2021年3月 マンスリー・レポート

最終更新: 4月6日




今月はVisaやPaypalなどの大手によるクリプト導入のニュースが流れる中で、アルゴランドは米国発パブリックチェーンの筆頭として「数字」でその存在感を示しました。また業界全体で注目を集め始めたNFT分野でも矢継ぎ早に施策やユースケースを発表しました。アルゴランドは、フォークしないことが数学的に証明されている唯一のブロックチェーンであり、したがって、NFTの永久的な独自性を守ることができる唯一のブロックチェーンでもあります。では今月も多くのニュースの中方から注目のものをご紹介します。



アルゴランドの総アカウント数が1,000万突破


メインネットの立ち上げから2年弱、アルゴランドは、独自のLayer-1機能、高度なスマートコントラクト、低い取引手数料、強力な新機能を導入するための定期的なプロトコル・アップグレードなど、高性能で安定した第3世代のブロックチェーンを提供し続けてきました。アルゴランドのスケール、速度、採用、分散化などをリアルタイムに追跡するには、アルゴランド開発者ポータルのアルゴランド・メインネット・メトリクス・ダッシュボードをご覧ください。


>メトリクス・ダッシュボード https://metrics.algorand.org/


>記事:https://www.algorand-japan.com/post/algorandreaches10millionaccountsasadoptionaccelerates




世界最大級の著作権管理組織SIAE(イタリア著作者・出版社協会)がアルゴランド上で95,000人以上のクリエイターのために400万件以上のNFTをローンチ


SIAE会員である著作者の権利をデジタルで表現するNFT(Non Fungible Tokens:ノン・ファンジブル・トークン)が作成されました。NFTは、ブロックチェーンに登録されたデジタル資産の一種であり、SIAE会員の著作者の権利を表すものとして初めて使用されます。


またアルゴランド・エコシステムの主要VCであるBorderless Capitalが、NFTエコシステムとクリエイターの経済を構築するために、1,000万ドルのファンド「aNFT.Fund」立上げを発表しています。


>記事:イタリア最大の共同管理組織であるSIAE、著作者の権利をアルゴランド・ブロックチェーンで管理されたデジタル資産に https://www.algorand-japan.com/post/siae-italy-slargestcollectivemanagementorganisation


>記事:Borderless Capitalが1,000万ドル規模のaNFT.Fundを設立 https://www.algorand-japan.com/post/borderlesscapitallaunches-10millionanft-fund


>関連記事:NFT:新たなクリエイター経済 https://www.algorand-japan.com/post/nfts-thenewcreatoreconomy




DeFiユースケース - アルゴランド上で音楽業界に新しいDeFiモデルをもたらすOpulous


アルゴランドではDeFi(分散型金融)分野におけるユースケース創出にも注力中です。今回は音楽業界におけるDeFiソリューションOpulousが発表されました。


すでにロイヤルティ収入のあるアーティストが、これからを夢見るアーティストに融資を行えるプラットフォームを構築することで、音楽業界において既存の銀行などでは難しかった金融サポートが実現します。


>記事:Opulous:アルゴランド上で音楽業界に新しいDeFiモデルをもたらす  https://www.algorand-japan.com/post/opulous-bringingnewdefimodelstothemusicindustryonalgorand



その他、アルゴランドが世界中の10以上の政府・中央銀行と話を進めているCBDC(中央銀行デジタル通貨)に関する論考記事や、アルゴランドの提唱する「FutureFi(金融の未来)」に関する記事など、業界を啓蒙するコンテンツ配信も引き続き提供しています。