予測市場101 by Venue One

更新日:2 日前



予測市場101 by Venue One


「群衆の知恵」を効果的に集約するにはどうしたらよいか?


その答えが「予測市場」である。


予測市場とは、未知であるが明確に定義された将来の出来事の結果に基づき、人々が報酬を伴う契約を交わすことができる市場である。この契約から生まれる市場価格は、市場参加者間の一種の集団予測として理解することができる。これらの価格は、個人の期待値と、その期待値に資金を投じる投資家の意思に基づいている。


予測市場は、将来の事象の確率や相関関係、より複雑な関係を推定する方法として利用することができる。予測市場は、パンデミックの蔓延、選挙結果、プロジェクトの成功確率など、様々な事象の予測に利用されている(金融やスポーツなど、より単純だが同様にエキサイティングな事象の予測にも利用されている)。


最も一般的な形態として、予測市場はバイナリ結果を扱う金融市場に類似している。人々は、例えばXという候補者が選挙に勝つというような、特定のイベントが発生するという予測を売買することができる。例えば、大統領選挙でX候補が勝利した場合、1ドルが支払われるという契約を考えてみよう。X契約の市場価格が現在66セントだとすると、この候補者が選挙に勝つ可能性が66%であることを意味する。この価格で1ドルを購入し、候補者が当選した場合、その分は1.5ドル(1/0.66)で支払われ、50セントの利益が発生する。一方、候補者が選挙に負けた場合、同じ株は0ドルで、トレーダーは1ドルの損失を被る。図1では、予測市場での取引に基づいて、候補者XとYの確率を時系列で見ることができる。当然ながら、確率は常に足し算で100%となり、Y候補の確率はX候補の確率の「1-」に等しい。


効率的市場仮説とは、主に金融経済学で用いられる用語で、資産価格が利用可能なすべての情報を示していると主張するものである。効率的市場仮説(EMH)によれば、すべてのものが公正に価格決定されるため、市場価格を利用する余地はない。予測市場は、金融市場と同様に、コミュニティがより良い情報を求め、その知識に基づいて行動し、他の参加者を凌駕する可能性を高めるものである。予測市場は、重要なことについての意見を集約するために利用できるシステムだと考えてほしい。予測市場が成功するのは、アクセス可能で参加者の群れの中に分散している情報が、価格を公正な水準に収束させる明確な金銭的インセンティブを介して、参加者を駆り立てるからである。この公正な水準は、ある事象について、その時点で入手可能な最善の確率評価を表すものでなければならない。





アイオワ電子市場(IEM)は、アイオワ大学ティッピー・ビジネススクールの教員が運営する市場ベースの予測の実験であり、オンライン予測市場の先駆けの一つである。IEMのトレーダーは、長期的に見ると従来の世論調査よりも正確で、実際の資金を使って大統領選挙の結果を予測することができるようになった。




出典 Wolfers, J., & Zitzewitz, E. (2006), "Prediction markets in theory and practice" (予測市場の理論と実践)


上の図は、過去のアメリカ大統領選のデータである。横軸は選挙までの残り日数を示している。縦軸は、両党に連動する株式と選挙で獲得した実際の得票数の平均的な絶対値の乖離を測定したものである。


企業でいえば、ハリウッド証券取引所は、オープニング週末の興行収入を百万米ドル単位で予測しており、下のグラフは、予測された収益が実際の収益にかなり近いことを表している。さらに、この市場は、専門家のパネルと比較して、オスカー受賞者の予測もかなり正確である。




出典 Wolfers, J., & Zitzewitz, E. (2006), "Prediction Market in theory and practice" (予測市場の理論と実践)


また、一部の企業では、社内予測市場の実験が始まっている。ヒューレット・パッカードでは、社内市場によって、社内プロセスよりも正確なプリンター販売予測が行われた。シーメンスでは、従来の計画ツールでは納期に間に合いそうだったソフトウェア・プロジェクトが、社内市場によって「間違いなく納期に間に合わない」と予測されたという実験が行われている。


予測市場には、価格発見のメカニズムがいくつかある。


  • CDA(Continuous Double Auction):株式市場のように株式の買い手と売り手を結びつける。予測市場の場合、特定の結果に対する賭けを売買することができ、その結果の可能性が高いと思われるか低いと思われるかによって価格が変化する。各賭けの最終的な所有者に配当を送るために、予測市場の運営者はすべての取引を台帳に記録しておく必要がある。

  • 分散型取引所(DEX):暗号資産の取引におけるすべての仲介者を排除するために開発されたもので、自動マーケットメーカー(AMM).を含む。これらのプロトコルは、自己実行型コンピュータ・コードの一種であるスマートコントラクトを使用して、暗号通貨トークンの価格を設定し、流動性を提供する。AMMプロトコルを使用すると、他のトレーダーの支援を受けずに取引を行うことができる。その代わり、スマートコントラクトを使用して取引を行うことができる。AMMは、誰もが資金を提供できる流動性のシステムを作る手助けをする。予測市場の場合、参加者はイエス/ノーの株を売買する。


中央集権型の予測市場では、市場全体が1つの中央組織によって統治・管理される。これは、予測イベントの配置、プレイヤーが参加できるイベントの選択、さらに中央で保管されている資金と支払いの監視が、すべてこの組織の管理下にあることを示している。そして最後に、その中央の組織は市場に参加し、ポジションを取ることができる。


分散型予測市場であれば、これらの機能を担う中央機関が不要になる。その代わり、何千人ものユーザーが、その活動や報告によって結果を検証し、市場の整合性を保つ。また、トラストレスな不変のブロックチェーンに接続することで、市場の整合性も保たれる。スマートコントラクトは、オラクルやその他の堅牢な方法によって、適切なタイミングで正しい支払いが自動的に行われるようにするために使用することができる。分散型予測市場は、よりグローバルでオープン、自由で、特定の個人や企業から独立しており、この市場イノベーションの最良の実装と言える。


Venue Oneのミッションは、高速なアルゴランド・ブロックチェーンをコア・エンジンとし、最高のグローバル分散型予測市場を作ることである。


私たちの旅にご参加ください👇。


私たちのグローバルコミュニティに参加する Telegram : https://t.me/venuemarkets


Twitterでフォローする。@VenueMarkets


詳細と$VENOホワイトリストについては、以下を参照してください: venue.one



元記事:https://medium.com/@venueone/prediction-markets-101-63e486138cc4