アルゴランドがカーボン・フットプリントをオフセットする方法



アルゴランドがカーボン・フットプリントをオフセットする方法


企業や個人は、気候変動への影響を気にすることなく、アルゴランド上で構築することができます。


アルゴランドは、Pure Proof of Stake (PoS)と呼ばれるコンセンサス・アルゴリズムを採用しており、マイニングは一切行いません。これは、分散性を犠牲にしないことを意味し、スケーラビリティ、分散性、セキュリティを完全に達成するブロックチェーンのトリレンマを解決する唯一のソリューションです。


さらにアルゴランドは、4つ目の重要な要素である「持続可能性」を統合することで、さらなる進化を遂げています。



アルゴランド:持続可能なブロックチェーン


アルゴランドのPPoSコンセンサスでは、プロトコルがALGO保有者全体から少数のバリデータをランダムに選ぶため、ブロック・バリデータ間の競争がなく、トランザクションあたりの消費電力を少なくすることができます。アルゴランドでは、トランザクションあたりのハードウェア消費電力は減少し続けており、2021年にはTPS(1秒あたりのトランザクション数)全体の性能アップグレードの改善が徐々に実施されます。



環境に優しいインフラに加えて、アルゴランドはあらゆるレベルでカーボン・ニュートラルを推進しており、それはパートナーシップや社内の価値観・文化にも反映されています。


アルゴランド創業者であるMITのシルビオ・ミカリ教授は、地球を大切に思うからこそ、最初から可能な限り「クリーン」になるようにPPoSを設計したと語っています。


持続可能性を重視したアプローチのおかげで、アルゴランドはブロックチェーン・バリデータが残す最小限のカーボン・フットプリントを相殺することに成功しました。



カーボン・ニュートラルを実現するアルゴランドのパートナーシップ


アルゴランドは、さまざまなユースケースでカーボン・ニュートラルを提唱しています。


4月末、アルゴランドは、地球をクリーンに保つことを目的としたソリューションを提供する組織と緊密に協力した結果、同社のブロックチェーンが完全にカーボン・ニュートラルになったことを発表しました。


主な提携先の一つであるClimateTradeは、CO2排出量をオフセットしたり、気候変動プロジェクトを後援することで、企業や団体が持続可能性の目標を達成できるよう支援しています。


シルビオ・ミカリは、ClimateTradeとの協力関係を強化したことについて、次のように述べています。


「私たちは、グローバルで分散化され、広く利用されているブロックチェーンの環境影響を測定する仕組みが、微妙で複雑なものであることを理解しています。だからこそ、ClimateTradeとチームを組んで、環境に配慮した取り組みを継続し、さらに強化させるのです。」

実際のところ、現在、アルゴランドを活用している環境にフォーカスしたユースケースは3つあります。


  • Global Carbon Holding - 2021年1月からアルゴランドのパートナーとなり、ブロックチェーンを使ってアジアの炭素クレジット資産をトークン化し、ユーザーが最高レベルの品質と実績を持つ認証済みのカーボン・オフセットを購入できるグローバル・マーケットプレイスをサポートしています。

  • PlanetWatch - 2020年夏以降、PlanetWatchはアルゴランドを活用して、世界初のブロックチェーン・ベースの大気質センサー用プラットフォームを開発しています。これは、データの検証、フィルタリング、オンライン及びモバイル・アプリケーションを通じたリアルタイムでの表示を目的として、手頃な価格の大気質センサーのグローバル・ネットワークを開発・展開しています。

  • ClimateTrade - 昨年末、ClimateTradeは、炭素市場に透明性とトレーサビリティーをもたらすためにアルゴランドを統合したことを発表しました。スペイン企業であるClimateTradeは、CO2排出量のオフセットや気候変動プロジェクトへの資金提供を通じて、企業の持続可能性目標の達成を支援することを目的としています。ClimateTradeは、Iberia、Melià Hotels、Cabify、Telefónicaなど、スペインや世界の大手企業にそのソリューションを提供しています。



