Algorand隔週レポート(6/18〜7/4):Algorand上でのUSDCの発行、メインネット1周年、BGAへの加盟、Republic Noteの発行など



開発状況

Github:


開発アクティビティ (Coinlib.io)

Algorand V2 SDKアセットとAtomic Transferの紹介


前回の記事で紹介したように、Algorandは新しいV2 APIを有しています。このAPIのアップグレードは、algodプロセスの新しいAPI仕様に合わせてリリースされました。このプロセスは、ノードに対するAlgorandプロトコルの処理を担当し、あらゆるタイプのトランザクションの送信、参加証の登録、アカウントデータの読み込み、ノード状態の確認、その他多くの機能のためのエンドポイントを提供します。この新しい仕様では、検索や集計機能の多くを新しいインデクサーに移行し、ブロックチェーンデータを用いながら、低レベルフォーマットでの作業に最適化することができます。このアップグレードは、4つのすべてのSDK(Python、JavaScript、Java、Go)において実装されており、オプションのパラメータをサポートする新しいトランザクションビルダーなど、開発者のための多くの改善点を提供し、トランザクションの管理を非常にシンプルにしま

現在、これらのアップグレードされたSDKを用いて、開発者サイトを通じて、新機能を使用して説明できるように、すべてのサンプルをアップグレードするための作業をしています。彼らは、Algorand AssetsとAtomic Transfers用にアップグレードされたサンプルをリリースしました。Assetsのサンプルでは、Algorandのレイヤ1アセットの作成、変更、送信、凍結、失効、破棄のプロセスをカバーしています。Atomic Transferの例では、複数のトランザクションを1つのグループ化された操作に結合し、すべてのトランザクションが通過または失敗する方法について詳細に説明しています。


改訂されたコードに加えて、APIのV1とV2のすべてのサンプルがGitHubで公開されています。developer.algorand.orgで最新の開発者向けリソースをチェックしてください。



Algorandメインネットの1年のあゆみ


いくつかの重要なポイントをご紹介します。








Base Layer 第148話 BlockstackのMuneeb AliとAlgorandのSteve Kokinosが "Clarity "についての議論。


MuneebとSteveがBase Layerに参加して、大きなジョイントベンチャーについて語りました。BlockstackとAlgorandは、初のスマートコントラクト言語であるClarityをサポートする

独立したオープンソースプロジェクトを共同で発表しました。業界を成熟させるために、より安全で予測可能なスマートコントラクト言語の必要性を認識し、Blockstackの創設者でプリンストン大学のコンピュータサイエンス博士であるMuneeb Ali博士とAlgorandの創設者であるMITのコンピュータサイエンス教授であるSilvio Micali博士が運営するチームが、Clarityの設計と開発を共同で行うことになりました。彼らはClarityが、どのような目的のために「決定可能な」言語を使用しているのかについて話し、深く掘り下げています。これは、現在、大規模な採用を妨げている重要な障害に対処することができると考えています。



アルゴランドの「忘れられる権利」への取組み方 by シルビオ・ミカリ


Algorandの設計は、RTBFを受け入れています。ユーザーと開発者が同様にRTBFを使用することを可能にし、促進しています。基本的な権利はすべての人に利益をもたらしますが、科学者と立法者は、可能な限りこの権利の行使が、真の分散型パブリックブロックチェーンによって提供される信頼や透明性などの他の大きな利益と互換性があることを保証するために、研究し続けなければなりません。



ブロックチェーンゲームへの投資:VCが大きな賭けをしている理由


AlgorandのビジネスソリューショングループのDavid Markleyは次のように述べています。

「ブロックチェーンは人々が安全で透明性の高い取引を行うことを可能にしました。ゲームにおいてこの技術の採用は、ゲーム製作者がグローバル市場に挑戦することを可能にします。」詳細は上記のリンクをチェックしてください。




Algorandレビュー:ハイパフォーマンス(DeFi)ブロックチェーン

(Young And Investing Finance)




ファイナンス



Algorand X Ledgible



Algorand X Exosus



ノルウェーの取引所Kaupang KryptoにALGOが上場

 ノルウェー人コミュニティ向けですが、

 Kaupang KryptoがALGOの取引を提供するようになりました。記事の続きを読む


Pythonを利用したトランザクションタイムの確認:Algorand vs 他プロジェクト


ChangeNOW.ioでのALGOの購入方法




ロードマップ

Algorand財団は、最先端の研究とイノベーション、そして開発のハードルを下げスピードある開発を可能にするエコシステムを組み合わせることで、将来の技術ニーズを先取りしていくことに努めています。

Algorand財団は Algorand Inc.と契約しており、Algorandパブリックブロックチェーンの基礎となるAlgorandの進歩的な開発を開始しました。


VAULT™

Vaultはブロックチェーン圧縮技術で、新規ユーザーは負担のかかるダウンロードを行う必要がなく、すぐにAlgorandのネットワークに参加することができます。

ホワイトペーパー:Algorand上の暗号資産のための高速ブートストラップ

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


PIXEL

Pixelは、Proof of Stakeシステム用に構築された新しいデジタル署名方式であり、委員会メンバーの署名を集約することによりスペース要件を削減しつつ、キーローテーションによる前方秘匿性( forward-security)を維持します。

Pixel署名:ブロックチェーンのための効率的で安全なデジタル署名

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著

自己検証型トランザクション(SELF-VALIDATING TRANSACTIONS)

