コミュニティ中継ノード・プログラム、3月1日稼動開始のお知らせ



コミュニティ中継ノード・プログラム、3月1日稼動開始のお知らせ


2022年2月24日 -アルゴランド財団は、コミュニティ中継ノード・プログラムを3月1日に稼動させることを発表します。このプログラムは、中継ノードをAlgorandブロックチェーンのコンセンサス参加ノードと同じレベルの分散化へと導くための次のステップとなります。


2021年12月1日に募集を行った結果、140件の応募があり、上位9件を新たなノード運営グループとして確定しました。これらの中継ノードは6大陸で稼働し、新たに21台の中継ノードを提供し、Algorandブロックチェーンの継続的な高性能と堅牢性をサポート、実現する予定です。


このパイロット・プログラムの地域別ノード運営者の内訳は以下の通りです。

  • アフリカ:1

  • ヨーロッパ: 5

  • 南アメリカ: 1

  • 北アメリカ:6

  • アジア:6

  • オーストラリア:2


中継ノードを運営しているコミュニティ・チームには、以下のようなものがあります。

  • Slow Ventures

  • Borderless Capital

  • Collab III - A, LLC

  • Crypto Curv

  • algoogla.com

  • Blockchain AU

  • Amarok

  • Blockdaemon Limited

  • Mozaik Capital


私たちは、これらのコミュニテ・チームをノード運営ネットワークに迎えることができ、中継ノード・ネットワーク全体の分散化への道を歩みながら、このプログラムをサポートしていくことを楽しみにしています。



元記事:https://algorand.foundation/news/community-relay-node-program-live-march