動画を見てクイズに答えてALGOを当てよう!ー3日目



<字幕まとめ>


セキュリティは、アルゴランド・ブロックチェーンの次の重要な機能です。


作成されたブロックとその上に保存されたトランザクションが安心・安全であり、ハッキングされないことを保証することは、パブリック・ブロックチェーンの中核的な要件です。


アルゴランドのピュア・プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・プロトコルは、強大な敵によるブロックチェーンの破損を防ぐために設計されています。


中央集権的な代表団や固定された委員会による合意形成を必要とする他のプロトコルとは異なります。


アルゴランドは、コンセンサス委員会をランダムに非公開で選択します。


これは、ブロック作成の各ラウンドで継続的に起こります。


中央機関とのやり取りは決してありません。


したがって、悪者が傍受する情報はありません。


アルゴランドでは、各オンライン・ステーキング参加者は、VRFまたは検証可能なランダム関数と呼ばれるメカニズムを使用して、次のコンセンサス委員会に参加するために選択されているかどうかを確認します。


ユーザーは自己認証した後に参加します。


基本的に誰がコンセンサスに参加するかは事前には誰にもわからず、参加者はラウンドが終了して委員会が解散した後に初めて明らかになります。


次のラウンドが始まると、再び完全にランダムで、前の委員会とは完全に独立しています。


これは、ユーザーの入れ替え可能性として知られています。


アルゴランドのコンセンサスが安全なのは、次のコンセンサス委員会のメンバーを誰も予測できないからです。


そして、コンセンサスが安全であるならば、ブロック作成やブロックチェーン自体も安全です。


私たちは何を学んだのでしょうか?


アルゴランドは、ユーザーの入れ替え可能性の原則を中心に、コンセンサスのセキュリティ・メカニズムを構築しています。


シルビオ・ミカリの検証可能なランダム関数によって有効化されています。


これにより、アルゴランドのエコシステムは、最も堅牢で最も安全なブロックチェーンを構築することができるようになりました。


グローバルなパブリック・ブロックチェーンに必要なスピードとスケールを維持しながら。

​>

Copyrights (c)  Algorand Japan

★アルゴランド公式サイト(英語)はこちら >Algorand Inc.    >Algorand Foundation