週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 6【2021年5月31日発行】

更新日:2021年6月21日

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 6【2021年5月31日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 「無料」という言葉ほど便利で怖いものはありません。例えば、ファミレスで「サラダバー無料!」とあっても、もちろんそれは無料ではありません。何かを頼めばおまけで付いてくるだけで、サラダだけを無料で食べられるわけではありません。同じようなことはいろんなサービス業界で存在します。例えば、「取引手数料無料!」。確かに取引手数料はかかりませんが、買値と売値に差(スプレッド)があり、その差額が取引所の儲けとなります。これは要するに取引所が取る「手数料」です。正確に言えば、これは取引所ではなく販売所なのですが、日本のいわゆる取引所で売買する際にはよく見極めておきましょう。びっくりするくらいのスプレッドがある場合があります。いずれDEXに淘汰されます。


=================================== 1.注目ニュース


(1)アルゴランド投資信託が誕生 デジタル資産運用会社Osprey Funds, LLCは、米国および海外の投資家向けに「Osprey Algorand Trust」を発売しました。このファンドは、ALGOへのエクスポージャーを提供する最初の投資商品です。ウォレット管理などの心配なく、普通の金融商品と同じ感覚で取引できます。 ただし今のところ購入できるのは適格投資家のみです。個人で言えば、年収20万ドル以上かつ金融資産100万ドル以上という条件があります。近い将来、一般投資家でも購入できる様になることを期待します。 >Osprey Funds公式サイト <関連記事> >Osprey Funds、初のアルゴランド投資商品を市場に投入 >米国初、アルゴランド(ALGO)投資信託を販売開始──Osprey Funds



(2)セキュリタイズが利回りファンドをデジタル証券化 セキュリティ・トークン発行プラットフォームを運営する米セキュリタイズ(Securitize)は、BTCとUSDCの2つの暗号資産利回りファンドをアルゴランド上でデジタル証券化して提供することを発表しました。 こちらも適格投資家向けに限定されています。 セキュリタイズといえば、日本にも子会社であるセキュリタイズ・ジャパンを擁し、セキュリティ・トークン分野で積極的に活動しています。今後は日本での同様の動きも期待されます。 <関連記事> >暗号資産レンディングの利回りをデジタル証券化:米セキュリタイズ >ビットコインやUSDCの貸付け利回りを証券化へ──米Securitize



(3)ブロックチェーン開発を容易にするプラットフォームReachが資金調達で開発者獲得を加速 Reachはアルゴランドとイーサリアムにフォーカスした開発プラットフォームで、ソフトウェア開発者がスキルや経験に関係なく、安全かつ簡単にブロックチェーン・アプリケーションを短時間で構築できるようにします。 2019年に設立されたReachが拠点とするのは、アルゴランド・インクと同じ米国ボストン。強固なパートナーシップで、ともに世界展開していきます。 >Reach公式サイト <関連記事> >Reachが1,200万ドルを調達、ブロックチェーン開発の簡素化と次世代の分散型アプリケーションの実現を目指す



(4)PlanetWatch(PLANETS)がBitFinex上場へ アルゴランドのブロックチェーンを活用してグローバルな大気質台帳を構築しているフランスのスタートアップであるPlanetWatchがBitFinexへの上場を発表しました。アルゴランド上で発行されているトークンのメジャーな取引所への上場はこれが初となります。 大気質をモニタリングするセンサーを設置する個人や法人にインセンティブとして配布されるという特殊な性格を持つトークンです。今後の動向に要注目です。 <関連記事> >PlanetWatch、イタリアの2つの主要都市で革新的な大気質モニタリングの作動開始とともに、アルゴランド財団からの助成金受賞を発表



(5)SAPユーザーが容易にアルゴランド利用可能に SAP Business Hub上で公開されたオープン・コネクタAPIは、SAP Cloud Platform(SCP)またはスタンドアロンのSAPクライアント上のSAPエンタープライズ・アプリケーションとアルゴランド・プロトコルとの間に、切望されていた相互運用性を提供します。このコネクタにより、SAPユーザーは、数十億人のユーザーへの拡張性、今日のビジネス・ニーズに必要なスピード、チェーン上のデータや資産のセキュリティを保証するファイナリティ、低い取引コストを提供するブロックチェーンをシームレスに利用することができます。 >Algorand API <関連記事> >アルゴランド・ブロックチェーン・オープンAPIコネクタがSAP API Business Hubで稼働開始



(6)その他 - アルゴランド公式パートナーULAM LabsがNFTプラットフォームのホワイトラベルを提供開始。誰でも容易にNFTマーケットプレイスを開設できます。 - DfynがフルAMMノード構築に向けアルゴランド財団から助成金獲得。マルチチェーンDexが流動性プール乱立による問題を解決する。 - MyAlgoがアセット管理機能を追加。MyAlgo上でASA(アルゴランド標準アセット)発行・管理が可能に。もちろんNFTも。 - Woo Xがアルゴランド版USDTサポート開始。 - MugglePayがアルゴランド版USDTサポート開始。



=================================== 2. アルゴランド・ジャパンの現在の優先ミッション 近々、国内のブロックチェーン開発系企業とアルゴランドとの提携&助成金授与のニュースが出る予定ですが、やはりアルゴランドの市場拡大のためには有力な開発企業との提携が欠かせません。特にグローバル対応可能な人材が揃ったところとの提携が必須。世界のブロックチェーン業界はもはや「とりあえず作ってみた」とか「(ユーザーいないけど)日本初!」とかいう遊びの段階はとっくに超えています。「そうはいっても英語が・・」という場合でも、しっかりしたパートナーさえいればなんとでもなります。ニュースリリースまでしばしお待ち下さい。 <先週までの既報ミッション>  *詳細はバックナンバーをご参照ください。 (1)【開発パートナー募集】 (2)【$ALGO決済導入先募集】 (3)【ユーチューバー/コンテンツ・クリエイター募集】 (4)【ウォレット日本語化】 (5)【開発者ポータル日本語化】 (6)【各分野担当アンバサダー募集】

===================================


3.イベント案内 (1)5月27日に開催されたOMFIF主催のセッション動画 パブリック・ブロックチェーンは、金融サービス全体で受け入れられつつあり、決済、スマートコントラクト、スマートアセット、デジタル・アイデンティティ、清算・決済などのユースケースが増えています。これらのブロックチェーンは、取引におけるスケーラビリティ、コスト削減、スピード、セキュリティ、透明性を提供します。しかし、プライバシーの制限、ガバナンスの欠如、採用などの問題が残っています。本パネルでは、パブリック・ブロックチェーンの金融やデジタルマネーへの応用について議論し、商業通貨のデジタル表現におけるブロックチェーンの役割や、中央銀行のデジタル通貨導入戦略におけるブロックチェーンの利用可能性を探ります。


===================================


4. ユースケース紹介 「ブラジル・レアルのステーブルコインBRZ」 アルゴランド上では多くのステーブルコインが発行されていますが、ブラジルでもBRZが発行されています。数日前には発行額が10億レアル(約210億円)を突破したというニュースも流れました。 スイスとブラジルに拠点を置くトランスフェロ(Transfero Swiss)によってブラジル・レアルを裏付けとして発行されるステーブルコインBRZは複数のプラットフォームで利用可能で、国際市場とブラジルの間のシームレスな架け橋として機能します。 >BRZ公式サイト <関連記事>