https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

URECA、炭素クレジットへのアクセスを民主化する先進技術を導入




URECA、炭素クレジットへのアクセスを民主化する先進技術を導入


  • 2022年にシンガポールに本社を設立予定

  • アジア財団とのパートナーシップにより、モンゴルからスタートし、将来的にはより多くの国でこの技術を展開予定


2022年7月18日、シンガポール - URECAは本日、炭素クレジットへのアクセスを世界的に民主化する独自のテクノロジーとプラットフォームを発表しました。再生可能エネルギー(RE)を手始めに、URECA独自のエンドツーエンドのブロックチェーン・ベースの検証システムにより、屋上にソーラーパネルを設置する住宅所有者から大規模な風力発電所を所有する企業まで、現在RE市場に参加しているほぼ全ての人が参加することができます。


この技術は、改ざん防止スマートメーター、ディープラーニング・ベースの人工知能検証システム、ブロックチェーン・ベースの取引プラットフォームの3つのコンポーネントからなり、モンゴル科学技術大学と共同で社内で設計・構築されたものです。この3つの構成要素は、昨年末に実施されたパイロットテストにより、成功裏に検証されています。ブロックチェーン取引プラットフォームは、持続可能な長期的ブロックチェーン技術、ネットワーク、パートナーシップを構築し、投資家を保護しながら、環境保全とユーザーのための現実的なソリューションを確保する豊富な経験を持つアルゴランドが提供します。


URECAの創設者兼CEOであるオルクロン・エンクツェツェグは、「現在のカーボン・オフセットの枠組みの設計においては、小規模な再生可能エネルギー生産者が炭素クレジット市場に参加することは非常に困難です。持続可能性を迅速に拡大し、山積する環境問題に対処するには、事実上すべての人が参加できるようにする必要があり、特に気候変動の影響を最も受けるであろう発展途上国の人々が参加できるようにする必要があります」と述べています。


アルゴランド財団のCOOであるジェイソン・リーは、「炭素クレジットへのアクセスを民主化するというURECAのミッションは、テクノロジーによってより持続可能な世界を構築するというアルゴランドの目標と完全に合致しています。私たちのグリーン・ブロックチェーン・ソリューションは、炭素クレジットの強固なCoCをサポートし、現場での真の進歩を確実にすることができると信じています。URECAのソリューションが地域全体に展開されるのを支援することを楽しみにしています」と述べています。


この技術は、非営利の国際開発機関であるアジア財団の協力のもと、モンゴルで展開が始まっています。アジア財団のモンゴル代表であるMark Koenigは、「この技術の可能性と、炭素クレジットを使って地元の家庭が再生可能エネルギーに移行し、大気汚染を減らすだけでなく、追加収入を得、エネルギーコストを削減するというコンセプトを大変うれしく思います。URECAとのパートナーシップは、環境に対して正しい行動をするための金銭的なインセンティブを与えることで、さまざまな持続可能な取り組みにインセンティブを与え、拡大する機会を提供することになると思います。私たちは、モンゴルの家庭、特にウランバートルの牧民やゲル地区の住民から始めていますが、学んだ教訓をもとに、モンゴルでの普及を進め、最終的にはこの技術を脱炭素社会の実現に役立てたいと考えています」と述べています。


この技術は、他のアジア諸国のコミュニティの脱炭素化を支援するために応用されることを期待しています。


URECAは、炭素クレジットへのアクセスを容易にするだけでなく、一般市民や商業的な再生可能エネルギー生産者からのカーボンクレジットを組み合わせた、カスタマイズされたカーボン・オフセット・サービスの開始にも注力しています。URECAの創設者兼CEOであるオルクロン・エンクツェツェグ(Orchlon Enkhtsetseg)は、次のように述べています。「私たちは、適切な企業とパートナーシップを結びたいと考えています。私たちは、炭素クレジットを安易な手段として利用するのではなく、本当に二酸化炭素排出量に対処するために努力している組織と提携したいと考えています」。


アルゴランド財団のDirector of Impact and InclusionであるMatt Kellerは、「これは、私たちがアルゴランドで重視している2つの重要な分野、すなわち環境の持続可能性と社会的インパクトに触れるものです。URECAは、より持続可能で豊かな世界を実現するための活動の一翼を担うことになります」と述べています。


URECAは今後、自然エネルギーだけでなく、他の高品質なカーボン・オフセット・プロジェクトにもこの技術の範囲を広げていく予定です。同社はすでに電気と熱の効率化プロジェクトに取り組んでおり、自然を利用したソリューションへの移行を検討しています。URECAは、検証されたクレジットが高品質であり、最も厳しい追加性と永続性の要件を満たすことを保証するために、技術とフィールドワークを組み合わせて使用する予定です。


URECAは、2022年下半期にシンガポールに本社を設立し、今後数カ月の間にアジア全域で事業を拡大することに注力していきます。



URECAについて


URECAは、再生可能エネルギー生産者と炭素クレジット購入者の両方にとって、カーボン・オフセットを手頃な価格で利用できるようにすることを使命としています。現在、小規模な再生可能エネルギー生産者は、現行のカーボン・オフセットの枠組みの設計上、炭素クレジット市場に参加することが困難な状況にあります。URECA独自の技術とプラットフォームにより、誰もが簡単に炭素クレジット市場に参加することができるようになります。詳しくは、https://ureca.com/ をご覧ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/ureca