暗号通貨決済が主流となる時が来た! by アルゴランド財団CEOショーン・リー



昨日、Centre ConsortiumからアルゴランドがUSD Coinの公式ブロックチェーンになったという重大な発表があり、私たちは暗号通貨にとって重要なチャンスの時を迎えました。世界的な規模とセキュリティ能力が、現実世界で可能な決済システムを提供するための堅牢なステーブルコイン技術とマッチしてきた今こそ、暗号通貨が主流での使用に移行する時です。

クレジットカードは、1950年代にニューヨークのレストランで使用されていたダンボール製のダイナースクラブカードから、1980年代に世界的に主流となるまでに30年かかりました。最初のビットコインが2009年1月に採掘されたことを考えると、暗号通貨の開発はこの「30年目」に入ろうとしていますが、ムーアの法則と絡み合った技術への期待にもかかわらず、売買のためのシンプルな取引ツールとしての暗号通貨の世界的な主流の採用はまだ見られていません。

暗号コミュニティ内では、なぜこのようなことが起きたのか、その理由は明らかです。暗号通貨とブロックチェーンの初期の標準的な担い手は、Proof of Workコンセンサス・メカニズムに基づいて構築されていましたが、分散型ネットワークで堅牢なセキュリティを維持しながら、グローバルな主流の決済システムに求められるレベルまで拡張することができないことが証明されています。これは「ブロックチェーンのトリレンマ」と呼ばれています。完了までに何分もかかるトランザクション、そしてうまくいけば支払いが完了するという類ものでは、VisaやMastercardの2~3秒というトランザクション・スループットには太刀打ちできません。スケーラビリティの課題に加えて、これらの初期の暗号通貨の価値が大きく変動するという課題があり、さらに最近では、これらのネットワーク上でトランザクションを実行するためのコストが大幅に増加しています。これらのブロックチェーン1.0プロジェクトは、資産の希少性や価値の保存などの分野を探求するために使用されるため、経済的なイノベーションを促進し続けるでしょうが、支払いツールとしての暗号通貨の主流採用を実現するためのソリューションにはなり得ません。

Proof of Stake(あらゆる種類の)のような新しいコンセンサス・メカニズムに基づいて構築されたブロックチェーン・プロジェクトの次の波は、そのブロックチェーンのトリレンマを解決しようとしています。アルゴランドは、パーミッションレスで純粋なProof of Stakeのコンセンサス・メカニズムを独自に実装することで、ブロックチェーンのトリレンマを解決し、現在では主流派のニーズを満たすために必要な規模、スピード、セキュリティを実現しています。これ自体も画期的な成果ですが、それが誰でもアプリケーションを構築できるパブリック・ブロックチェーンとして作成されたという事実が、アルゴランドをユニークなイノベーションにしています。また、他の多くのプロジェクトがテストやベータ段階にとどまっている中、2019年から実サービスを提供開始しています。

現在、アルゴランド(および主流の採用を目指す他のプロジェクト)の課題は、MastercardやVisaと同レベルのトランザクション・スループットを実現するという目標を達成することです。アルゴランドのパブリック・ブロックチェーンは、パーミッションレスのPure Proof of Stakeコンセンサスモデルに基づいており、何十億人ものユーザーとトランザクションをサポートし、遅延やトランザクションの混雑なしに、小売業者、イーコマース・サイト、決済処理業者が暗号決済を受け入れるために必要な世界的な規模対応力を創り出しています。アルゴランドは、大規模な暗号化決済のためのブロックチェーン・プラットフォームです。

アルゴランドがUSDCステーブルコインのブロックチェーンとして初めて完全にサポート・承認されたという昨日のCentre Consortiumの発表、そしてそれに加えて以前に発表したTether/USDTとのパートナーシップにより、私たちは暗号通貨決済の主流採用のための決定的な瞬間に到達しました。大規模でグローバルな小売業者にとって、オンラインと店舗の両方で暗号通貨を介した支払いを受け入れる際の2つの重要な課題は、取引速度と、その暗号通貨の価値の変動でした。アルゴランドに主要なステーブルコイン両方を持ち込むことで、私たちはこの問題を解決する画期的なソリューションを創り上げました。小売業者やマーチャントは、クレジットカード並の取引スピードで暗号通貨の支払いを受け入れることができ、同時に真のデジタル通貨のすべての利点を持つことができます。アルゴランドの0.001Algoという取引手数料は、取引の規模に関係なく、これらの支払いを可能な限り最もコスト効率の良い方法で処理できることを保証するものです。「とはいうものの」といったことも制限も例外もありません。暗号通貨の受け入れにおいて、革新的なリーダーシップを発揮したいと考えている小売業者やマーチャントは、アルゴランドを基盤とし、世界最大のステーブルコインを使用することで、自信を持ってそれを行うことができるのです。


元記事:https://community.algorand.org/blog/its-time-for-crypto-payments-to-go-mainstream/