Arrington Capital、アルゴランドがブロックチェーンの暗黒時代をどのように照らすかについて語る



Arrington Capital、アルゴランドがブロックチェーンの暗黒時代をどのように照らすかについて語る



オープンなブロックチェーン・ネットワークを見ていると、テクノロジーばかりに注目してしまいがちです。しかし、現実には、ブロックチェーンは技術的なものと同様に、政治的なブレークスルーでもあるのです。このブロックチェーンの政治的側面は、Arrington Capitalの「Illuminating The Dark Age Of Blockchain: Algorand」と題された最近のレポートで深く掘り下げられています。


このレポートではまず、アルゴランドの設計哲学とブロックチェーン開発の現状について深く掘り下げています。第2部では、アルゴランドのアーキテクチャが、現在業界が直面している課題に取り組むのに理想的であることを明らかにしています。その上で、DeFiの登場、DeFiと伝統的な金融の関係、そして両者のギャップを埋めるアルゴランドの可能性について述べています。




ブロックチェーン技術の登場は、本質的には、少数の人々に大きな力を集中させていた金融システムの支配から逃れるための動きでした。このような状況では、権限の乱用が起こる可能性が高いため、暗号通貨には分散化の理念が根底にあります。


非中央集権の理念は、不正行為や敵対的な統治機構による攻撃など、多くの脅威からネットワークを守ることに成功していますが、多くの課題も抱えています。最も顕著なのはスケーラビリティとガバナンスの問題です。分散型のプロトコルは安全性が高く、改ざんされにくいのですが、パフォーマンスがトレードオフになり、将来の開発についてコンセンサスを得ることが困難になります。


これはDeFiに顕著で、性能向上のために技術的または政治的な中央集権化が一貫して推し進められています。報告書では、DeFiとブロックチェーン業界の現状を、歴史上の専制的な中央集権の時代と比較しています。そこでは、腐敗した王や君主が社会を犠牲にして権力を乱用していました。


この時代は、代表制政府が権力を分配し、停滞したヒエラルキーに取って代わるという政治革命が起こりました。この歴史的な啓蒙時代のように、アルゴランドは、パフォーマンスのために中央集権的なシステムの失敗の下でユーザーが苦しんでいる現在の「暗黒時代」から、DeFiとブロックチェーンを逃れさせる可能性があります。


この可能性があるのは、アルゴランドが有名なブロックチェーン・トリレンマ(ブロックチェーンネットワークは、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化の3つのうち2つしか持つことができない)を解決したからです。




アルゴランドは、新しいコンセンサス・アルゴリズムと階層化されたノードのシステムにより、この袋小路を解決し、高性能のニーズと真の分散型で安全なネットワークのバランスをとっています。


アルゴランドは、堅牢で安定したガバナンス・モデルと、膨大なネットワーク・ボリュームを処理する技術的能力を提供することで、中央銀行やその他の金融機関を含む従来の金融ネットワークのトランザクションをホストするための理想的な代替手段として位置づけられています。


アルゴランドは、2年以上にわたり、ダウンタイムなしで、常に高いパフォーマンスで機能しています。スケーラブルでない、過度に中央集権的なブロックチェーン・ネットワークが挫折し続ける中、アルゴランドは他のネットワークから市場シェアを吸収する立場にあります。


その意味で、ベースレイヤー・ネットワークとしてのアルゴランドは、現代のベースレイヤー・ガバナンス・プロトコルであるデモクラシーのアナログとして構想されています。米国の安定、繁栄、革新は、世界中から才能とやる気のある移民を集め、国の産業・経済力の構築に貢献しました。


同様に、アルゴランドは、新しく改良された世界的な金融・通貨アーキテクチャを構築する開発者や機関を引き寄せるための基盤となっています。


このレポートでは、アルゴランドに1億ドル以上を投資し、さらにアルゴランドの広範なエコシステムに数億ドルを投資しているアーリントン・キャピタルが、アルゴランドが将来的にそのような役割を果たすための理想的な位置にある理由を説得的に説明しています。



レポートを見る:ブロックチェーンの暗黒時代を照らす:アルゴランド



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/arrington-capital-algorand-illuminate-the-dark-age-blockchain