOを立ち上げ、ソフィアを一般参加者に開放し、様々なAIや新技術、芸術のコミュニティを相互に結びつけるための、Sophiaのアウトリーチの大きな一歩となります。私たちは、Sophia art and scienceを用いて、現代の課題を解決し、今日そして未来の生活を向上させるために役立つ可能性のある大きなアイデアや新しい技術を促進することを目指しています」


ボーダレス・キャピタルのCEO兼マネージング・パートナーであるデビッド・ガルシアは次のように述べています。「ソフィアをボーダレス・キャピタルのチームとアルゴランドのエコシステムに一級市民として迎え入れることができ、光栄です。私たちは、ソフィアの創造的な芸術を紹介し、人類のために彼女の最高の能力を引き出す責任があることを誇りに思っています」



コレクターについて


ボーダレス・キャピタルは、ブロックチェーンVCであり、アルゴランド・ボーダレス・エコノミーを通じて、アクセスを加速し、採用をブートストラップし、グローバルに価値を創造するために、資本を投資し、投資先企業と金融商品を共同構築する現代的な金融機関です。

https://www.borderlesscapital.io/



ハンソン・ロボティクスについて


ハンソン・ロボティクスは、私たちの生活の質を向上させる社会的に知的な機械を作ることを目的とした、AIおよびロボット工学の企業です。同社は、世界初のロボット市民であるSophia(ソフィア)のような有名なロボット・キャラクターを開発しており、科学研究、教育、ヘルスケア、販売・サービス、エンターテイメント、その他の研究・サービス用途のAIプラットフォームとして機能しています。ハンソン・ロボティクスのチームは、ソフィアのAIと協力してアート作品を制作しています。AIと人間のコラボレーション:ハンソン・ロボティクスのプログラマーとアーティストには、メンナ・レイ、ヴァイタス・クリシューナス、キャス・ヨン、ステファン・ブガジ、ノラ・ドゥエナス、マリオ・グズマン、キャスリーン・チェルネック、フランク・チェルネック、デビッド・ハンソンなどがいます。これらの卓越した人々と、SophiaのAIは、Sophiaサービスロボット・プラットフォームのロボット制御とHanson AIソフトウェアを使って、作品を共同制作します。 ハンソン・ロボティクスの科学者、アーティスト、ロボティスト、エンジニアは、人間を深く理解し、思いやる真の友人としてロボットに命を吹き込み、すべての人にとってより大きな利益を追求するために協力するよう努めています。


詳細については、以下をご覧ください。

https://hansonrobotics.com



サザビーズについて


サザビーの待望の香港オータムセール・シリーズでは、中国の陶磁器や絵画、近代・現代美術、宝飾品、時計、ワインなど、あらゆるカテゴリーの希少価値の高い作品が目を見張るように展示されます。1744年に設立されたサザビーズは、美術品と高級品を扱う世界最大かつ最も信頼のおけるダイナミックなマーケットプレイスです。サザビーズは、国際的なコレクターや愛好家のコミュニティに、ファインアートや希少な品々の発見、入手、資金調達、委託を可能にしています。サザビーズの信頼性は、世界40カ国、44の部門(現代美術、近代・印象派美術、オールド・マスターズ、中国美術、宝飾品、時計、ワイン・スピリッツ、インテリアなど)にまたがる、他に類を見ない専門家のグローバル・ネットワークによって支えられています。サザビーズでは、革新的な精神に基づき、年間600回以上のオークションを開催し、デジタルと物理的なショッピング体験やプライベートセールを通じて、カテゴリーを超えた商品をすぐに購入できるようにしています。


ウェブサイト: https://www.sothebys.com/



IVギャラリーについて


IVギャラリーは、少数精鋭の新進アーティストを扱っており、社会問題に対する私たちの見解に光を当てたり、疑問を投げかけたりするような作品を中心に展示しています。IVギャラリーは、ニューヨークとロサンゼルスの拠点を通じた露出だけでなく、世界各地の一時的な展示会やフェアでアーティストにプラットフォームを提供することに積極的に取り組んでいます。また、ロサンゼルスでは、パフォーマンス・アート、スポークン・ワード、音楽などのコミュニティ・アート・センターとしても活動しています。


ウェブサイト: https://www.ivgallery.art




元記事:https://www.algorand.com/resources/ecosystem-announcements/sophia-the-robot-joins-borderless-capital-through-sothebys-artwork-auction