Asalp.io、アルゴランド財団の助成金を獲得



Asalp.io、アルゴランド財団の助成金を獲得


2021年11月29日 - 昨年、アルゴランド財団の助成金プログラムを開始して以来、拡大するアルゴランド・エコシステムへの参加を希望する開発者やイノベーターから、世界中から多くの応募がありました。徹底した審査と選考を経て、最新の助成金受領者としてasalpを発表できることを嬉しく思います。


asalpは、新しい資産クラスである「チャリティNFT(C-NFT)」のパイオニアであり、アルゴランドのエコシステムにエキサイティングな付加価値を提供します。ロンドンを拠点とするこの新興企業は、チャリティNFTを使って寄付に報いることで、チャリティ活動の社会的シーンを創出します。このNFTは、支援する社会的活動にリンクした取引可能な個人用寄付証明書として機能します。asalpは、寄付金の価値を反映した複雑で美しいジェネレーティブ・アートのデザインによって、より多くの寄付を促すことで、慈善団体の資金調達活動に変革をもたらします。これにより、ブロックチェーン上で、その後の取引における個々のC-NFTの価値の基準となります。


チャリティNFTは、asalp NFTマーケットプレイスで売買、さらにはレンタルすることができます。レンタルは、現在のNFTの形態を論理的に拡張したものであり、asalpが慈善団体に受動的な収入源を提供するという革新的な方法を示しています。


asalpは、チャリティNFTを寄付者に提供することで、チャリティの資金調達モデルに革命を起こすと同時に、環境問題への関心を高め、AsAsやブロックチェーンについて寄付者に伝えることができます。


asalpは、チャリティ団体がブロックチェーン空間でクリプトによる寄付を受け入れるためのプラットフォームとなるでしょう。アルゴランドはこの点で理想的なブロックチェーンであり、手数料がごくわずかであるため、大量のチャリティNFTを生成することが経済的にも環境的にも可能になります。


asalpのCEOであるMilo Simpson-Pedlerは次のように述べています。「このようなアイデアは、アルゴランド・ブロックチェーンのスケーラビリティにより初めて可能になります。現金での寄付が慈善団体の収入の大半を占め、現金の流通量が減少している現在、慈善団体は暗号通貨のコンセプトを受け入れ、変化する寄付層に向けて自らの立場を立て直す必要があります」。


彼は続けます。「アルゴランドの保有者の使用例に加えて、企業が法人向けのNFT購入を検討するようになると考えています。企業は、慈善活動への寄付に関して、1/1のユニークなジェネレイティブ・アートで報われ、最終的には今日の最も差し迫った社会的課題への取り組みに貢献することになります。これは、ESGのためのNFTです」。


「アルゴランド財団は、アルゴランド・ネットワーク上で構築されている成長中のNFTエコシステムの一員として、asalpを迎えることができ、大変うれしく思っています。asalpは、慈善的な寄付への情熱とコレクション性の高いNFTを組み合わせたエキサイティングなプロジェクトで、寄付者が選択した慈善団体への寄付に対して、非常にユニークでパーソナライズされた方法で報酬を与えるものです。アルゴランドのスピード、スケール、保証された取引の最終性、そしてわずかな手数料は、asalp NFTマーケットプレイスにとって完璧なプラットフォームとなります。また、パートナーの皆様には、フォークしないことが保証され、信頼性と堅牢性が高く、安全で、真の意味で分散化された、持続可能でカーボン・ネガティブなブロックチェーンとの提携によるメリットを享受していただけます」と、財団のグローバル・エコシステム&テクニカル・オペレーション責任者のアディ・ワゲンクネヒトは述べています。


このプラットフォームへの登録を希望する慈善団体は、こちらから登録できます。また、DiscordTwitterInstagramで議論に参加することもできます。アルゴランド財団の助成金プログラムに興味のある方は、こちらからご応募ください。



asalpについて


asalpの主な目的は、慈善団体が現代の資金調達技術に適応することを奨励すると同時に、ブロックチェーンをより多くの人々に提供することです。asalpはAlgorand Standard Asset Launch Pad(アルゴランド標準アセット・ローンチパッド)の略で、ASAをエコシステムに普及させ、アルゴランド・ホルダーのために新たなユースケースを創出することを目指しています。ロンドンを拠点とするこのプロジェクトは、将来的には、スワップ・メカニズム、クリプトによる月額課金、現実世界のイベントへのアクセスなど、チャリティNFTのための複数のユーティリティを開発することを視野に入れています。


アート、寄付、ブロックチェーンの架け橋としてのユニークな立場にあるチャリティーは、現代社会での資金調達に適応するために、asalpを利用することができます。



元記事:https://algorand.foundation/news/asalp-grant-award