https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

アルゴランドがLoftyの不動産業界変革を支援し、誰でも物件の一部を所有することを可能にした方法


アルゴランドがLoftyの不動産業界変革を支援し、誰でも物件の一部を所有することを可能にした方法

Loftyは、不動産投資家が最適な地域を見つけられるように支援することを使命とするAIツールとしてスタートしました。しかし、投資家が直面する真のハードルは、不動産市場に投資するための高い参入コストを克服することであることがすぐに明らかになりました。創業者であるジェリー・チュー(Jerry Chu)、マックス・ボール(Max Ball)、マーク・キーン(Mark Keane)は、不動産所有へのアクセスを民主化するという、より大きな使命に軸足を移しました。Loftyは現在、不動産をトークン化することで部分所有権を提供し、全米の投資家が不動産価値の成長と賃貸収入を通じて富を築くことを可能にしています。


ハイライト

  • Loftyは米国11州で148の不動産をトークン化。

  • Loftyのポートフォリオの最高値は約222万1000ドルで、最低値はわずか50ドル。

  • 一軒あたりの平均購入者数は約231人。

  • Loftyの月間アクティブユーザー数は約7,000人。

  • Loftyはこれまでに200万ドルの家賃収入をユーザーにもたらしました。


チャレンジ


Lofty共同設立者であるジェリー・チュウは、「私たちは、投資する物件を見つけることが95%の作業だと思い込んでいました」と振り返ります。「しかし、初期のユーザーと話した後、より大きな障壁は、実際に資金を持つこと、適切な融資を受けられること、そして最終的に取引プロセスを経ることだと気づきました」。


従来の不動産購入プロセスでは、頭金が高額になるだけでなく、面倒で長い購入プロセスに時間を取られるため、多くの人が不動産市場から締め出されています。


「もし私たちが、売出し中の物件を探す手助けをするだけでなく、即座にいくらでも投資できるプラットフォームを構築することができれば、既存の不動産投資プロセスを真に破壊することができるでしょう」と彼は続ける。


ソリューション


Loftyは、不動産売買を瞬時に行うために、ユーザー同士が直接取引できる決済システムを必要としていました。「従来の不動産取引でも直接決済は行われていましたが、それには多くの信頼や、ブローカーやエージェントといった仲介業者が必要でした」とチュー氏は説明します。「ブロックチェーンはピア・ツー・ピア(P2P)決済に優れています。ブロックチェーンを使えば、資金はスマートコントラクトのエスクロー(預託)にロックされ、それぞれの要求が満たされて初めて決済されます」。



Loftyはまた、従来の不動産投資信託(REIT)とは異なり、資産に対する真のコントロールを投資家に与えたいと考えていまし。ブロックチェーンは、ユーザー同士が直接取引できる決済システムとともに、デジタル資産の完全な所有権を促進することができます。


‍次のステップは、誰でも、特にクリプトやWeb3ネイティブではない人でも、包括的にアクセスできるブロックチェーンを見つけることでした。「私たちは、取引が即座に処理されるWeb2プラットフォームと同様の運用が可能な構築場所を探していました」。

「私たちはすぐにアルゴランドが解決策であることに気づきました。取引は3〜4秒で即決済され、これは人々がWeb2で慣れ親しんでいるのと同レベルです。アルゴランドの取引手数料は驚くほど安く、Loftyが補うことができます。Web2では人々が手数料を支払うことに慣れていないためです。」と彼は続けます。


アルゴランド標準アセット(Algorand Standard Assets:ASAs)として発行されるLoftyの不動産トークンは、不動産に対する投資家の持分を表すものです。「私たちはプラットフォーム上の資産を所有したり管理したりはしません。むしろ、不動産の売却に関心のある人なら誰でも、多くの買い手に売却できるようにしています。買い手は、米国の合法的なDAOを通じて、まとめて不動産を管理・所有します」とチュー氏は説明します。トークン保有者は実質的に物件の最終的な管理者となり、家の改善や家賃の値上げ、家電の買い替えなどについて議決します。


Loftyのマーケットプレイスは、収益予測、賃貸の詳細、テナント情報など、包括的な物件情報を提供します。このプラットフォームは、物件に投資する前にデューデリジェンスを行うことを重要視しています。‍



Loftyに参加するために、ユーザーはアカウントを作成し、KYC(本人確認)認証を完了し、USD、Algo、または他の暗号通貨を使用してトークンの形で不動産を購入します。トークンは不動産の一部の所有権に相当し、トークンの強制ロックアップ期間がないため、この所有権はLoftyマーケットプレイスでいつでも取引できます。ユーザーは、トークン化された資産を保管するためにアルゴランド・ウォレットをセットアップする必要はありません。Loftyアプリが彼らのために作成し、彼らのアカウントに帰属されるからです。ユーザーは、暗号通貨やブロックチェーンについて何も知らなくても、Loftyの基本的なUIを使ってこのウォレットとやり取りすることができます。また、すでにアルゴランド・ウォレットを持っている場合は、Loftyトークンとトークン化された不動産資産をアルゴランド・ウォレットに保管することも可能です。



Loftyの卓越した特徴は、そのセカンダリー・マーケットプレイスで、そこでユーザーは所有する不動産株を売却し、所有権をより簡単に清算することができます。Loftyは近く、世界初の不動産向け流動性プールと自動マーケットメイカーを立ち上げる予定で、ユーザーは他の資産クラスと同様に、市場価格とスポット価格で即時かつ透明性の高い取引ができます。


結果


2023年9月現在、Loftyのプラットフォームは、合計で200万ドルの賃貸収入をユーザーにもたらし、世界最大の資産クラスの1つである米国の住宅用不動産からキャッシュフロー・ストリームを生み出すというプラットフォームの具体的な効果を示しています。AIツールからブロックチェーンを活用した不動産マーケットプレイスへと発展したLoftyの歩みは、投資シーンにおけるテクノロジーの変革の可能性を例証しています。これは、現実資産(RWA)が、これまで多くの人々にとって手の届かなかった業界に、いかに包括性とアクセスをもたらすことができるかを示しています。


*データは2023年9月時点のもの


元記事:https://www.algorand.foundation/news/lofty-transform-real-estate-industry

bottom of page