Ledgermaticのトレジャリーおよびカストディ・サービスがアルゴランドのエコシステムで利用可能に



Ledgermaticのトレジャリーおよびカストディ・サービスがアルゴランドのエコシステムで利用可能に

by Ledgermatic


2021年7月15日 トレジャリー、ファイナンス、カストディのソリューションを提供するLedgermaticは、アルゴランドのエコシステムへの対応を開始したことを発表しました。アルゴランド・ネットワークを利用し、ALGOを保有し、ネイティブASAトークンを使用する企業は、カストディアンおよびバックオフィス・ファイナンス・ソリューションとしてLedgermaticを活用することができます(現在、最初の顧客グループがシステムを利用しています)。


Ledgermaticのプラットフォームは、これまで業界では利用できなかった様々なファイナンス機能を調和させる新しい機能を市場に提供します。顧客は、グローバルなデジタル資産のポジションとフローを、地域別、資産別、ビジネス・ユニット別に見ることができ、流動性とエクスポージャーをリアルタイムに管理することができます。また、企業構造を再構築し、個々の事業体にさまざまな種類の口座や第三者を割り当てることができます。分離口座、プール口座、バーチャル口座では、さまざまな取引、投資、バックオフィス活動を管理することができます。また、デジタル資産の活動を、総勘定元帳、副勘定元帳、Chart of Accounts(CoA)にリンクさせることができます。職務分離、拒否権、監査ビューなどのきめ細かな財務管理により、Ledgermaticのユーザーが不正、浪費、悪用にさらされる機会を大幅に減らすことができます。


つまり、企業はデジタル資産の運用をサイロ化して管理するのではなく、一元的に調整し、説明することができるのです。


統合されたLedgermaticのカストディ・サービスは、現代のデジタル・アセット・ビジネスのニーズの高まりに合わせて利用されています。そこでは、分離された安全なサービスが、トレジャリーの保有、第三者のエスクローと担保、余剰収益の短期的な保有、長期的な「バイ・アンド・ホールド」の投資戦略に必要とされています。


Ledgermaticは、トークン保有者、アルゴランドで構築されたプラットフォーム、投資ファンド、取引所が利用でき、アルゴランドのステーキングを自社のプラットフォームですぐに利用できるようにしています。アルゴランドの最大のトークン・ホルダーの一つであるARCCのプロジェクトであるIBMRは、Ledgermaticをカストディアンとして使用しています。


IBMRのマネージング・ディレクターであるSinjin Jungは次のように述べています。「我々は、Ledgermaticが我々のニーズに最も適したソリューションであると考えています。Ledgermaticは、高度に洗練された安全なカストディ・サービスを提供しており、トレジャリー・システムに組み込まれているため、単一のポータルで保有資産を管理することができます。多様な暗号化事業にとって、透明性、監査、管理のために必要なものです。」


LedgermaticのCEOであるLuke Sullyは次のように述べています。「アルゴランドのエコシステムは、本当に印象的で集中したプロジェクトの活気あるコミュニティです。当社は、これらのプロジェクトが成長していることを認識し、当社が最初に扱うプロトコルの中にアルゴランドを入れたいと考えました。Ledgermaticは、アルゴランドの活動を可能にすることで、全体的なファイナンスの成長を促進し、バックオフィスをダイナミックで安全なハイパー・コネクテッド機能に変えます。」


アルゴランドのCOOであるW.ショーン・フォードは次のように述べています。「Ledgermaticがアルゴランド・ブロックチェーン上で発展している強固なエコシステムを認識し、加速する個人や組織がアルゴランド上で資産を立ち上げる際に、同社のトレジャリーやカストディ・ツールを利用できるようにすることを優先したことを嬉しく思います。エコシステム全体に互換性があるため、アルゴランド上で構築されたデジタル資産事業者は、Ledgermaticのサービスをシームレスに利用することができます。」



Ledgermaticについて


Ledgermaticは、企業の財務ソリューションを提供しています。IBM Cloud Hyper Protectによって生み出されたConfidential Computing技術をベースに構築されたLedgermaticのデジタル資産プラットフォームは、最高レベルのセキュリティとコンプライアンスを提供し、CFOや財務担当者をデジタル資産建ての金融商品、決済ネットワーク、リスク管理ツールのセットに安全に接続します。また、LedgermaticのCKC(Confidential Key Construction)アルゴリズムは、MPC(Multi-party Computation)に代わる優れたアルゴリズムであり、チェーンを問わない独自の鍵管理システムで、否認防止機能を保持し、証明可能な意思決定を保証するために、すべての鍵共有にガバナンスとコントロールを組み込んでいます。


詳細および事前登録のお申し込みは、https://ledgermatic.io/ をご覧ください。



アルゴランドについて


アルゴランドは、次世代の金融商品のために、世界初のオープンソースでパーミッションレス、Pure Proof of Stakeのブロックチェーン・プロトコルを構築しました。このブロックチェーンであるアルゴランド・プロトコルは、チューリング賞を受賞した暗号学者のSilvio Micaliが考案したものです。アルゴランドは、金融取引から摩擦を取り除くことを目的としたテクノロジー企業で、価値の創造と交換を可能にし、新しい金融ツールとサービスを構築し、資産をオンチェーン化し、責任あるプライバシーモデルを提供することで、DeFiの進化を後押ししています。詳細は www.algorand.com をご覧ください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/news/ledgermatic-treasury-and-custody-services-now-live-for-algorand-ecosystem