https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

今後のオラクルのユースケースとその先にあるもの



今後のオラクルのユースケースとその先にあるもの


オラクルには様々なユースケースがあり、現実に役立つものもあれば、既存の市場を代替できるものもあります。クリプト・ネイティブはオラクルについて議論するとき、価格フィードを思い浮かべることが多いようです。しかし、オラクルによってスマートコントラクトがあらゆるオフチェーン・リソースを利用できることを理解すれば、その可能性は無限に広がります。


以前の記事で、オラクルの分散化レイヤーについてお話しました。データはデータソースからもたらされ、データ・アグリゲータによって処理され、その後ノード運営者によって提案され、投票されることを思い出してください。データソースがある限り、Goracleのようなオラクル・ネットワークはそれをオンチェーンに持ち込む手助けをすることができます。そして、これらのデータソースから、より価値のあるビジネスを構築することができるのです。



気象データと保険の融合


Goracleの将来のユースケースのひとつに、気象データと保険があります。GoracleはGoogle Cloud上の気象データセットやAccuWeatherのようなメディア企業のような気象データ・アグリゲータに接続することができます。気象データソースは、重要なスマートコントラクト・インフラを運用することで、データを収益化し、収益を得るために独自のノードの運用を開始することも可能です。現在の気温、降水量、風速などのリアルタイムの気象データにより、開発者は分散型の保険契約を構築することができるようになります。


多くの発展途上市場において、農家は中央集権的なプロバイダから従来の保険契約を手作業で交渉しなければなりません。このような保険契約は入手が困難であったり、不当な価格設定であったり、正式な紛争解決や和解の仕組みが必要であったりすることが多くあります。Goracleの気象データフィードを利用すれば、一定量の降水量や気温の閾値を満たした場合、スマートコントラクトが直ちに気象データを検証して保険契約を発動し、必要に応じて自動的に支払いを行うことができます。このようなデータフィードにより、ブロックチェーン・ベースのアプリケーションが実世界のデータにアクセスし、保険金請求を自動化し、コストを削減することが可能になります。


保険アプリケーションの可能性は、天候保険にとどまりません。旅行、飛行、作物、金融担保、災害などはすべて、Goracleのデータフィードを使用して分散型で実現・構築できる保険の一種です。



スポーツ・ベッティングと検証可能なランダム関数


もう一つのエキサイティングな未来のユースケースは、スポーツ・ベッティングです。2028年までに1,290億ドルの市場になると予想されているものが、スポーツの結果データフィードを通じて完全にオンチェーン化できるようになりました。例えば、GoracleとOddsJamの提携により、プロトコルは分散型スポーツ・ベッティングAPIを通じてスポーツの結果にアクセスすることができます。これは、リアルタイムのスポーツ・データを基にした分散型スポーツ・ベッティングやファンタジー・リーグへの扉を開くものです。気象データが分散型保険プロトコルを可能にするように、スポーツ・データも分散型ベッティング・プロトコルを可能にし、既存のスポーツ・ベッティング・プラットフォームと比較して多くの利点があります。分散型ベッティング・プラットフォームでは、ベッターは保証されたベット確認、ウォレットへの直接支払い、信頼できるベット決済などが可能になり、これらはすべてブロックチェーン・ネットワークとGoracleデータフィードのトラストレスな性質によって実現されます。


スポーツ・データのオンチェーン化に加え、オラクル・ネットワークは検証可能なランダム関数などのデータを生成することができます。検証可能なランダム関数とは、一連の入力を受け取り、それを計算し、擬似ランダムな出力を生成する暗号関数です。このランダム性はオラクル・ネットワークによって保証され、誰でも検証可能な真正性の証明とともに生成されます。例えば、デッキからカードを配る、ルーレットを回す、NFTを作成してランダムに形質を割り当てる、などといったことが必要でしょうか。これらはすべてオラクル・ネットワークを通じて可能であり、動的で証明可能な公正なゲームプレイが可能です。2026年までに世界のギャンブル市場は8,760億ドルに達すると予測されており、ここでのチャンスは非常に大きいです。



企業での利用例


エンタープライズ・ビジネスは、毎日世界中で何兆円もの商品やサービスを提供しています。オラクル・ネットワークは、企業の透明性を根本的に変え、収益源を増やし、既存のシステムを保護することができます。


UberやDoorDashなどのマーケットプレイス・ネットワーク、FedExやAmazonなどのサプライチェーン・ビジネスでは、おそらく荷物、食品、郵便物の追跡機能を備えていることでしょう。多くの人が経験するように、配達されたと表示された荷物が玄関先で確認できず、いらいらしたことがあるのではないでしょうか。オラクル・ネットワークは、実世界の追跡サービスと統合し、分散型データ入力を組み込むことで、重要なサービスの実行を保証することをユーザーに提供することができます。


オラクル・ネットワークによるデータのオンチェーン保証のもう一つの大きな可能性は、資産管理の世界にあります。現在、資産運用業界は非常に細分化されており、多くの仲介業者が手数料を徴収し、不必要なプロセスを課すために待機しています。あまりにも多くの仲介者がいるため、資産運用会社や個人トレーダーが株(あるいは家や車)を購入する際の複雑さとコストが増加しています。あらゆる取引や資産の検証において、検証可能な単一の真実の情報源は、透明性を高め、コストを削減するために不可欠です。プロセスに関わる各ステークホルダーがそれぞれ独自の記録を持ち、どれが「正しい」記録なのかが分からないというのは、業界を問わず共通の問題です。例えば、2008年の金融危機は、資産運用会社、ローンの引き受け手、そして銀行が完全な透明性を持っていれば、回避できたかもしれません。資産運用会社や金融機関は、リスクの高い担保債務をパッケージ化した原証券を見ることができたはずです。裏付けとなる証券について誰もが知ることができたので、信用格付け機関も人為的に信用格付けを上げることはできなかったはずです。


Goracleチームは、上記の例は将来のオラクルの使用例のほんの一部に過ぎないと考えています。商品データ、自動化ボット、医療データ、サプライチェーン・トラッキングなどの代替データセットは、最終的にオラクル・ネットワークを利用することになる市場の数の可能性を示す小さな集合に過ぎないのです。


フェース2:インセンティブ付きテストネット、フェーズ3:プロトコル/トークン発行といった今後のフェーズにおいて、Goracleは他のパートナーと協力し、ビルダーがエキサイティングなプロトコルを開発するために使用できる代替データセットをさらに搭載していく予定です。


オラクル・ネットワークが開くあらゆる可能性について、私たちと同じように興奮されている方は、私たちのドキュメントをチェックしたり、DiscordTelegramで質問してください。私たちのチーム・メンバーと話をしたい場合は、私たちのウェブサイトからご連絡ください。



元記事:https://blog.goracle.io/a-glimpse-into-future-oracle-use-cases-beyond-8b49d1f4d009


Comentários

Não foi possível carregar comentários
Parece que houve um problema técnico. Tente reconectar ou atualizar a página.
bottom of page