https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

Cryptowisser:カーボン・フットプリント TOP 100ランキング - Algorandが首位を獲得



Cryptowisser:カーボン・フットプリント TOP 100ランキング - Algorandが首位を獲得


プレスリリース 2022年2月:大手Cryptoサービス比較サイトCryptowisserは、Crypto Carbon Footprintリストを発表します。このリストは、上位100の暗号通貨がどれだけ持続可能かをランク付けしたもので、スウェーデンの持続可能性専門家チームの研究に基づいています。


このリストは、典型的な取引がカーボン・フットプリントを通じて環境にどのような影響を与えるかについて、各コインをランク付けしています。このリストでは、エネルギー効率とカーボン・フットプリントのレベルを色分けして表示しており、濃い緑がカーボン・ニュートラルまたはマイナスで最もクリーン、中くらいの緑がVISAの取引と同等となっています。


「我々は、世界初のクリプトのカーボン・フットプリントの包括的なランキングを発表することで、異なるクリプトがどの程度環境に優しいかについて市場でより明確になることを期待しています。我々の調査に基づき、クリプトの持続可能性について肯定的な見通しを示すことができます」。

Dgtl Assets Group AB CEO リチャード・ランバーグ



クリプトはどのようにカーボン・フットプリントを持つのか?


暗号通貨のカーボン・フットプリントは、日々の運用によるエネルギー消費、例えばマイニングのプロセスやノードの稼働と、そのエネルギーがどれだけクリーンであるかに基づいて算出されます。自然エネルギーやクリーンな電力網で稼働しているマイナーは、化石燃料で稼働している場合よりも大幅に低いカーボン・フットプリントとなります。



カーボン・ニュートラルまたはマイナスな暗号通貨はいくつありますか?


このリストによると、12種類の暗号通貨がカーボン・ニュートラルまたはマイナスと自己定義されており、Algorandは市場で最も環境に優しい暗号通貨として首位を獲得しています。


ほとんどのコインがライトグリーンのカテゴリーにランクインしており、トップ100の暗号通貨のほとんどが比較的低いカーボン・フットプリントを持っていることを意味します。


このデータから、二酸化炭素排出量が多いコインは少数派であり、クリプトの持続可能な未来にとってポジティブな見通しであり、さらにグリーンなクリプトの現在のトレンドによって強化されています。



プルーフ・オブ・ステークかプルーフ・オブ・ワークか?


クリプトのエネルギー消費量は、主にブロックチェーンと呼ばれる暗号通貨のデジタル台帳に追加される取引ブロックに使用されるメカニズム/合意アルゴリズムと、そのアルゴリズムを実行する機器のエネルギー効率に依存します。


最も一般的なタイプは、Proof of Work(PoW)またはProof of Stake(PoS)です。両者は類似していますが、取引の実行方法が異なり、通常、Proof of Work取引はProof of Stake取引と比較して約1000倍のエネルギーが消費されます。リストで示したように、Proof of Stakeに関連するコインは、より炭素に優しいものとしてリストの上位を占めています。一方、ほとんどのProof of Workコインは炭素に優しくないですが、例外も存在します。



まとめ


カーボン・ニュートラルまたはマイナスなクリプトの世界は、第三者検証や「緑の証明」のプロセスを加速させる必要があるとしても、まったく達成不可能なことではないようです。暗号通貨取引のほとんどは、二酸化炭素排出量の点でVISA取引と同様ですが、上位2つの暗号通貨(BTCとETH)は、よりエネルギー効率が悪く、持続可能なものになるためにやるべきことがあります。


詳細については、press@cryptowisser.com までお問い合わせください。


Cryptowisserは、暗号通貨取引所、ウォレット、デビットカード、マーチャントについて、世界最大かつ最も頻繁に更新され、最も信頼できるリストを持ち、1000以上のレビューを持つ暗号通貨サービス比較サイトです。クリプトの世界におけるすべての購入決定とサービス選択を支援します。



元記事:https://news.bitcoin.com/cryptowisser-top-100-crypto-coins-ranked-by-carbon-footprint-algorand-leads-the-way/