週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 14【2021年7月26日発行】

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 14【2021年7月26日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 オリンピックが無観客で開催される中、東京ドームで新日本プロレスが有観客で興行を開催。メインイベントに出場予定の飯伏が肺炎で当日に欠場発表という中、颯爽と代役を買って出たのがエース棚橋。棚橋といえば、K1やPRIDEの人気に押されて新日本が格闘技路線に傾きかけていた2002年、まだ入門3年弱の若手だったときの伝説の札幌・猪木問答で「俺は新日本のリングでプロレスをやります!」と宣言し、以来、お客の入らない暗黒期の新日本にあって、ブーイングクを浴びながらも「新日本プロレスは俺がいるから大丈夫です」とめげずに支え切り、プロレス人気復活にまで持ってきたまさにエース。そんな棚橋だから、飯伏の試合を楽しみにしていたファンにも代役を納得させてしまうだけの力がある。もちろん試合でも、勝ってもおかしくなかったところまで持っていってしまうだけの実力もある。 プロレスをやるために新日本に入って、ちょっと格闘技人気に押され気味だからといって、路線を変えてしまうのでは「信念」がない。これはブロックチェーンで言えば、「非中央集権・分散化」が肝であるはずなのに、スケーラビリティやセキュリティのために(更にいうと手っ取り早いお金儲けのために)それを犠牲にしてしまうようなもの。いま巷に数多く存在するプラットフォームにはそんな妥協しまくりのものばかりだが、それらはエースにはなれないし、なる資格もない。いっとき脚光を浴びるかもしれないが、ブームの終焉とともに、消えていくだけ。 アルゴランドは「非中央集権・分散化」を当然のものとして徹底的に拘り、スケーラビリティとセキュリティも同時に実現する「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決済み。分散化がいらないのであれば、ブロックチェーンを使う必要はない。アルゴランドは信念を曲げることなく、エースとして業界を引っ張っていく。「ブロックチェーンはアルゴランドがいるから大丈夫です」。



=================================== 1.注目ニュース



(1)コミュニティ中継ノード・パイロット・プログラムに世界中から105件の応募

より多くの関係者がコミュニティで積極的な役割を果たせるようにすることと、中継ノードの多様性と数を増やし、ネットワークの継続的な健全性と運用を確保することを目的としたパイロット・プログラムの応募期間が終了しました。 世界中から105件の応募があり、この中からの選出者がガバナンス分散化開始と同じ本年第4四半期より運営を開始。当初は6ヶ月間ですが、成功した場合は延期されます。 <復習:アルゴランドのノード構成について> アルゴランドでは、中継ノードと非中継ノードの2種類のノードで構成されるオーバーレイ通信ネットワークを採用しています。中継ノードは、ネットワークの通信バックボーンを構成し、接続されたすべての非中継ノードにブロックをルーティングし、コンセンサス参加ノード間でコンセンサス・プロトコル・メッセージをルーティングします。コンセンサスに参加するのは非中継ノードのみで、すべての通信は中継ノードを介して行われます。(非中継ノードは複数の中継ノードに接続することができますが、他の非中継ノードに直接接続することはありません)。 中継ノードは、他のノードが接続する場所です。そのため、中継ノードは、多数の接続をサポートし、これらの接続との間で流れるすべてのデータに関連する処理負荷を処理できなければなりません。そのため、中継ノードは非中継ノードに比べて大幅に多くの電力を必要とします。中継ノードは常にアーカイブ・モードで構成されています。 >アルゴランド・コミュニティ中継ノード運営パイロット・プログラム応募期間終了のお知らせ




(2)インドにおける暗号通貨ブロックチェーン教育を支援、FinStreetに助成金授与


Finstreetは、インド初の暗号通貨教育プラットフォームで、ブロックチェーンと暗号通貨の教育に重点を置いています。Finstreetは、YouTubeチャンネルを使ってインドのコミュニティに参加してもらい、ブロックチェーンに関する最新のニュースを伝え、WEB3.0を簡単かつ安全に閲覧するために必要な教育コンテンツを提供しています。Finstreetは、アルゴランドについて開発者を教育するための教育シリーズを作成し、アルゴランド・ブロックチェーンでの開発を促進します。 >インドの暗号通貨教育機関であるFinstreetが、アルゴランド財団の助成金の最新の受領者に



(3)その他 - ヒューマノイド・ロボット「ソフィア」とコラボ?! - SmileCoinがイーサリアムからアルゴランドへ移行 - ゴールドマン・サックスが投資家や関係者に送ったクリプトに関する最近のホワイトペーパーで、イーサリアムに代わる高速なクリプトとしてALGOに言及 >レポート - 中国・杭州で開催のWorld Blockchain Conferenceにアルゴランド財団ブース出展、北京ビッグデータ研究院のMo Xiaokang氏もアルゴランドの技術に言及


=================================== 2. アルゴランド・ジャパンの現在の優先ミッション 今後は基本的に「バウンティ・プラットフォーム」にて掲載していく予定です。 <先週までの既報ミッション>  *詳細はバックナンバーをご参照ください。 (1)【開発パートナー募集】 (2)【$ALGO決済導入先募集】 (3)【ユーチューバー/コンテンツ・クリエイター募集】 (4)【ウォレット日本語化】(済) (5)【開発者ポータル日本語化】 (6)【各分野担当アンバサダー募集】 (7)【アルゴランド上の各プロジェクトの日本向けプロモーション担当者募集】



=================================== 3.イベント案内



(1)アジア太平洋アルゴランド財団コミュニティ・オールハンド 7月27日(火)午後7時スタート(日本時間) *日本公式テレグラムで同時通訳予定 日本ユーザーにも大きく関係があるプロジェクトが勢揃い。通常の世界向けイベントはいつも日本時間深夜の開催ですが、今回はアジア時間に合わせた初の開催となります。 Algomint(アルゴミント):アルゴランド・プロトコルを利用したデジタル資産の鋳