https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第1期レビュー



アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第1期レビュー


過去最大のブロックチェーン・コミュニティ・ガバナンス投票


コントリビュータ: Massimo Morini、Stephen Duignan、Menno Sijben(https://algorandstats.com/



アルゴランド財団より、アルゴランド・エコシステム・リソース・プール(AERP)に関する最初のコミュニティ・ガバナンス投票の結果を共有させていただきます。これは、アルゴランド・ネットワークにとって重要な瞬間です。なぜなら、この投票は、アルゴランド・ネットワーク上で行われた最初のパーミッションレスで分散型のガバナンス投票であり、アルゴランドを完全にパーミッションレスで分散型のブロックチェーンへの道へとさらに前進させるものだからです。また、今回の投票は、ブロックチェーン史上最大のコミュニティ・ガバナンス投票となります。



投票の概要


最初のコミュニティ・ガバナンス投票では、アルゴランド・コミュニティは、2022年にコミュニティ・ガバナンス報酬をどのように分配するかについて、2つのオプションから選択して投票しました。これらの選択肢は、A: スラッシュ(罰金)やステークのペナルティがないシンプルなコミット&投票モデル、B: より高い年間報酬プールであるものの、コミットを維持しなかったり、投票しなかったガバナーには8%のスラッシュを課す。詳細はこちらをご覧ください。


投票できるガバナー・コミュニティ(総選挙人)は、アルゴランド・ガバナンス・アプリを通じて第1ガバナンス期間にコミットし、コミットした金額をガバナンス・ウォレットに維持していた人たちです。第1ガバナンス期間(2021年10月1日~12月31日)の開始時点で、この選挙人は70,927人のガバナーでした。このガバナー・グループは、18億8,000万Algoをガバナンスにコミットしました(流通している全Algoの30%以上に相当し、30億米ドル以上に相当)。この数字は、ガバナー数、コミットしたトークン数、フィアット換算額から見ても、ブロックチェーン史上最大のガバナンス選挙となります。


投票は11月1日に開始され、14日間行われ、その後のクールオフ期間を経て2021年11月19日に終了しました。この投票期間とクールオフ期間が終了した時点で、51,700人以上のガバナーが投票し、18億Algoがコミットされました。これは、アルゴランドの有権者の約78%の「投票率」を示しており、投票プロセスへの高い関与を示しています。最終結果は以下の通りです。


選択肢A:簡易型コミット・モデル:56.58% (10.2億Algo)

選択肢B:高額報酬/ただしスラッシュ(罰金)あり:43.42%(7.8億Algo)


選択肢Aが選択されたことで、ガバナンス報酬は2022年に簡素化された、スラッシュのないメカニズムで継続され、報酬プールは2億8200万Algoとなります。



長期的なコミットメント


アルゴランド財団のチーフエコノミストであるマッシモ・モリーニは、今回の投票結果を受けて、次のように述べています。「参加者数や関心の高さという点で前例のない成功を収めたこと以外に、私が指摘したいのは別の要素です。ガバナーたちは、来年の報酬額を低く設定しましたが、これは長期的には報酬額が高くなることを意味しています。分散型ガバナンスは、ガバナーが主導する選択肢やサービスが増えていく道であるため、ガバナーが今報酬を受け取るのではなく、将来の報酬のためにリソースを確保することを決めたということは、より長期的なコミットメントの表れであると考えられます。『私たちのコミットメントを維持するために罰を設ける必要はありません。私たちはすでにコミットしており、3ヶ月のガバナンス期間をはるかに超えたコミットメントに興味があります』と言っているようなものです。


マッシモは次のように続けます、「不確実性に対する嫌悪感という要素もあるでしょう。アルゴランド・ネットワークでは、報酬はネットワークへのサービスに対する対価です。プレイヤーの中には、ガバナンスというサービスからコミットメントを辞めるという選択を難しくするようなルールには、やはり警戒心を抱く人もいるでしょう。ご存知の通り、私たちのDeFiエコシステムは成長を続けており、一部のガバナーはいつか新興のDeFi活動の一部にリソースをコミットすることを決めるかもしれません。今後、分散型ガバナンスと他の分散型の経済活動が相互に影響し合えば合うほど、この指摘は意味をなさなくなるでしょう」。


