シルビオ・ミカリによるISSNAF「生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)」受賞スピーチ

更新日:2021年12月28日



シルビオ・ミカリによるISSNAF「生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)」受賞スピーチ



2021年12月9日、北米イタリア科学者・学者財団(ISSNAF)は、シルビオ・ミカリを2021年の「Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)」の受賞者として発表しました。ISSNAFの生涯功労賞は、イタリア出身の優れた人物で、そのパイオニア精神と生涯にわたるコミットメントにより、出身国を尊重し、あらゆる分野の研究、リーダーシップ、指導に多大な貢献をした人物を表彰するものです。以下は、シルビオの受賞スピーチの文字起こしです。



 

親愛なるザッピア大使、ズッファダ会長、サレオ教授:ブエノスアイレスより、皆様と参加者の皆様にご挨拶申し上げます。また、在ボストン領事のフェデリカ・セレニさんにもご挨拶申し上げます。


まず最初に、生涯功労賞をいただいたISSNAFに感謝します。イタリア人としても、北米人としても、この賞を受賞できたことは大変名誉なことです。私の人生を決定づけた2つの経験、すなわち知識と研究への情熱と、2つの大陸をまたいで生きてきた人生を真に共有するコミュニティからの表彰ですから、非常に特別なものです。


私のスピーチでは、次の3つのことを試みたいと思います。


  1. 私にとって、ディアスポラの一員であることの意味を明確にすること。

  2. 私の個人的な旅を簡単に紹介すること。

  3. 私が人生をかけて取り組んでいる科学的な仕事について触れること。



私たちのディアスポラ


私の前に生涯功労賞を受賞した方々のリストを見て、その企業群のレベルの高さと、様々な分野での活躍に感銘を受けました。イタリア人は、アメリカの発展に初期の段階から大きな役割を果たしてきました。私たちの貢献は深いだけではなく、幅広いものです。


イタリア人として、またアメリカ人として、生物学者、数学者、エンジニア、法律家、専門家など、私たちはイタリア文化を活用して新しい道を開き、より良いアメリカ、より良い世界を築いていきたいと考えています。イタリアとアメリカの架け橋となること。そして、世界におけるイタリアの知名度を上げるために。


私が「頭脳流出」という表現を好まないのはこのためです。私たちはイタリアの精神を輸出しているのです。一生懸命働き、その結果として評価されることで、イタリアのアイデンティティ、広い意味でのメイド・イン・イタリーの価値を高めることができるのです。このようにして、二重国籍はすべての人に豊かさをもたらすのです。



私の個人的な旅


私たち一人一人は、ここにたどり着くまでに長い旅をしてきました。長い旅の良さは、一歩一歩、変化するたびに、自分自身を豊かにし、視野を広げ、心を広げる機会があることです。


私の個人的な旅は、シチリアから始まりました。パレルモで生まれた私は、幼少期をアグリジェントで過ごしました。アグリジェントの神殿に囲まれていたことは、私に大きな影響を与えました。美しいものを作れば、何千年経っても評価されるということを教えてくれました。そして、ローマに移ってからは、まったく異なる形の建築美に触れることができました。ローマ、ルネッサンス、バロックなど、まったく異なる建築美に触れ、「永遠の美」にはさまざまな方法があることを知りました。


ローマはまた、高校で古典を学んでいたときに、最終的に私をここに導いたものに魅了された場所でもあります。数学です。特にユークリッド幾何学は、私に大きな影響を与えました。真実は直接経験するのではなく、初歩的な原理から導き出されるということに気付いたとき、私はとても感動しました。私は数学者になることを決意しました。


数学からアルゴリズム、コンピュータへと進むのは自然な流れでした。数学への情熱を追求していくうちに、幸運にもローマの教授たちが、私を引き留めようとするのではなく、博士号を取るためにアメリカに来るように勧めてくれました。皆さんの中にも同じような経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか。また、新しい文化の中で生活することは、イタリア人であることの意味を学ぶのに最適な方法でした。



私の科学的研究


カリフォルニア大学バークレー校は、私が暗号技術に科学的に取り組んだ場所です。アグリジェントの神殿のように、暗号技術は長い歴史を持っています。その語源はギリシャ語で、「秘密の文字」を意味します。そもそも暗号の用途は、正当な受信者だけが理解できるようにメッセージを送ることでした。何千年もの間、暗号技術は科学というより芸術でした。バークレーの大学院生だった頃、生涯の共同研究者であり友人でもあるシャフィー・ゴールドワッサーと一緒に、私たちは暗号技術を科学に変えていきました。


まず最初に行ったのは、厳密な基礎を築くことでした。暗号化されたメッセージは、解読されない限り、何も明らかにならない、つまり部分的な情報も明らかにならない、とはどういうことでしょうか?私たちが確保したい部分情報には無数の種類があります。例えば、敵対者はメッセージの全体を解読できないだけでなく、それが賞賛なのか批判なのかもわからないようにしなければなりません。このようなセキュリティを数学的に定義し、実現することは大きな課題でした。備えあれば憂いなし、とはよく言ったものです。私たちの場合は例外だったのでしょうね。成功したことは二重の幸運と言えるでしょう。