アルゴランドはClimateTradeとのパートナーシップにより、ネットワークの低いフットプリントを相殺するいくつかのプロジェクトを活用することができます。


  • 南カルダモン熱帯雨林 - カンボジアにあるカルダモン熱帯雨林は、東南アジアで最後の無傷の熱帯雨林の一つです。ワイルドライフ・アライアンスとワイルドライフ・ワークスがカンボジア環境省と共同で開始した「南カルダモンREDD+プロジェクト」では、ベスト・プラクティスを用いて年間300万トン以上の炭素排出を防止しています。また、この地域の約50万ヘクタールの熱帯雨林を保護しています。このプロジェクトでは、REDD+クレジットの販売を通じて、直接的な脅威に基づくアプローチで森林を保護し、野生生物を保護しています。このプロジェクトは、地域のコミュニティや政府機関と協力して、地域の村々に持続可能な収入機会を提供しています。15以上の村と協力して、コミュニティ・ベースの持続可能なエコツーリズムを実施しています。

  • Vichada Gold Standard Climate Reforestation - コロンビアのオリノコ地方での森林再生を目的とした気候変動プロジェクトです。このプロジェクトの目的は、高品質な広葉樹の生産と炭素隔離を目的とした森林を作ることです。また、このプロジェクトでは、収益性の高い生産・保全システムを確立し、地元企業が有益な方法で事業を行えるようにすることも目的としています。すでに76,000ヘクタールの森林再生、土壌浸食の防止、動物や昆虫のためのシェルターの設置などを行い、多くの正規雇用を創出し、より多くのコミュニティを統合することができています。



  • ACCIONAによるオアハカ風力プロジェクト - スペインのACCIONAは、メキシコでクリーン・エネルギーを生産するオアハカ風力プロジェクトを開発しています。IBEX35企業であるアクシオナ社は、世界40カ国以上で事業を展開し、再生可能エネルギーのための革新的なソリューションを提供しています。オアハカの風力発電所を通じて、ACCIONAはメキシコの約70万世帯分のクリーン・エネルギーを生産しており、これは年間67万トンのCO2排出を回避することになります。また、ACCIONAは、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に沿った取り組みを通じて、事業所周辺の地域社会や生物多様性に大きなプラスの影響を与える活動を行い、気候変動に対応しています。このプロジェクトの削減証書を購入するスポンサーは、より持続可能な世界に直接貢献することになります。

  • Sumatra Merang Peatland Project (SMPP) - このプロジェクトは、インドネシアの南スマトラ州ムシ・バニュアシン地区にある泥炭地の生態系を回復・保護することを目的としています。この泥炭地の面積は22,922ヘクタールです。このプロジェクトは、15万ヘクタール以上に及ぶスマトラ島最大の炭素豊富な泥炭湿地帯のひとつであるMerang-Kepayang泥炭ドーム内に位置しています。SMPPが関与していなければ、この泥炭地はパルプ・製紙用のアカシアの工業植林地となり、水位が低下してGHG排出量が増加し、火災のリスクも高まっていたでしょう。SMPPは、第1期モニタリング期間に120万トン以上のCO2、この第2期モニタリング期間に約49万トンのCO2を回避しました。そしてプロジェクトの生涯を通じて約6300万トンのCO2の排出を回避します。このSMPPは、PT Global Alam Lestari(PT GAL)とForest Carbon(Equator Group PTE LTD)によって実施されています。


アルゴランドはカーボン・ニュートラルであるだけでなく、環境にポジティブな影響を与えており、これは将来的にすべての革新的なブロックチェーン・エコシステムがあるべき姿です。



>アルゴランドのサステナビリティへの取り組みについてはこちら


>アルゴランドのユースケースを見る




元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/how-algorand-offsets-carbon-footprint