最後にマッシモは、「より強力なコミットメント・ルールへの投票を決めた多くのガバナーの選択には、実際にはいくつかのメリットがあります。ガバナンスのための長い準備作業の中で、投票後の『クーリング期間』の必要性を主張するコミュニティの声を、私たちはガバナンスに取り入れました。その期間中に投票者がコミットメントを撤回した場合、その票は最終結果の計算にカウントされません。これはガバナーにとって、日和見的な選択や表面的な選択、そしてそれらによる投票後の急激な放棄を避けるためのインセンティブとなります。ロックやスラッシングなど、より強力なコミットメント・ルールがあれば、この傾向はさらに強まるでしょう。いずれにしても、私たちはコミュニティの統治、経済、人間の共同作業の歴史に新たな1ページを刻もうとしているのです」と述べています。



アルゴランド・ガバナーたち(選挙分析)


チームは、以下の分析の基礎となる図表を提供してくれた https://algorandstats.com/ の Menno Sijbenに感謝します。


以下は、私たちの最初の選挙人であるアルゴランド・ガバナーの構成と、その数がガバナンス期間、投票期間、クールダウン期間にどのように変化したかを分析したものです。この分析は2022年1月に更新され、この最初のガバナンス期間の結果として請求されたガバナンスの報酬が反映されます。


ガバナンス期間中の傾向としては、11月14日以降、ステーク比率の低下とガバナー数の大幅な減少が見られました。11月14日に投票期間が終了し、投票しなかったガバナーはすべて無資格となりました。この時点で、8,000万を超えるAlgoと約2万人のガバナーがガバナンスから離脱しました。




ここで何が起こったのでしょうか?多数のガバナー(それに伴うステーク)がプログラムからの離脱を決めたのか、またそのグループの構成はどうだったのか。まず、第1ガバナンス期間のコミット・ウィンドウが終了した時点でのガバナーの構成と、投票期間中およびその後にこのダイナミックな動きに何が起こったのかを、より詳細に見てみる必要があります。ここでは、実際には2つのダイナミクスが同時に起こっていることがわかります。1つは、ガバナーの数に関する力学であり、もう1つは、ステークについての具体的な出来事です。




上のグラフ(10月14日時点の適格ガバナー)を見ていただくとわかるように、1Algo以下のステーク比率が非常に高いガバナーが多いことがわかります。投票終了後のグラフを見ると、この2つのグループが1Algoを境に大きく減少していることがわかります。



また、非適格になったガバナーの多くもこのグループに属しています。



このグループの平均保有額(約1Algo)のサイズから、多くのユーザーがガバナンス・ツールの使用に慎重で、最初に1Algo以下のテスト・ガバナンス・コミットを行うことで、ガバナー・コミット・プロセスの使用をテストしていたと考えられます。アプリケーションの使用に成功した後、これらのガバナーは、ガバナンス専用の別のウォレットから、より実質的なコミットを行ったことでしょう。これらのテスト・アカウントは、投票期間が終了するまで資格を維持し、投票が行われなかった場合、これらのアカウントは資格を失いました。


この分析は、投票期間終了時のガバナーの減少を説明していますが、適格なコミットにおける8,000万以上のAlgoの減少は説明できません。投票期間終了時の規模別の適格なコミットメントを見ると、ガバナンス期間開始時と同様のグラフになっています。



しかし、規模別の非適格コミットメントを見ると、コミットメントが最も高い帯では、かなりのレベルの非適格者がいることがわかります。



非適格なコミットメントのアドレスを詳細に見てみると、何が起こっているかがわかります。あるウォレットでは、約8,000万Algoのコミットメントが不適格となりました。



確認したところ、このウォレット/アカウントでは、ウォレット内のAlgoをコミット量以下にする取引が1回発生していました。ガバナンス期間中、ウォレットの残高を常にコミットメント以上に維持することは、参加資格の基本的な基準の1つであるため、このアカウントは非適格となりました。後にウォレットの残高が元のコミットメントを上回ったことは注目に値しますが、これはコミット中止を元に戻すものではないため、このウォレットは次のガバナンス期間のコミットメント・ウィンドウまで非適格のままとなり、次の期間のガバナンスへのコミットに使用できるようになります。このウォレットによる投票は、クーリングオフ期間中に行われたため、最終的な投票数にはカウントされず、無効となりました。また、このウォレットは今期のガバナンス報酬を請求することはできません。