以来、暗号技術は、秘密の書き込み、デジタル署名、擬似乱数生成、対話型証明、ゼロ知識証明、安全なプロトコル......と、その行動範囲を急速に広げていき、敵対者が存在する場合の相互作用の一般的な理論となっていきました。当初、敵対者とは、あなたの秘密のメッセージを理解しようとする人のことだと考えられていました。しかし、敵対者にはさまざまな形があります。例えば、デジタル署名を偽造しようとしたり、もっと広く言えば、インターネット上であなたになりすまそうとしたりする人です。疑似乱数生成では、コンピュータが生成するビットを予測しようとする者です。証明システムでは、あなたに偽りを確信させようとする人のことです。安全な選挙では、有権者は、誰が誰に投票したかを明らかにすることなく勝者を計算するために、信頼できる当事者を介さずに相互に影響し合います。ここでいう敵対者とは、個々の票が誰に投じられたかを把握したい人や、選挙の正しい結果を変えたい人のことです。


より一般的に言えば、十分に複雑なシステムを十分に長く稼働させれば、最終的には敵対的に行動することになります。十分な時間が経過すると、単なる誤動作と思われていたものが、最終的には悪意のある敵に変化し、システムのより多くの部分を破壊し、支配することができるようになります。暗号技術は、このような様々なシナリオにおいて、敵を打ち負かすのに役立ちます。特に、ますます複雑化するシステムの信頼性を保証するための最良の方法であり、人類の生存がますますかかっています。


驚くべきことに、秘密の書き込みのアプリケーションで敵を打ち負かす同じ技術が、他のすべてのシナリオでも機能します。そこには当然、多くの数学的手法が含まれています。一方向関数とは、私たちが日常生活で慣れ親しんでいる一方向現象を数学的に再現したものです。コップを割るのはとても簡単です。そのグラスを元に戻すのは難しい。卵をスクランブルエッグにするのは簡単です。元の卵を復元することは基本的に不可能です。


なぜ一方通行の機能は強力なのでしょうか?それは、「容易さ」と「困難さ」という2つの相反するものを組み合わせているからです。一方では簡単、他方では難しい。つまり、一方向性関数の相反する性質をうまく利用すれば、乱数を生成するのは簡単だが、乱数を予測するのは難しいのです。文書にデジタル署名するのは簡単だが、署名を偽造するのは難しい。意図した受信者が容易に理解できるようにメッセージを暗号化することは容易であるが、盗聴者がメッセージの部分的な情報を理解することは困難である。真の文を証明するのは簡単だが、偽の文を証明するのは非常に困難である。


暗号技術の最新かつ真に革命的なアプリケーションがブロックチェーンです。ブロックチェーンは、人類にとって斬新なフロンティアです。私たちの世代は、すでにコミュニケーション革命を経験しています。誰かと話をするにはその場にいなければなりませんでしたし、電話が登場して一対一で話ができるようになり、今ではFacebookなどのソーシャルチャネルを使って何百万人もの人にメッセージを送ることができるようになりました。しかし、ブロックチェーンは単なるコミュニケーションではなく、知識を共有するものです。Facebookでメッセージを受け取っても、誰がそれを見ているか、他の人がまったく同じメッセージを見ているかどうかはわかりません。しかし、ブロックチェーン上で何かを読めば、自分が読んだものが他の誰もが読んだものと同じであることがわかります。人類にとって、知識の共有は技術的に初めてのことです。


ブロックチェーンは最高レベルの分散型データベースであり、誰もがエントリーを書くことができ、誰もが書かれた内容を読むことができ、誰も書かれた内容や順序を変更することができません。これはもう、ものすごく重要なことです。情報の非対称性がなくなり、透明性が保証されます。しかし、ブロックチェーンは単に静的で壊れないデータベースではありません。ブロックチェーンは、第三者が介在していなくても、取引相手が不正をしていても、安全性を保つことができるあらゆる取引を可能にします。これは重要なことです。というのも、従来の仲介者は費用が高く、一般の人々の通常の取引には関心がなく、また経済的な動機もないからです。誰もがわずかなコストで安全に取引できるようにすることで、ブロックチェーンは金融の民主化に重要な役割を果たすことになるでしょう。


最後に、一つの考えを述べさせていただきます。私は、科学者として、また技術者として、ISSNAFの生涯功労賞を受賞します。テクノロジーは、深く人間的なものです。私たちが最初の道具を作ったとき、私たちは人間らしくなったのであって、人間らしくなくなったわけではありません。しかし、私たちは、人類の旅が曲がりくねったものであることも認識しておく必要があります。ダンテの言葉を借りれば、「進むべき道を見失い、気がつくと私は暗い森の中にいた」。人々がテクノロジーを構築し、それを使って人々を抑圧し、人間性やプライバシーを奪ってきたことに疑問の余地はありません。今、私たちが友人と連絡を取ることができるテクノロジーは、私たち自身の情報を放棄することを要求しています。これは許されることではありません。


私は、優れた技術を構築し、それを人類の向上のために使用することを約束する科学者として、この賞を受け取ります。私は、ここ北米で、あるいは世界のどこかで、同じような旅を始めている多くの素晴らしい若いイタリア人たちが、どのような分野であれ、同じように行動してくれることを信じ、期待しています。彼らの成功を心より祈っています。


Goodspeed!(幸運を祈ります!)


シルビオ・ミカリ



元記事:https://www.algorand.com/resources/algorand-announcements/silvio-micali-shares-acceptance-speech-for-issnaf-lifetime-achievement-award