Quantoz、アルゴランド・ベースのトークン化債券/電子マネーのためのピアツーピア・プラットフォーム開発に向けた助成金を獲得



Quantoz、アルゴランド・ベースのトークン化債券/電子マネーのためのピアツーピア・プラットフォーム開発に向けた助成金を獲得


2021年8月31日 - 昨年、アルゴランド財団の助成金プログラムを開始して以来、世界中の開発者やイノベーターから、アルゴランドのエコシステムへの参加や成長を望む多くの応募がありました。徹底した審査と選考の結果、Quantozが最新の助成金受領者であることを発表できることを嬉しく思います。


Quantozは、オランダのFinTechスタートアップで、Porsche、BASF、UniCreditなどの優良企業やBank Frick、BTC Suisseなどのクリプト系フロントランナーとブロックチェーン・プロジェクトを構築してきましたが、債券、電子マネー、その他のトークン化された資産のためのアルゴランド・ベースのピアツーピア・プラットフォームを構築するための助成金を獲得しました。このプラットフォームは、ヨーロッパの中小企業が資本市場に容易にアクセスできるようにするもので、レイヤー1技術を用いたアルゴランド・ブロックチェーン上のトークン化された債券や電子マネーを利用し、QuantsのNEXUS技術によって管理されます。


「中小企業は経済において重要な役割を果たしていますが、残念ながら、これらの企業は対外的な負債へのアクセスが困難な場合が多いのです。当社のアルゴランド・ベースのソリューションは、トークン化された債券を直接発行し、電子マネーで取引することを可能にします。これにより、債券の発行・取引プロセスの多くの部分が改善され、中小企業の融資獲得に役立つでしょう」と、Quantsの共同設立者でCBDOのHenri de Jongは述べています。「ISO 27001およびISAE3402タイプ1認証企業として、アルゴランドのブロックチェーン技術の持続可能性、信頼性、パフォーマンスは、当社の製品戦略に完全に合致しています」


「Quantozの助成金申請を支援できることを嬉しく思い、彼らをアルゴランドのエコシステムに歓迎します。アルゴランドのLayer-1ブロックチェーンは、拡張性、安全性、高速性、最終性、低コスト性、持続性に優れており、Quantozの債券、電子マネー、その他のトークン化された資産のためのピア・ツー・ピア・プラットフォームにとって理想的なプラットフォームです。私たちのパートナーシップは、アルゴランドのエコシステムに新たなユースケースを提供し、中小企業に必要な新たな機会を提供することになるでしょう」アルゴランド財団CEO、ショーン・リー。


アルゴランド財団は、アルゴランド財団助成金プログラムによる資金提供で、このプロジェクトを支援できることを誇りに思っています。QuantozとNexusの詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

https://quantoz.com/


アルゴランド財団の助成金プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/quantoz-grant