また、中間帯(100万Algo以上)のウォレットの中には、投票しなかったものや、クールダウン期間中に残高がコミットメントを下回ったことで投票資格を失ったものも少なからずありました。大規模なシングル・ウォレット・イベントと同様に、これらのガバナーの投票は、投票されてもカウントされず、これらのアカウントは投票期間終了後にガバナンス報酬を請求することはできません。


ここで、対象となる票とその投票方法を見てみると、以下のようになります。最初の図は、資格のある投票者の最終的なスナップショットで、ステーク・サイズ別のガバナー数とステーク・サイズ別のステークを示しています。




グラフからわかるように、AとBの票の分け方はカテゴリーによって異なります。グラフから明らかなように、すべてのグループ、すべての規模のコミットが両方の選択肢に投票し、どのグループ(いわゆる「クジラ」も「小型のホルダー」も、どちらか一方の選択肢に独占的に投票した)もありませんでした。小規模なホルダーと最大のクジラに注目すると、どちらのグループも明らかにAに投票しており、実際、Algoのコミットの投票数と総投票者数では選択肢Aが優勢でした。


投票を時系列で見ると、大規模なホルダーがサイクルの後半に投票したことや、11月10日と11日に総コミット数が選択肢Bを支持していたのが選択肢Aに切り替わったことがわかります。



しかし、Algoのコミット数が入れ替わったのはこの時期ですが、単純なガバナー数の観点から見ると、選択肢Aが票差を縮めたことはありませんでした。



コミュニティとしては、11月9日から11月13日までの期間をさらに分析し、ガバナーが特定の選択肢を支持する意見を公に表明した結果、投票に影響があったかどうか、また投票先の変更があったかどうかを確認することが興味深いでしょう。この最も重要な例は、Arrington Capitolによる11月11日の投稿と分析です。



要約


第1回目の投票期間は、アルゴランドのコミュニティにとっていくつかの重要なポイントがありました。


分散化


アルゴランド・ガバナーによる投票の規模とコミットメントは、アルゴランド・エコシステムが完全な分散化に向かっていることを明確に示しています。この規模のガバナンスはLayer-1ブロックチェーンではかつて見られなかったものであり、最初のガバナンス期間によって確立された勢いは、アルゴランド・エコシステムにさらに多くのガバナーをもたらし、将来のコミュニティ投票における選挙人の規模を拡大する可能性があります。このような選挙人の拡大は、コミュニティの多様性とその固有の分散性をさらに高めることになります。


投票のインセンティヴ化


投票を奨励することは、アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスの非常に重要な柱であり、それはうまくいっています。ガバナンス期間1にあったテスト・アカウントを除いて、この期間に投票しなかったことによるコミットされたステークの減少は非常に少なくなっています。しかし、ガバナンス期間中にアカウントがコミット閾値を下回ったことによる損失が発生しています。詳細な分析結果に示されている例を含め、これらの多くは単純なエラーによるものであると考えられます。今後の投票期間では、テスト・アカウントの数が減り、コミット閾値の要件にも慣れてきたことから、ガバナーの「投票率」がさらに高くなることを期待しています。


エンゲージメント


第1回目の投票期間では、オンライン・フォーラム(Reddit、Discord、Telegram)やソーシャルメディア(主にTwitter)において、選択肢Aと選択肢Bのどちらを選ぶかについて、非常に活発な議論が行われました。広い意味では、この最初の投票によって、コミュニティの参加者が大幅に増え、Algoを保有することでエコシステムへのコミットメントを示すだけでなく、エコシステムの重要な意思決定に関与するという個人的なコミットメントを示す機会が得られました。


ブロックチェーンの歴史上最大のオンチェーン投票


最後に、ブロックチェーンの歴史上、非常に重要な出来事と言わざるを得ないことを再確認して、この分析を終えるべきでしょう。52,000以上のアルゴランド・コミュニティのガバナー・アカウントが、18億Algo(投票時には30億米ドル以上)をコミットし、ブロックチェーン空間で見られる最大の分散型、オンチェーン、ガバナンス投票に参加しました。そして、これはほんの始まりに過ぎません。


バックアップ





元記事:https://medium.com/@stephen_83121/algorand-community-governance-period-1-review-49dcf5e537bf