週刊アルゴランド・ジャパンVol. 36 【2021年12月29日発行】

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 36 【2021年12月29日発行】


米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。 【目次】

  1. 注目ニュース

  2. 助成金ニュース

  3. パートナー・ニュース

  4. イベント案内

  5. 開発者向け情報

  6. ジャパンの動向

  7. 注目コンテンツ

  8. その他

【はじめに】 分散化の世界では、自分のものは自分で管理するという自主独立性が求められる。自己管理がどうしても心配な人は法定通貨を銀行に預けていればいい。また仮想通貨でも中央集権型取引所に預けておけばいい。彼らがしっかりと「管理」してくれる。たぶん。 分散化の世界を生き抜くには、管理された「柵の中のブタ」のままでは難しい。「自分のウォレットで管理するのは怖いから、海外の取引所に預けています。でも参加報酬が来年2月からはもらえなくなるんですね。残念です。。」ガバナンスに参加すれば10−20%の報酬がもらえるのに、それをする気もなく「残念です」と言われても、返す言葉はない。そもそもこれまでも参加報酬の一部を取引所に「手数料」として横取りされてきているのに、いきなり「自分のウォレットからガバナンスに参加しよう」と言っても無理だろう。 自主独立性というのは日本人には苦手な考え方なのかもしれない。でも柵の中で守られ、餌を与えられるのを待ち、なにかあるとブヒブヒと文句を言っていたのでは先はない。日本は規制という柵を作るのが得意だが、それはもう通用しなくなる。それがブロックチェーンが創り上げるボーダレス・エコノミー。規制という柵の中にいるのは「生きている」のではなく「生かされている」ものがほとんど。それは取引所しかり、取引所で扱われているものしかり。世界的に通用するものはない。柵の外に出たブタは死ぬ。 これからの世界では、自分の頭で考え、自主独立の精神で自分のものは自分でしっかりと管理していく狼にならなければ生き残っていけない。世界のどこでも食っていけるようになれとは言わないまでも、少なくとも「地元の銀行が潰れた」「円が大暴落した」という状況でも生き残っていけるという自信。2022年はそれをまずは身につけていこう。


1.注目ニュース


(1)第2期ガバナー候補のサインアップ受付開始 第2期コミュニティ・ガバナンスに向けて、ガバナー候補のサインアップ・ウィンドウが公開されましたので、お知らせします。 Algo保有者であれば、誰でもガバナーとしてサインアップし、3ヶ月間Algoをプログラムに参加させ、その間に投票に参加することができます。ガバナーは、3ヶ月の期間終了時にアルゴランド・コミュニティへのサービスに対して報酬を受け取ります。アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスは、現在30億Algo以上のアルゴランド・エコシステム資源プール (AERP)に対する意思決定権をガバナーに与えるものです。 アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスは、シンプルかつ最大限の参加ができるように設計されており、1年間に 4回の四半期ガバナンスを行います。

  • 各ガバナーは、各四半期のガバナンス期間において、一定のAlgo残高を維持することを約束する必要があります。

  • 各期間中、少なくとも1回の投票セッションがあります。

  • ガバナーは各投票セッションで投票しなければなりませんが、簡略化されたUIを使用して「財団とともに投票する」ことを選択することができます。

  • 投票対象となるすべての施策には、それを説明する情報パックが用意されています。

  • 条件に準拠したガバナーは、四半期ごとのガバナンス期間の終了時に、そのサービスに対する報酬を請求します。

  • 報酬のレベルは、ガバナーのAlgoコミットメントに連動しています。

  • 各期間の報酬プールは、ガバナーシップの投票により決定されます。

ガバナー候補は、アルゴランド・ガバナンス・ポータルから、第2期ガバナーとして登録することができます。 >第2期ガバナー候補のサインアップ受付開始



(2)第2期アルゴランド・ガバナンス報酬 第2ガバナンス期間に参加するアルゴランド・ガバナーは、旧参加報酬モデルから年率1%の報酬を得ることができ、またガバナンス報酬(年率)も9.4%から19%の範囲に収まると予想されます。つまり、ガバナーは、最初の期間において、年率10%から20%の報酬を得ることができます。これらは可能性の上限と下限であり、ガバナーは最初の報酬率がこの2つのレベルの間に収まることを期待できます。このガバナンス期間の報酬水準は、LTAD(長期Algoダイナミクス)の基礎となる長期的な経済設計と一致しています。 >第2期アルゴランド・ガバナンス報酬


(3)その他 - アルゴランド上で2番目となるAMM DexとなるWagmi Swapがメインネットでローンチ。 - XP.networkのNFTブリッジがアルゴランドのサポートを開始。このブリッジを使用すると、NFTはPolygon、Elrond、Avalancheなど、複数のチェーン間で移動することができます。 - 分散型ウモジャ・バウンティハック「コミュニティ・チョイス・アワード」の投票が始まっています。投票受付は12月31日(金)まで。 - ForbesにALGOページが登場。 ★注意喚起★ 詐欺が急増中です。誰がツイートを流しているのかをよく確認しましょう。情報の真偽の確認を公式テレグラムや各プロジェクトの公式アカウントなどで怠らないようにしてください。プロジェクトがまだトークンを発行もしていないのに、Dexにそれっぽいトークンがあったり、なぜかIDOが行われたりするケースも散見されます。 またウォレットを接続するのは信頼できるサイトだけにとどめてください。事前にしっかりとリサーチしましょう。


2.助成金ニュース

(1)Glitter Finance、5つのブロックチェーン・エコシステム間のクロスチェーン・ブリッジ構築のための助成金を受領 アルゴランド財団は、Glitter Financeに助成金を授与したことを発表します。これにより、Algorand、Solana、Cudos、Terra、Polygonの5つのブロックチェーン・エコシステムの間のクロスチェーン・ブリッジの作成と開発が促進されます。Glitter Financeはまず、AlgorandとSolanaの間の双方向ブリッジを作成する予定です。 Glitter Financeは、DeFiエコシステム上のAIソリューションの開発から転送までを専門に行い、トレーダーが中間業者や仲介者の助けを借りずに、さまざまなブロックチェーン・ネットワークでデジタル資産を簡単に取引できるようにします。 (2)SEA Nexus、Algorand上の環境データのグローバル・ネットワーク構築のための助成金を受賞 アルゴランド財団は、スコットランドの非営利団体SEAに助成金を授与したことを発表しました。SEAは、環境保護と海洋科学を支援するために設計されたdAppスイート、環境キックスターター、暗号通貨です。助成金は、Algorandブロックチェーン上の環境データのグローバル・ネットワークであるSEA Nexusを開発するために使用されます。 このプラットフォームにより、誰でも、どこでも、最も簡単な技術で、環境データをSEA Nexusに提出できるようになり、地球上のすべてのスマートフォン・ユーザーが事実上環境センサーとなり、目と耳のグローバル・ネットワークが形成され、あらゆる主要な環境変数を監視することができます。得られたデータセットは、検証、グループ化、分析され、NexusのAPIを介してオープンに利用できるようになります。