Algorand隔週レポート(7/18〜8/1):PropsのAlgorand移行、AlgoExplorerの更新、Runtime Verificationが助成金を獲得など



開発状況


Github


開発アクティビティ(from Coinlib.io)


developer.algorand.orgで最新の開発者向けリソースをチェックしてください。



●Algorandワンペーパーインフォグラフィック



●提案の承認:Algorandの開発とバリデータの追加

この提案は、STKRトークンホルダーのフィードバックに基づいてStaker Operationsチーム(Ops)が提出した6番目の提案です。この提案の主な目的は、最初はAlgorand上でのBLNDの作成を通じて、Algorandネットワーク上に構築するStakerDAOのコミットメントを正式化することです。また、StakerDAOはBLNDの基礎となる資産のバリデータとしてBlockdaemonを追加します。


AlgoExplorerを更新 更新項目

1. グループトランザクションをサポート

2. Betanet/Testnet のための統合されたディスペンサー

3. トランザクションテーブル

4. 軽微な修正とアップデートを行ったのでお楽しみください!


●階層的閾値:スマートコントラクトを利用した高度な承認

マネーフローの確保は、アルゴランド・スマートコントラクト(ACS1)の重要な設計原理です。典型的な企業構造において、マネーフローを承認するための実世界のユースケースに注目しています。部署や役割の構造は階層的であるかもしれませんが、承認プロセスは分散、分散、安全性の高いものとして設計することができます。彼らはCLIツールを使用して、階層的な閾値承認を実装したエスクローコントラクトアカウントを構築し、テストします。LogicSigに署名を追加するためにtealsignを使用して、コントラクトコード内でed25519verifyを使用する方法を学ぶことができます「。


●Algorand取引価格オラクル

Rand Labsでは、オラクルからオンチェーンで価格情報を挿入してTEALコード内で使用する方法や、My Algo Algorand Wallet上でグループトランザクションを作成するために使用する方法を研究してきました。価格ソースとしてオンチェーンのオラクルを使用した簡単な取引の実装を示しています。本記事に使用されるコードは、次のリポジトリで自由に利用可能です。(algorand-exchange-price-oracle)AlgoExplorerのAlgorand APIを使用しているので、キーやローカルノードを必要とせず、NodeJSでクローンを作成してインストールし、asset-exchange.jsを実行するだけです。


Algorand Smart Contract Layer1 (ASC1)とオラクル

2019年末、Algorandはスマートコントラクトの新たなパラダイムシフトとなるAlgorand Smart Contract Layer1(ASC1)を記録的な速さでリリースしました。Rand Labsはこの技術を研究しており、Algo Explorerに組み込み、My Algo Algorand Walletを使用する方法を追加しました。本記事の最初の部分は、ASC1の理解を確認します。第2部では、ASC1のオラクルデータを扱い、小さな例を挙げて外部から署名されたデータを挿入する方法を紹介しています。


●AlgoNim:Algorandのcrypto-Nimで遊んでみよう

AlgoNimはAlgorand Layer-1上で動作するNimの暗号資産バージョンで、Pure Proof of Stakeコンセンサスプロトコル上で直接動作するため、誰もチートできません。ゲームの実装においては、Algorand 2.0プロトコルで導入されたすべての機能を利用しています。Algorand Python SDK + PyTealを使用して、Algorand Standard Assets (ASA)、Atomic Transfers (AT)、Algorand Smart Contracts (ASC1)を実装しています。PyTealは、ASC1用のスタックベース言語であるTEALのバインディングです。

Algorand Python SDKとPyTealのシームレスな相互作用を通じて、AlgoNimは、各マッチのためにステートレスTEAL ASC1とASSの専用セットを自動的に書き込み、初期化します。マッチ全体のセットアップは数秒で完了し、取引手数料は約0.008アルゴランドかかります。AlgoNimアカウントは初期化とオプトインのために最低残高を必要とするため、ディーラーは0.8 ALGOを必要としますが、これはTEAL ASC1をわずかに強化することでコスパを高めることができます。試合ごとに新しいASA + ASC1アーキテクチャが生成されることを考えると、この時間とコストのパフォーマンスは他のブロックチェーンと比較してかなり革新的です。

AlgoNim はコマンドラインインターフェイスからプレイできます。他のAlgoNimプレイヤーをこちらで探すこともできます!



ネットワーキング

Bar On The Block: Stablecoins in Today’s Crypto Ecosystem

今回のウェビナーでは、アルゴランドのビジネスソリューション担当ディレクターであるデビッド・B・マークリー氏をはじめとするゲストが、ステーブルコインの進化と市場動向、そして暗号資産を大量導入する場合におけるステーブルコインの役割について、それぞれの見解を語っています!





●Clarity programming with Diwaker Gupta, Aaron Blankstein, Maurice Herlihy and Alberto Cuesta Canada with Hackernoon

Utsav Jaiswalは、Blockstackのエンジニアリング責任者であるDiwaker Gupta、BlockstackのエンジニアであるAaron Blankstein、Algorandのエンジニア兼アドバイザーであるMaurice Herlihy、BeyondSkillsのリードブロックチェーンインストラクターであるAlberto Cuesta Canada、そしてHacker Noonのコントリビューターをホストに、新しいスマートコントラクト言語であるClarityについて話しました。Hacker Noonの貢献者が、BlockstackとAlgorandによる新しいプログラミング言語の必要性、それがどのように実現可能になるのか、既存のエコシステムに対するClarityの改善点や調整点などについて議論しています。


●Algorand Asia Accelerator: Introducing Alex Wearn, IDEX Co-Founder & CEO

IDEXの共同創業者でありCEOであるAlex Wearn氏は、IDEXを紹介し、IDEXを始めたきっかけ、なぜAlgorandを選んだのか、そして新しい創業者やスタートアップにアドバイスを与えるAlgorand Asia Acceleratorのインタビューで、Algorand財団、Borderless Capital、そしてLongHash Venturesが立ち上げたFinance 3.0に焦点を当てたブロックチェーンアクセラレータプログラムであるAlgorand Asia Acceleratorのインタビューを実施しました。




In Italy companies’ balance sheet goes on the blockchain

Blockchain Italiaは、株主総会をビデオ会議で実施し、貸借対照表を承認後、取締役は文書のコピーを作成しました。

その後、プラットフォーム上で、イベント後にその真正性を検証できるように、デジタルドキュメント自体の日付と改ざん不可能性を証明するために、同時にAlgorandブロックチェーン上のトランザクションを実施しました。現在、この取引は署名者のリストと一緒に、プラットフォーム上で公開されています。このようにして、株主やその他の利害関係者は、株主総会で提示された文書がイベント後に変更されておらず、自分の所有しているものと全く同じであることをそれぞれ確認することができます。


Podcase: Solving the Blockchain Trilemma and The CeFi to DeFi Spectrum, Steven Kokinos of Algorand

Stevenは、1999年に最初のスタートアップを