Meldはどのようにアルゴランドを利用してゴールドをトークン化しているのか



Meldはどのようにアルゴランドを利用してゴールドをトークン化しているのか


Meldの創業者兼マネージング・ディレクターであるMichael Cottonは、アルゴランドのマーケティング担当VPであるKeli Callaghanとのインタビューの中で、同社のデジタル資産であるMeld Goldがどのようにしてデジタル・ゴールドをより多くの人々に提供する態勢にあるのかを語りました。



ゴールド市場におけるブロックチェーン・イノベーション


Cottonは、これまで貴金属市場ではイノベーションが乏しく、テクノロジーの導入もほとんど行われていなかったことから、貴金属市場にチャンスがあると考えました。すぐに彼は、イノベーションに取り組み始め、本拠地であるオーストラリアの貴金属業界での地位を少しずつ向上させていきました。


イノベーションとテクノロジーを愛する者として、彼は即座にブロックチェーンのコンセプトに惹かれました。自分に合うものを見つけるために徹底的に調査した結果、彼はアルゴランドを発見しました。


Cottonは、「アルゴランド・ブロックチェーンを見つけた後、これは貴金属と、ブロックチェーン上での貴金属の直接所有にぴったりだと思いました」と語ります。





その後、Cottonは2つの製品の開発に着手しました。1つ目は、貴金属の所有権をブロックチェーンで実現することで、ゴールドやシルバーを事実上の通貨に戻すことです。第二に、その製品に加えて、実際のサプライチェーンを革新する作業を行いました。


「このイノベーションの素晴らしい点は、独自の通貨を作ったのではないということです。地球上にゴールドのデジタル・スタンダードを構築し、ゴールドのサプライチェーンに関わるすべての人がそのネットワークに参加し、真の意味でのゴールド通貨の一部となることを可能にしたのです」とCottonは説明します。


さらに、サプライチェーンの技術革新があったことで、ゴールドの取引、交換、使用が、より迅速で費用対効果の高い通貨スタイルで行われるようになりました。



現物資産をデジタルで表現する


ゴールドの所有権がデジタル資産として表現されることの意味について、Cottonは、これまで貴金属はゴールド券やシルバー券と呼ばれるもので表現されてきたと述べています。


「私たちにとってブロックチェーンとは、その証書の所有権をデジタル化することです。それがシンプルな形です」


「より強固な形では、アルゴランドの素晴らしい利点をすべて得ることができます。代替可能(ファンジブル)であり、取引可能であり、ブロックチェーンのすべての素晴らしい機能が、デジタル表現で強化されます」


「元々は紙にエンボス加工を施したものでしたが、今ではデジタル化することで非常に大きな力を発揮します」とCottonは説明します。



貴金属のデジタル化はDeFiの世界へ


貴金属の所有権をデジタル化する他の試みとMeldの主な違いは、2つの要因にあるとCottonは言います。


  • 1つ目は、ゴールド業界がテクノロジーを採用するのではなく、テクノロジーがゴールド業界を採用しようとすることです。そのためには、金地金のサプライヤーチェーン全体が効率的に連携する必要があります。

  • 2つ目の特徴は、Meldがデジタル・ゴールドの売買だけでなく、貴金属資産を世界的に保有し、世界的に換金するための分散型機能を提供することです。


「ポルトガル、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどのMeldエコシステムに参加している金地金の小売業者がいれば、金地金を預けてデジタル化し、現物の金地金を引き出すことができます。当社の長期的な考えでは、このネットワークが、ゴールドの代替通貨のエコシステムを構築し、投資家の伝統的なエコシステムとデジタル・スペースの橋渡しをすることになります」


オーストラリアのゴールド産業に精通しているCottonは、Meldの最初の拠点としてオーストラリアを選びました。


「私たちは、この点をエコシステムをしっかりとテストするための素晴らしい方法だと考えています。私たちは、自分たちが多くのことを知っていると思っていても、すべてを知っているわけではないということをよく理解しています。だからこそ、自分たちがよく知っている業界、つまりオーストラリアの業界でテストできることを嬉しく思います。製品を実際にテストし、投資家と話し、ユーザーと話し、ユーザーが製品に本当に求めているものを理解する機会を得ました」


