AerariumChain、アルゴランド財団の助成金を受賞



AerariumChain、アルゴランド財団の助成金を受賞


2021年11月16日 - 昨年、アルゴランド財団助成金プログラムを開始して以来、拡大するアルゴランド・エコシステムへの参加を希望する開発者やイノベーターから、世界中から多くの応募がありました。徹底した審査と選考の結果、最新の助成金受領者としてAerariumChainを発表できることを嬉しく思います。


AerariumChain(AEC)は、文化遺産の高精細3Dスキャンデータを収集し、ブロックチェーン技術によって安全に保管するSaasサービスです。AECプラットフォームは、モニタリング、セキュアID、デジタルフルーティング、3Dプリント技術、資金調達のためのNFT生成などの高度なサービスに簡単にアクセスできます。私たちは、助成プログラムを通じてAerariumChainを支援し、モニタリングからアクセス性、NFT生成まで、芸術文化遺産管理の新しい基準を設定するという彼らのミッションに貢献できることを嬉しく思います。


AerariumChainは、文化・芸術遺産を管理するための360°のソリューションです。その出発点は、芸術作品や考古学的発見物の高解像度3Dデジタルコピーの生成であり、それをブロックチェーン技術に基づいたプロセスで公証・認証します。これは、高精度のメトリック情報に基づいて、ユニークで再現不可能なデジタル資産(ユニーク・バーチャル・イメージ(UVI)とも呼ばれる)を作成するソリューションです。このようなUVIにより、AerariumChainは、アート作品のコンディション状態のスケーラブルなモニタリング・ソリューションなど、価値の高いサービスを提供することができます。アルゴランドは、AerariumChainのすべてのインフラをブロックチェーン上に実装するための戦略的ソリューションとなるためのすべての機能を備えています。この助成金のおかげで、AerariumChainはアルゴランド上でUVIの進化を管理し、全体のアーキテクチャとスマートコントラクトの構造を簡素化し、アルゴランド・ブロックチェーンのネイティブな機能を活用します。


AerariumChainは、アートとテクノロジーを非常に革新的な方法で融合させたユニークなプロジェクトであるため、今回の助成金によって、目標達成に向けた大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。AerariumChainの共同設立者であるMaurizio Reaは次のように述べています。「アルゴランドのエコシステムに参加できることは、私たちにとって光栄であり、素晴らしい機会です。私たちの目的は、世界中の文化機関に未来の鍵を与えることです。アルゴランド財団の助成プログラムにより、私たちはインフラを構築するための信頼できるツールを迅速に導入することができます。アルゴランドのコミュニティは、私たちのミッションを遂行するための重要な支援者になると信じています。」


「アルゴランドは、AerariumChainのすべてのインフラをアルゴランド上に実装するための戦略的なソリューションとして必要な機能をすべて備えており、AerariumChainに最適な環境です。AerariumChainは、アルゴランドの低い取引手数料とほぼ即時のファイナリティの恩恵を受けることができ、そのLayer-1機能によりスマートコントラクトやNFTの生成と交換が容易になります。私たちは、助成金プログラムを通じてAerariumChainをアルゴランド・エコシステムに迎えることができて嬉しく思います。」- グローバル・エコシステム&テクニカル・オペレーション責任者、アディ・ワゲンクネヒト


AerariumChainの詳細については、ウェブサイトをご覧ください。https://aerariumchain.com/en/home/


アルゴランド財団の助成金プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味がある方は、こちらにご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/aerariumchain-grant-award