https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

HesabPayはいかにしてアフガニスタンで最初で唯一の相互運用可能なデジタル決済プラットフォームとなったのか?


HesabPayはいかにしてアフガニスタンで最初で唯一の相互運用可能なデジタル決済プラットフォームとなったのか?

業界:国際決済|ユースケース:デジタル決済、人道支援


2016年、Sanzar Kakar(サンザール・カカール)はアフガニスタンのカブールでデジタル・ウォレット「HesabPay」を設立しました。そこは人口の97%が貧困ライン以下で生活していると推定される場所です。人道援助危機に対するソリューションとして最初に構築されたこの決済プラットフォームは、2022年にアルゴランド・ブロックチェーンに移行し、現在では12以上の組織が利用しています。これらの組織は、アフガニスタンの全400の地区と34の州にわたって、緊急に必要としている受益者に直接資金を送ることができます。


HesabPayはiOSとAndroidのアプリとして利用可能で、フィーチャーフォン・ユーザーもUSSD経由で、またはQRコードカードと組み合わせて利用できます。HesabPayは急速にユースケースを拡大しており、現在ではユーザーが通信時間を購入したり、電気料金を支払ったり、他のユーザーにデジタル資金を送金したりできるようになっています。


ハイライト


  • ユーザー数:1日あたり約4000人

  • 加盟店:1700

  • トランザクション:アルゴランド・ブロックチェーン上で350万件以上

  • 決済:17万件の電気料金、総額400万ドルを毎月決済中

‍‍


課題


‍HesabPayが設立された2016年当時、アフガニスタンは人道的危機に陥っており、2021年の政権交代によってさらに悪化していました。現在の状況は依然として不安定で不透明なままです。「制裁、資産凍結、麻痺した銀行部門、現物通貨の不足が、アフガニスタン経済の流動性を大幅に制約し続けています」と、アルゴランド財団のソーシャル・インパクト担当ディレクター、マット・ケラーは説明します。


アフガニスタンの人々は、簡単に送受金できるシンプルな方法を必要としていました。「私たちは、援助団体が必要としている人々に迅速かつ効率的にお金を届けることができるシステムを作りたかったし、人々が銀行を通さずに簡単にお金を送受金できるようにしたかったのです」とカカルは言います。


解決策


カカルは、アフガニスタンの人々のわずか6%しか銀行口座を持っていない一方で、約60%が携帯電話やスマートフォンを持っており、現物通貨の流通量の少なさと相まって、デジタル・ソリューションの必要性を認識していました。これがHesabPayの開発につながったのです。


デジタル通貨は、アフガニスタンの人々が切実に必要としている資金にアクセスできるようにする可能性を秘めています。これにより、国際的な救済団体から、支援を必要としている人々に直接デジタル決済を行うことができます。


これらの支払いを促進するために、HesabPayは信用でき、信頼性が高く、手頃な価格のオープンソース技術を必要としており、アルゴランド・ブロックチェーンがその解決策でした。アルゴランドは、低コストで透明性の高い方法でデジタル決済を可能にするものです。

HesabPayはアルゴランドを決済レイヤーとして使用しています。ブロックチェーンにおける決済レイヤーは、取引の最終化と記録を担う基本的なコンポーネントです。アルゴランドを統合することで、HesabPayはデジタル取引の即時かつ信頼性の高い決済の恩恵を受けています。これは、タイムリーさが重要な人道的状況においては特に重要です。


「アルゴランドの取引手数料は非常に低く、安定しています。決済は非常に速く、ネットワークがダウンすることもありません。私たちのニーズにぴったりのソリューションです」とカカールは説明します。


サインアップし、標準的な本人確認(KYC)のために基本的な個人情報を提供すると、HesabPayはユーザーが資金を送受信するためのアルゴランド・ウォレットを作成します。これらのウォレットは保管(カストディアル)型であり、それはHesabPayが全ユーザーの秘密鍵を預かることを意味します。このアプリはブロックチェーン上に構築されていますが、エンドユーザーは基礎となる技術の仕組みを理解する必要はありません。HesabPayは、ユーザーが携帯電話やQRコードカードを使用してデジタル決済を行うことを可能にし、簡単にアクセスできるように全国に広がるローカル管理オフィスを持っています。口座は電話番号に紐付けられ、消費者はPINコードと二要素認証で支払いを承認することができます。


デジタル・リテラシーはデジタル決済を利用する際の障壁となり得ますが、HesabPayはこれをいかに克服できるかを実証しています。この動画では、消費者がいかに簡単にアプリに参加できるかを示しています:




成果


アフガニスタン市場にはHesabPayとまったく同じものはなく、アフガニスタン市場は初めて、すでに世界中で実感されている金融上のメリットを体験することができます。アフガニスタン・ペイメント・システムズ(APS)、商業銀行、モバイル・ネットワーク・オペレーターと協力することで、HesabPayは現在、約4000人のユーザーの日々の取引を処理しています。


最近HesabPayを「画期的な10のイノベーション」の1つに選んだ世界食糧計画(WFP)のような人道支援組織は、必要としている人々に直接資金を送るためにHesabPayを利用し続けています。HesabPayのイニシアチブは、包括的かつ効率的な人道援助提供のモデルとして機能し、アフガニスタンの最も脆弱なコミュニティの生活改善に向けた重要な一歩となっています。


HesabPayシステムは、従来の現金配布の方法と比較して、女性の安全と尊厳に大きな改善をもたらします。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスによる、HesabPayアプリを利用した2,500人の女性を追跡調査した注目すべき研究によると、女性のための直接的なデジタル支援によって、家族の食事抜きが減ったことが明らかになりました。特筆すべきは、地方自治体がデジタル扶助の受益者への課税を控えたことです。さらに、援助総額の98%が地元商店でデジタル決済され、このプラットフォームが地元経済にシームレスに統合されていることが示されました。この調査では、HesabPayを通じてデジタル支援を提供することの費用対効果も強調されています。


現金が優勢で金融機関が不信に直面している市場において、HesabPayはデジタル決済への流れを変えようとしています。実証された信頼性、透明性、使いやすさを通じて、HesabPayはブロックチェーン技術の支援により、アフガニスタン全土でデジタル金融サービスへの信頼と金融包摂を高めているのです。


bottom of page