アルゴランド・エコシステムのためのAlgo循環供給メトリクスの調整



アルゴランド・エコシステムのためのAlgo循環供給メトリクスの調整


2021年9月7日 - コミュニティ・ガバナンスに向けた準備として、アルゴランド財団はクリプト・リサーチ・エコシステム内のパートナーと協力し、ブロックチェーン情報の主要リソースに循環供給の一貫した見解が適用されるようにしました。Algoの革新的な10年拡散モデルでは、総量で100億Algoという不変の供給量が2030年までエコシステムに拡散されますが、1回のイベントでネイティブ・トークンのすべてまたは大部分を発行した他のネットワークと同様の形で、アルゴランドに一貫した測定方法を適用するには課題がありました。


当財団は、リサーチサイト(CoinMarketCapなど)と一致して、Algoとアルゴランド・ネットワークの循環供給の定義を以下のように確認しており、これは循環供給に使用される共通の指標と一致しています:「アルゴランド財団が直接保有していないすべての制限されていないAlgo」。


最も注目すべき点は、Algorand Incが保有するAlgoは、その量と使用量が定期的にこのサイト(https://www.algorand.com/transparency)で報告されていますが、Algorand Incの将来の保有量とアルゴランド・エコシステムへのコミットメントに関する計画に変更なしに、循環供給量の計算に含まれることを意味します。その結果、今週、クリプト・リサーチ・パートナーが新しい循環供給量の値を表示することが予想されます。このより正確な指標では、循環供給量は約53億Algoとなるはずです。


これは以前に報告された指標の定義からの変更ですが、実際の供給量の変化を反映したものではありません。なぜなら、57億6000万Algoは、アルゴランド・エコシステムのブロック・エクスプローラ(例としてhttps://algoexplorer.io/)が現在示している流通供給量であり、これにはアルゴランド財団が保有すしアルゴランド財団のウェブサイトに掲載されている4億7500万の制限されていないAlgoが含まれているからです。この定義の調整の結果、アルゴランド財団は、ブロック・エクスプローラと協力して、循環供給の定義をこの調整された定義に更新し、エコシステム全体で循環供給の一貫した見解を確保します。


最後に、アルゴランド財団は、Algo流動供給と呼ばれる指標を引き続き提供し、それを「すべての制限されていないAlgo」と定義します。これには、アルゴランド財団が直接保有するAlgoも含まれます。



元記事:https://algorand.foundation/news/aligning-algo-circulating-supply-metrics-for-algorand