週刊アルゴランド・ジャパンVol. 15【2021年8月2日発行】

更新日:2021年8月14日

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 15【2021年8月2日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 現状の仮想通貨の状況を見ていると、いつのまにかハイエクの唱えた通貨自由発行の世界が実現しているように見えなくもない。政府・中央銀行の発行する通貨だけではなく、通貨発行競争の中で自分が自由に好きな通貨圏を選べる世界。現在のALGOの参加報酬は、これまでは不可能だった「貨幣利子率」のようなもの。そして今後のALGOの価値は、その価値の源泉となる「資産」をどれだけプラットフォーム上のユースケースやエコシステムの拡大によって確保していくかにかかってくる。なんの実質的な価値もない仮想通貨はマネーゲームのネタとして投機家によってもて遊ばれる「おもちゃ銀行券」の粋を出ないがものの、本物の技術力と、その技術を活用して資産価値を創造するプロジェクトが多数載ってくるプラットフォームを支える仮想通貨は、既存の通貨と健全な競争をしながら発展していくことができる。さらにALGOホルダーは、ただその通貨圏に漫然と参加するだけでなく、その通貨圏の運営に関与もできるようになる。くれぐれも目先の利益に惑わされて、先のないマネーゲームに踊らされないようにしたい。



=================================== 1.注目ニュース



(1)アジア太平洋アルゴランド財団コミュニティ・オールハンド開催

アジア太平洋地域のパートナーで構成されたエキサイティングなパネリストをお迎えして、7月のコミュニティ・オールハンド・セッションが開催されました。このセッションでは、アルゴランド財団からの最新情報、アジア太平洋地域のエコシステム・パートナーとのDeFiやNFTに関するディスカッション、コミュニティとのオープンQ&A、最後にアジア太平洋地域のコミュニティ・チャンピオンの表彰をが行われました。 セッションのエコシステム・パートナー

  1. Algomint(アルゴミント)

  2. Yieldly(イールドリー)

  3. CurveGrid(カーブグリッド)

  4. Props(プロップス)

パネルディスカッションのアジェンダ

  • 歓迎とウェビナーの概要説明

  • アルゴランド財団の最新情報(バウンティの開始とネットワークで批准されたガバナンス・レフェレンダムなど)

  • DeFi/NFTパネル・ディスカッション(Algomint/Meld Gold、Yieldly、Curvegrid、Props)

  • ライブQ&Aセッション

  • アジア太平洋地域のコミュニティ・チャンピオンの表彰と総括

>【録画&文字起こし】アジア太平洋アルゴランド財団コミュニティ・オールハンド 2021年7月



(2)ドレイパー大学、アルゴランド財団、ボーダレス・キャピタルがブロックチェーン・アクセラレーター・プログラムを開始

Algorand x Draper Blockchain Programは、10週間のオンライン・プログラムで、2021年9月7日~11月12日に予定されています。参加が決定した各チームには、アルゴランド財団から2万ドルの資金が提供され、さらにボーダレス・キャピタルから3%の株式分として1万5,000ドルが提供されます。卓越した可能性と実績を示したチームには、最大50万ドルのフォローオン資金が提供される場合もあります。募集は2021年8月22日に締め切られます。本プログラムは、世界中のすべてのブロックチェーン起業家を対象としていますが、入学は認定を受けてからとなります。プログラムは、シリコンバレーのアルゴランド・プラットフォームの専門家とアドバイザーによるLIVEセッションで構成されます。10週間のアクセラレータ・プログラムの期間中、選ばれたプロジェクトは、戦略の策定、市場投入の実行、技術指導、トークンの経済性、マーケティング、資金調達などの分野で、エンド・ツー・エンドのサポートを受けることができます。 >ドレイパー大学、アルゴランド財団、ボーダレス・キャピタルがブロックチェーン・アクセラレーター・プログラムを開始



(3)Vendible(ヴェンディブル)がアルゴランド財団の助成金を受賞 Vendibleは、安全なIDと資産を最新の決済エンジンに統合することで、世界中の企業、非営利団体、政府のために摩擦のない金融サービスを提供しています。Vendibleのインフラは、大規模な金融機関、伝統的な金融機関、DeFiが仲介者なしで効率を高め、取引コストを下げるためのシームレスな経路を構築します。 簡単に言うと、消費者にデータの所有権を与え、サービスプロバイダには都度必要なデータにのみアクセス権を与える仕組み。これがデファクト・スタンダードになる時代がまでもう少し。 >Vendible(ヴェンディブル)がアルゴランド財団の助成金を受賞


(4)その他 - StakerDAOによるクロスチェーン・ブリッジによるwALGO(wrapped ALGO)の登場で、まもなくALGO保有者はイーサリアム上のDeFiプロジェクトに参加可能になります。 - アルゴランドのローンチパッドASALP(Algorand Standard Asset Launch Pad)が9月に登場。 - 日本のパトナーCurvegrid(カーブグリッド)の2人の共同創業者は共にカナダのウォータールー大学出身ですが、20年近く前に日本のソフトウェア会社でインターンをしていたときに知り合ったそうです。そしていま同大学から多くのインターンを受け入れています。 - Tim Draper(ティム・ドレイパー)が、開発した小学生向けの起業家教育プログラム「BizWorld」が今年から日本でも実施されているみたいです。 - セキュリタイズがアルゴランド上でビットコインとUSDCのイールド・ファンドを発行 - ワールド・チェス・チャンピオンシップ公式チェス・セット(限定16セット)発売。証明書はNFTとしてアルゴランド上で発行されます。 - アマゾンのクリプト決済導入の噂が流れましたが、その際、Ampとアルゴランドと協議中との尾ひれもついていました。真相やいかに? - 世界経済フォーラムが発表したコミュニティ・ペーパーで、Cardano、XRP、Solana、Celo、Alogrand、Stellar Lumensに言及。


=================================== 2. アルゴランド・ジャパンの現在の優先ミッション 日本でのエコシステム拡大のためには、Education(教育・知識共有)⇒Hackathon(アイデア出し、手を動かす)⇒Accelerator(コンサル、資金提供、提携支援etc.)という流れを仕組み化する必要があると考えています。 *基本的に「バウンティ・プラットフォーム」にて掲載していく予定です。 <これまでの既報ミッション>  *詳細はバックナンバーをご参照ください。 (1)【開発パートナー募集】 (2)【$ALGO決済導入先募集】 (3)【ユーチューバー/コンテンツ・クリエイター募集】 (4)【ウォレット日本語化】(済) (5)【開発者ポータル日本語化】 (6)【各分野担当アンバサダー募集】 (7)【アルゴランド上の各プロジェクトの日本向けプロモーション担当者募集】