アルゴランド上のトークン化された資産:すでに利用可能なもの一覧




アルゴランド上のトークン化された資産:すでに利用可能なもの一覧


トークン化は金融市場をディスラプトし、投資方法を変えようとしています。より多くの伝統的な資産がブロックチェーン上に存在するデジタル・トークンに変換され、市場の流動性や安全性が高まり、より多くの投資家がアクセスできるようになるでしょう。


この記事では、アルゴランド・ブロックチェーン上で運用されている革新的なトークン化された資産の一覧を見ていきましょう。



アルゴランド:トークン化された資産のためのホーム


アルゴランドは、物理的資産とデジタル資産の両方をトークン化するための理想的なブロックチェーン・ネットワークを提供しています。


基盤となるインフラは、堅牢性と柔軟性を兼ね備えており、この組み合わせは現在は他ではほとんど達成できていないものです。MIT教授でアルゴランド創業者であるSilvio Micaliが発明したPure Proof of Stake (PoS)と呼ばれる独自のコンセンサスメカニズムにより、このネットワークは理想的なブロックチェーンの3つの重要な要素であるスケーラビリティ、分散性、セキュリティを、どれも妥協することなく実現しています。


実際、アルゴランドは現在、ブロックチェーン・トリレンマに対応した唯一のブロックチェーンであり、トークン化された資産に最適な技術となっています。


アルゴランド上でトークン化された資産を作ろうとしている企業や団体は、スピード、セキュリティ、即時ファイナリティ、高スループット、真の分散化を中心としたレイヤー1機能の恩恵を受けています。


トークンは、アルゴランド標準資産(ASA)を通じて発行されます。ASAは、代替可能なトークンと代替不可能なトークン(NFT)、そしてセキュリティ・トークンの作成をサポートするフレームワークです。ASAは、開発者が数分でトークンを発行できるなど、ユーザーの利便性を重視した仕組みになっています。


ユニークな利点のおかげで、多くの企業や組織がトークン化プロセスに最適なブロックチェーン・インフラストラクチャとしてアルゴランドに期待しています。



ここでは、アルゴランドにおけるトークン化のユースケースの例をご紹介します。



Meld、アルゴランドの技術を活用して金をトークン化


オーストラリアのハイテク企業であるMeld Goldは、金の取引方法を変革することを目的としたデジタル・プラットフォームを構築しました。このプラットフォームは、既存の金のサプライチェーンに統合することができ、手作業を減らし、ヒューマン・エラーをなくすことで、プロセスを高速化します。Meldの金取引プラットフォームは、シームレスな取引プロセスと迅速な決済を実現します。


Meldのおかげで、鉱山、精錬所、ディーラー、保管所など、金のサプライチェーンにおけるすべての主要なプレーヤーが、効率的かつシームレスにつながることができます。


Meldはアルゴランドを使用して金をトークン化しており、投資家や消費者は物理的な金と、貴金属を表すデジタル・トークンの両方で取引を行うことができます。


Meldのディレクターであるマイケル・コットン(Michael Cotton)は、このプラットフォームが買い手と売り手を結びつけることで、初めて金市場に透明性をもたらしたと説明しています。同氏は、「現在、金市場では、そのサプライチェーンへのアクセスと可視性が限られており、取引には時間と費用がかかり、非効率的です」と述べています。


アルゴランドは透明性の確保に大きく貢献しています。ブロックチェーンが改ざん不可であり、すべての関係者が取引を監視することができるためです。デジタル・ゴールドの取引は、より便利で手頃なものになりました。アルゴランドのLayer-1ブロックチェーンは、高度なセキュリティを提供しながら、1秒間に数千件の取引を処理します。


アルゴランドを採用したMeldプラットフォームの主なメリットは以下の通りです。


  • 効率 - サプライヤーとユーザーがシームレスに金を取引できる。

  • 透明性 - 取引は事前にマッピングされ、パブリック・ブロックチェーンであるアルゴランド上で追跡されます。

  • アクセス性 - 消費者はデジタル・ウォレットを介して、またはOTC金ディーラーやMeldパートナーを介して直接Meld Goldを売買することができます。一方、取引所は、暗号通貨へのオン/オフ・ランプを介して流動性を高めることができます。