Cottonは、Meldがすでに世界最大級のゴールド取引業者をはじめとするゴールド業界のハイレベルなパートナーと提携していることを説明し、この製品を世界に広めたいと考えています。


「Meldが世界に向けて最初の一歩を踏み出すのは、パートナーである小売業者が、ゴールドや電子証明書の換金・預託を行い、小売業者の店頭で販売するようになってからだと思います。2021年にはその最初の一歩を踏み出すことになるでしょう」



アルゴランドを選ぶ理由


Cottonはブロックチェーンを選択するにあたり、アトミック・スワップの処理能力、低い手数料、高い取引速度に魅力を感じました。


「正直なところ、アルゴランドには驚かされました。『こんなことができるといいな』と思っていたのです。そして、アルゴランドを知って、アトミック・スワップ取引のようなことができること、信じられないほどの取引速度に対応できること、そして低コストであることを知りました」


アトミック・トランザクションの処理能力が重要視されたのは、Cottonが考えるデジタル・トランザクションの将来像があったからです。


「最終的には、多くの取引の未来は第三者を介さないものになると思います。多くはピア・ツー・ピアの取引になると思います。アトミック・トランザクションはその中核となるもので、それを実現するための非常に大きな足がかりとなります」


Cottonは、アルゴランド・チェーンが提供する他の機能にも感銘を受けたといいます。


「アルゴランドには、従来の金融システムとデジタル空間のハイブリッドという点で、非常に意味のある驚くべき機能が他にもたくさんあります。アルゴランドが実際に行っているのは、大規模な導入を可能にすることと、実現できる機能の多くが規制に準拠していることです」


Cottonは、アルゴランドの機能セットに加えて、アルゴランドを支えるチームの存在も、このチェーンを採用する決定に一役買ったと述べています。


「私たちはチームの何人かのメンバーに会い、そのチームと彼らがやっている仕事を気に入りました。また、技術を愛するだけでなく、チームが素晴らしい仕事をしていると考えていることに気づきました。そのことが、アルゴランヂの将来に対する大きな確信にもつながったのです」



マイクロ・トランザクションの未来像


マイクロ・トランザクションについて、Cottonは、彼が考える通貨としての金の未来像に近いものだと考えています。


「多くの人が知らない本当に面白い事実は、ゴールドは世界のすべての国で現地通貨として額面通りに受け入れられる唯一の通貨であるということだと思います」

Cottonは、ゴールドはコストをかけずに国境を越えることができるため、特に銀行を持たないシステムや国、あるいは現在運用している通貨に苦戦している金融システムを持つ国では、ゴールドが通貨として使われるようになるという考えは現実的なシナリオだと考えています。


「これは、そのシステムの素晴らしい代替手段になると思います。そのシステムの信頼性を高め、コストを下げ、取引速度を上げることができれば、より良いシステムになると思います」



Meldの今後について


Meldはまず、2020年11月にパートナー・ネットワークで発売されました。2021年初頭に開始される小売店では、個人がデジタル通貨と直接やり取りし、ゴールドとシルバーを交換したり、地元のパートナー店で換金したりすることができます。


将来的な計画として、Cottonは、ブロックチェーンのエコシステムが可能にする、従来のエコシステムには存在しないような機能を利用して、人々がゴールドやシルバーに利子を付けられるようにしたいと語っています。


「私たちは、人々がゴールドを使ってできることを増やすことが、このプロジェクトの素晴らしい部分だと考えています。また、従来のゴールド投資家がMeldのようなものを現在の投資スタイルのための強力なツールとして利用することをサポートする要素でもあります」


Meldのシステムの特徴の一つは、ゴールドのジュエリーを販売店に持ち込むと、携帯電話でMeldのゴールドに変えることができることです。これはオーストラリアではすでに開始されていますが、Cottonは、このオプションが12ヶ月から24ヶ月の期間で米国にやってくる可能性があると述べています。



アルゴランドと金融の未来に対するビジョンの詳細については、「The Future of Global Payments」のレポートをダウンロードしてください。