ブロックチェーン・ロイヤリティ:NFTをプログラムしてクリエイターに報酬を与える方法

最終更新: 6月15日



ブロックチェーン・ロイヤリティ:NFTをプログラムしてクリエイターに報酬を与える方法


ノン・ファンジブル・トークン(NFT)のバブルが落ち着いてきたとはいえ、このトークンが持つユニークなメリットのおかげで、この新しい市場はこれからも続いていくでしょう。NFTは、物理的・デジタル的な資産の独自性や証明性を、安全かつ透明性のある方法で確保するための優れたソリューションです。


アルゴランドのユーザーは、堅牢で柔軟なNFTインフラの恩恵を受けるだけでなく、音楽、アート、ファッション・アイテム、特許、その他の資産に関するものであっても、作品を収益化できるLayer-1機能を組み合わせて、NFTロイヤリティを統合することができます。このように、アルゴランドの技術は、産業全体を変革し、クリエイター経済を支えます。



ブロックチェーンはクリエイターの作品の収益化を支援します


NFTは、希少価値のあるものをデジタルで表現することで、ホルダーに完全な所有権を与えることができるため、人気を博しています。しかし、それだけではありません。一部のブロックチェーンでは、NFTをさらに進化させて、ロイヤリティを統合しています。ロイヤリティとは、音楽家、作家、アーティストなどのクリエイターが、自身の作品が購入されるたびに支払われるものです。


ロイヤリティはカスタマイズすることができ、例えば、一枚の作品として販売されるか、あるいは分割して販売されるユニークなアート作品にも使用することができます。作品が流通市場で取引されるたびに、アーティストは一定の割合で報酬を得ることができます。


アルゴランドのおかげで、クリエイターは自分の作品を簡単にマネタイズし、ファンと直接コンタクトを取ることができます。クリエイターは、支持者との関係を正確に反映させるために、ロイヤリティの仕組みをカスタマイズすることができます。


NFTのロイヤリティは、クリエイターにとってさまざまなメリットがあります。多くのアーティスト、特にミュージシャンは、透明性の欠如により、楽曲が適切に登録されていなかったり、未請求のまま出版社に流れてしまったりして、すべてのロイヤリティを回収できていません。これらは未配分ロイヤリティと呼ばれ、これらの支払い漏れのために、アーティストは数億米ドルの損失を被っていると推定されています。


ブロックチェーンは、欠陥のあるロイヤリティ・システムのためにアーティストが苦労して稼いだお金を失うことがないように説明責任を果たすことができ、アルゴランドは理想的なマネタイズ・スキームを構築するために最適なブロックチェーン・インフラを提供しています。



アルゴランドでロイヤリティ機能付きNFTを構築するには?



アルゴランドでは、機能の組み合わせにより、NFTの作成とロイヤリティ・ポリシーの統合を容易に行うことができます。


NFTはAlgorand Standard Assets(ASA)フレームワークを通じて作成されますが、このフレームワークはファンジブルおよびノン・ファンジブル・トークンもサポートしています。つまり、あなたのトークンは、高速で分散されたフォークレス・ネットワークであるアルゴランドのLayer-1の恩恵を受けることができます。


アルゴランドはユーザー・エクスペリエンスを重視しているため、標準的なNFTの作成は超簡単です。開発者は、Java、JavaScript(node.jsとブラウザ)、Go、PythonのSDK、REST APIなどの好みのプログラミング言語や、コマンドライン・ユーティリティー、さらには一般に公開されているNFT作成アプリのいずれかを使って、ASAベースのNFTを作成することができます。その際に必要なのは、immutableとmutableのパラメータを適宜設定することです。特に、NFTを定義する際には、「Total」を1に、「Decimals」を0に設定します。


なお、標準的なNFTは、Algorand Smart Contracts(ASC1)やAtomic Transfers(AT)など、他のアルゴランドの機能を組み合わせることで、オンチェーンのロイヤルティを強化することができます。


開発者は、ニーズに応じて複数のNFTロイヤリティ・ポリシーを構築することができます。例えば、ロイヤリティは、自分のNFTを含む取引ごとにクリエイターに支払われる固定コミッションや、NFTの価格やオークションの入札額の変動に応じてクリエイターに支払われる変動コミッションを表すようにすることができます。


アルゴランドでブロックチェーン・ロイヤリティをテストしてみるには、全体のメカニズムがどのように機能するかを示すためのNFTロイヤリティ・ゲーム「AlgoRealm」を試してみることができます。



AlgoRealm - レイヤー1の機能をテストできるNFTロイヤリティ・ゲーム



AlgoRealmゲームのコンセプトは非常にシンプルで、2人の女王に支配されています。


  • Randomic Majesty of Algorand(アルゴランド・ランダム女王)は、Crown of Entropy NFT(エントロピー王冠NFT)を持っています。

  • The Verifiable Majesty of Algorand(アルゴランド検証可能女王)は、Sceptre of Proof NFT(証明の杖NFT)を持っています。


ユーザーは誰でも、報酬プールにALGOトークンを寄付することで、このタイトルのどちらか、または両方を獲得することができます。寄付金が多ければ多いほど、他のユーザーに退位されにくくなります。ポイントは、現在の陛下よりも多くの寄付をした人が、自動的にタイトルと関連するNFTのアーティファクトを要求する資格を得るということです。


報酬プールに支払われるAlgoRealm NFTのロイヤリティは、ASA、アルゴランド・スマートコントラクト、およびアトミック・トランスファーの組み合わせで処理されます。目標は、ASAのマネージャー・アドレスを、2つのNFTに対するロイヤリティ・ポリシーを実施するステートレスおよびステートフルなスマートコントラクトの組み合わせに接続することです。主な構成要素は以下の通りです。


  • ASA(アルゴランド標準資産) - このフレームワークは、NFTで表現されるAlgoRealmのアーティファクトを作成するために使用されます。これらは、ASAのクローバック・アドレスを介してASC1によって制御されます。

  • アトミック・トランスファー - ゲームのステートフル・コンポーネントとステートレス・コンポーネントの間で同時に相互作用を引き起こすトランザクションのグループを実行します(2つのコンポーネントがどのようにリンクされるかについては、こちらの記事をご覧ください)。

  • ステートフル・アルゴランド・スマートコントラクト - 寄付金の金額と現職の陛下のニックネームを追跡するASC1のグローバルな状態を管理するAlgoRealmアプリケーションを実装しています。

  • ステートレス・アルゴランド・スマートコントラクト - ロイヤリティ・ポリシーに基づいてNFTのクローバック取引を承認するコントラクト・アカウントとしてAlgoRealm法を施行します。


リストアップされた機能間の相互作用は、特定の展開順序に従う必要があります。


  1. ステートフルなアプリケーションの展開

  2. NFTの作成

  3. ステートレスなコントラクト・アカウントの展開

  4. NFTの構成

  5. ステートフル・アプリケーションの設定


各ステップの詳細については、こちらのガイドをご参照ください。AlgoRealmのコードはこちらからご覧いただけます。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/blockchain-royalties-how-nfts-can-be-programmed