特にCOVID-19の大流行により、信頼できる安全な場所を求める声が高まっていることから、金は最も重要な資産の一つであることに変わりはありません。機関投資家や個人投資家は、価値の保存に適していることから、ポートフォリオの一部を金に割り当てることができます。


Meldはアルゴランドを使って銀もトークン化しています。銀は、パンデミックが始まって以来、最もパフォーマンスの高い商品の一つです。


Meldの金と銀のトークンはアルゴランド上に存在し、それぞれMCAUとMCAGというティッカーで取引されています。


Meldがアルゴランドを使ってどのように金をトークン化しているかについては、こちらをご覧ください。



IBMR、アルゴランドを利用して世界初のマイクロエクイティ取引所を設立


インターネットやモバイル機器などの技術の進歩は、世界中のリテール・トレーダーの株式取引を促進してきました。しかし、グーグルやアマゾンなどの一部の銘柄は、個人投資家にとってはまだ高価であり、1株のために数千米ドルを費やす必要があります。さらに、これらの銘柄は、米国の取引所で株式を購入できる投資家にしかアクセスできません。


ここ数カ月の間に、RobinhoodやFidelityなどの株式取引プラットフォームでは、1つの銘柄を少しずつ購入できるフラクショナル・シェアが導入されました。


International Blockchain Monetary Reserve(IBMR)は、このアイデアをさらに推し進めて、端数株式をサポートする交換プラットフォーム全体を開発しました。この素晴らしい点は、ユーザーがアルゴランド上にある端株を表すデジタル・トークンを取引することで、ブロックチェーンのセキュリティ、透明性、スピードを活用できることです。


IBMRのマイクロエクイティ証券取引所(MESE)は世界初のマイクロエクイティ取引所で、ブロックチェーン上の端株を購入することで、リテール・ユーザーが世界のハイテク株式市場に触れることができます。


MESEのマイクロエクイティは、株式の1万分の1を表すASAトークンです。ユーザーは、Amazon、Apple、Tesla、Microsoft、Google、Twitter、Netflixに投資することができ、近日中にさらに多くのハイテク株が追加される予定です。


MESEのアルゴランド・ベースのトークンは、Contract for Difference (CFD)のようなデリバティブではなく、実際の株式に100%裏付けられたデジタル・ユニットであることに注意してください。


MESEは、世界中で利用可能で、24時間365日ライブ配信されているプラットフォームなので、株式取引を全く新しいレベルに引き上げます。さらに重要なのは、エントリー・フィーがなく、ユーザーはわずか数セントでハイテク企業の株式に触れることができることです。


MESE.io がどのようにして銀行口座を持たない人々に株式取引を提供しているかについては、こちらをご覧ください。



ブロックチェーン企業のRealioとValentus、2億5,000万ドルのファンドをトークン化


2020年末、米国証券取引委員会(SEC)に登録しているプライベート・エクイティ・ファームのValentus Capital Managementは、ブロックチェーン企業のRealioと提携し、アルゴランド上で2億5,000万ドルの投資ファンドをトークン化しました。


トークン化されたファンドは「Credit Opportunities Fund I」と呼ばれ、Valentus Digitalという新たに設立された事業体によって運営され、住宅ローン担保証券(RMBS)、企業ローン債権(CLO)、資産担保証券(ABS)などのクレジット資産に焦点を当てています。


RealioとValentusは、ファンドの株式の経済的権利を表すVAL 1トークンを2億5,000万個発行しました。VAL 1トークンは、ASAとして構築されているため、アルゴランドのセキュリティ、分散化、スケーラビリティの恩恵を受けることができます。


Valentusは、投資の参入障壁を200万ドル以上からわずか1万ドルに引き下げることができました。このように、コンプライアンス・チェックを通過した投資家は、クレジット資産へのエクスポージャーを得て、一流の機関投資家と一緒に投資する機会を得ることができます。


___


これらは、アルゴランドが実世界の資産のトークン化にどのように利用できるかのほんの一例に過ぎません。徐々に解決していかなければならない規制の壁はありますが、トークン化は従来の金融市場を変革するものであり、アルゴランドはトークン化のトレンドをリードしています。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/tokenized-assets-algorand-heres-whats-available