アルゴランドのアップグレードにより、ブロックチェーン・アプリケーションの開発が容易になり、Algorand Virtual Machine(AVM)が金融の未来を支える

最終更新: 7月3日


アルゴランドのアップグレードにより、ブロックチェーン・アプリケーションの開発が容易になり、Algorand Virtual Machine(AVM)が金融の未来を支える


スマートコントラクト開発への新しいアプローチにより、成長中のアルゴランド開発者コミュニティは、強力で高速かつコスト効率の高いスマートコントラクト&dAppsを容易に作成することが可能になります。


June 30, 2021 -- Boston, MA -- アルゴランドは、パフォーマンス、相互運用性、スマートコントラクトに焦点を当てたイノベーションを提供し続け、組織や開発者が新しいデジタル経済で成功するために必要な技術を提供しています。本日のプロトコル・リリースでは、Algorand Virtual Machine(AVM)がスマートコントラクトの開発を改善し、開発者が強力なdAppsを作成するために必要な機能を確保するとともに、ブロックチェーン・アプリケーションの開発をより広範な開発者コミュニティが利用できるようにします。


本日のプロトコルのアップデートは、アルゴランドが最近発表したスマートコントラクト開発の新しいアプローチを受けてのものです。アルゴランドは、開発者がPythonまたはシンプルなjavascriptライクな言語であるReachでスマートコントラクトを書くことで、AVMのフルパワーを簡単に活用できるようにしています。


AVMは、チューリング完全な言語、より大きなプログラム・サイズ、よりステート、多くの新しい追加オペコードを持つスマートコントラクトをサポートし、開発者に関数、ループ、再帰を使用する能力を提供します。今回のプロトコルの強化には、開発者が人気の高いDeFi、NFT、web3 dAppsやその他のユースケースを構築するために使用できる多くの新機能が含まれています。


アルゴランドのチーフプロダクトオフィサーであるPaul Riegleは次のように述べています。「アルゴランドでスマートコントラクトをすでに書いてデプロイしている開発者は、Tealを使ってAVMの初期バージョンと対話し、私たちにフィードバックを与えてくれたおかげで、AVMを迅速に反復して改善することができました。今回のリリースが開発者コミュニティに新たな可能性をもたらすことを嬉しく思い、今後のさらなる機能強化にも期待しています。」


開発者がAVMを使って活用できる機能の例としては、他の人がその上に構築できるAMMの構築、アトミック・トランスファーで一方の当事者が他方の当事者の取引手数料を支払うことができる取引手数料の共有、アプリケーションのためのブロックチェーン・ストレージを最大限に活用する汎用性などがあります。また、今回のリリースでは、512ビットという広い範囲での数学的演算が可能になったことで、高い精度を必要とするアプリケーションの実現や、イーサリアム・コントラクトの移植が容易になったことも大きな特徴です。今回のAVMのリリースにより、開発者は、他のコントラクトとの相互作用や通信を行うより大きなエコシステムを推進し、インタラクティブなスマートコントラクトを実現するとともに、より明確でコンパクトなdAppsやより大きなコントラクトを実現します。


今回のリリースに関する技術的な詳細については、Dev Rel AVM Announcementをご覧ください。


AVMとアルゴランド・スマートコントラクトに関する更新された開発者向けドキュメントは、Algorand Developer Portalでご覧いただけます。


<解説動画>



元記事:https://www.algorand.com/resources/news/june2021_protocolupgrade_avm