自己検証型トランザクションは、コンセンサスとストレージの分離を可能にし、Algorandブロックチェーンの効率性と論理構造を向上させます。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


ATOMIC² SWAPS

Atomic²Swapは、Algorandの即時トランザクションの有限性を活用し、単一トランザクションで、いかなるタイプの時間やハッシュロックなしで、資産の同一チェーンスワップを実装します。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著

POST-AND-SALE TRADES

アセットの交換は通常、双方向性を必要とします:アセットを引き渡す前に、売り手は買い手を見つけ、条件を交渉しなければなりません。POST-AND-SALE TRADE技術は、任意の売り手が所定の価格で、売却のためのアセットを投稿することができます。買い手は、これらのオファーを閲覧し、代金を支払い、売り手や第三者とコンタクトをとることなく、すぐにアセットを受け取ることができます。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著

SMART² CONTRACTS

スマートコントラクトは、信頼できる第三者を必要とせずに世界中の当事者間で信頼できる取引や契約を行うことを可能にしますが、時間と費用がかかります。

Smart² contracts™は、アルゴランドのコンセンサスメカニズムを活用して、より速く、より安くスマートコントラクトを提供します。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


参照元記事



パートナーシップ

CircleとCoinbaseが、AlgorandブロックチェーンでステーブコインUSDCを発行


このコラボレーションを通じて、CircleはUSDCと相互運用可能なデジタルドルのステーブルコインのサポートを追加します。これにより、Circle Business AccountsとCircle APIの顧客は、従来の銀行とカードネットワークの間で資金をアルゴランド・ブロックチェーンのデジタルドルに簡単に移動できます。顧客は、Circle APIを介して管理を行い、アカウントと支払いアクティビティを管理し、アルゴランドのブロックチェーンの速度、セキュリティ、スループットの利点を得ることができます。


「USDCおよびCircle Platform Servicesとアルゴランド・ブロックチェーンを組み合わせることで、拡張性が高く、安全でコンプライアンスに準拠した幅広い金融アプリケーションを開発するための基盤が作成されます。」とCircle共同創設者兼CEOのJeremy Allaireは語っています。


あわせて、Blockchain CouncilもしくはCointelegraphもお読みください。



次世代の利益シェア・トークンRepublic NoteがAlgorand上でローンチ


Algorandは7月16日から、適格投資家と個人投資家の両方に提供される革新的な利益シェア・トークンであるRepublic Noteのブロックチェーン・インフラストラクチャ・レイヤーとして選ばれました。Algorndは、その革新的なPoS設計によってRepublicが何百万人もの投資家の間で自由に取引できる規制されたセキュリティトークンの実現を可能にするものとして選ばれました。

利益をシェアするトークンとしての最初の革命となるRepublic Noteは、Republicの投資プラットフォームを通じて資金提供されている新興企業やプライベートエクイティが買収または公開されると、保有者に配当を行います。支払いはステーブルコインで行われ、投資家が保有する額に比例します。Republic Noteは、投資バウチャー、ウェイティングリストの優先順位、その他のプラットフォームのメリットなど、投資家の特典も提供します。



PlanetWatchのトークンとセンサーについて

Algorandテストネットに新しいアセットが登場していることにお気づきでしょうか。技術的に言えば、これらのデジタル資産は、ノンファンジブル・トークン(NFT)と呼ばれています。

これらのデジタルアセットは、ブロックチェーン技術であるにもかかわらず、有形のオブジェクトとリンクしている興味深いものです。:現在、PlanetWatchベータテスターが所有している大気センサー。それぞれのNFTはUNIQUE属性を持っているので、それを使って独自のシリアル番号を持つセンサーのように、現実世界でユニークなオブジェクトを表現することができます。Planetwatchネットワーク内の各センサーは、Algorandブロックチェーン上のNFTに関連付けられています。このようなNFTは、デジタルセンサーのプロパティ証明書とみなすことができます。実際、センサーにリンクされたデータストリームによって生成されたプラネットは、関連するNFTを含むウォレットにのみ支払われます。Rand Labsにより、PlanetWatchセンサーの各NFTは、センサーの主要な機能をまとめたAlgoエクスプローラーにも独自の絵柄で表示されます。



FIDEオンライン・アリーナ × Algorand

FIDEオンラインアリーナの選手の評価はブロックチェーン上に記録されます。アリーナのパートナーであるAlgorand社が支援します。


ゲーム分野におけるAlgorandブロックチェーンの利点としては、以下のものがあります。

  • ゲーム業界が要求するようになったスケーラビリティ

  • 交換不可能なトークン(NFT)の簡単な作成

  • 新しいゲームの可能性を引き出すネットワークの速度とファイナリティ

  • わずかな取引コスト

  • 開発者向けツールとリソースの堅牢なセット

  • ゲームエコシステム全体のコミュニティの所有権

  • 新しい収益化モデル

  • プレーヤーとパブリッシャーの市場機会の拡大



ソーシャルメディア情報






公式メディア一覧

Twitter , Telegram , Facebook , Reddit


こちらもご覧ください:

YouTube , Medium  , WeChat , LinkedIn ,algorand.com , algorand.foundation , community.algorand.org , developer.algorand.org , forums.algorand.org


このレポートは、投資に関するアドバイスではありません。

また本記事は、Paradigmが発行した記事を翻訳したものです。

翻訳元記事: