https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

【ケーススタディ】Folks Financeの台頭:DeFiの新たなスタンダード

更新日:5月6日




2020年、アルゴランド上のDeFiはまだ存在していませんでした - それがベネデット・ビオンディを行動に駆り立てました。ソフトウェアハウス「Blockchain Italia」の支援を受け、彼はアルゴランドの新興経済のエンジンを構築するという壮大なビジョンを追求しました。そしてFolks Financeは2022年4月にメインネットでローンチしました。それから2年足らずで、エコシステム内のどの貸出プロトコルよりも多くのユーザーを抱え、最も高い総額(TVL)をロックし、強力な統合、インパクトのあるパートナーシップ、画期的なイノベーションの道を急速に進んでいます。


ハイライト


  • 月間利用者数9,000人以上

  • 1億7,000万ドルのTVL - 史上最高額

  • gALGOによるリキッド・ガバナンスを発明

  • xALGOリキッド・ステーキング・トークンでBNBとAvalancheチェーンに拡大

  • DeFiの資本効率に対処するためにレンディング・プールを導入

  • アルゴランドでスワップを最適化するFolks Router DEXアグリゲーターを開始。

  • 流動性乗数へのパーミッションレス・アクセスのためのUltraswapを開始



挑戦


「数年前、まだアルゴランドにDeFiがなかった頃、私たちは資本市場プロトコルの必要性を感じていました」とビオンディは言います。「どのような規模の経済にとっても必要なものだと認識していたので、すぐに取り掛かりました」。


最初の挑戦は、DeFiに慣れ親しんだ人たちだけでなく、DeFiを初めて利用する人たちにも対応できる、汎用性の高い融資プラットフォームを構築することでした。チームは、アルゴランドにおけるDeFiの需要を評価し、潜在的なユーザーのニーズを特定する必要がありました。



解決策


2021年にシード・ラウンドで300万ドルを調達した後、Folks Financeは斬新なDeFiソリューションを導入しました。「このプラットフォームの流動性提供および借入メカニズムを通じて、ユーザーは流動性を提供することで継続的な経済的リターンを得ることができ、また預託された資金を担保としてロックすることで融資を受けることもできます」とビオンディは説明します。



このプラットフォームのローン・システムは、最大限の効率性と柔軟性を確保するよう設計されており、安全マージンを維持しながらデジタル資産の貸し借りを簡単に行うことができます。「ユーザーは、安定金利と変動金利のいずれかを選択することができ、同じローンで複数の資産を担保に入れて借り入れ、任意の資産でいつでも返済することができます。借り手が不良債権化するのを防ぐと同時に、ローンは常に過剰担保で保護されています」とビオンディは言います。


Folks Financeは戦略的に、他のブロックチェーン・プラットフォームよりもアルゴランドをプロジェクトの基盤として選びました。「ブロック・スピードは数秒、スループットは超高速、取引手数料はわずか数分の一セント、コンセンサス・メカニズムは堅牢です」とビオンディは説明します。「さらに、アルゴランドは強力なスマートコントラクト機能を備えており、大多数のレイヤー1ネットワークとは一線を画しています」。



「Algorand Virtual Machine (AVM)を活用することで、Folks Financeはプロトコルの経済的な持続可能性を確保できる金融ビジネスモデルを開発しました。それはサイロ化されたマネー・マーケットの流動性プール、リスク調整されたクレジット、健全性要因、強固なインセンティブ・システムなどを含みます」とビオンディは続けます。



‍さらなる発展と成長

Folks Financeはアルゴランドの長期的な成功に注力しています。2022年7月、アルゴランド・ガバナンスへの参加を強化するため、Algoリキッド・ガバナンスを開始しました。これにより、ユーザーはgALGOを通じて流動性を保ちながらガバナンスに参加し、報酬を得ることができるようになりました。


メインネットを立ち上げてからわずか数カ月後、Folks Financeは2022年11月にプラットフォームのv2をリリースし、ユーザー・インターフェースとシステム全体を大幅に改善しました。プロトコルは、利用者を増やすためにはユーザー体験をシームレスでアクセスしやすいものにする必要があると認識していました。この時点で、ユーザーはプラットフォーム上で簡単にスワップを結び、フラッシュローンを利用できるようになりました。


Folks Financeは2023年7月、DeFiの資本効率を改善するため、レンディング・プールを立ち上げました。レンディング・プールは、PactとTinymanと共同で、レンディング市場や分散型取引所の流動性プールから得られるリターンの向上を可能にするユニークな商品です。これはユーザーだけでなく、エコシステム全体にも利益をもたらし、眠っている流動性を活性化させるものです。


同月、Folks Financeは、ワームホール技術を通じてアルゴランド・ガバナンスの報酬をBNBチェーンにもたらすクロスチェーンのリキッド・ステーキング商品「xALGO」を発表しました。BNBとアルゴランド間の初のクロスチェーンDeFiとして、xALGOは2つのエコシステム間でALGOの保有資産を活用するエキサイティングな機会をユーザーにもたらしました。さらに2023年8月には、低手数料で効率的なスワップ・ルートを提供する社内DEXアグリゲーター「Folks Router」がリリースされました。


2023年11月、Folks Financeは最大のユーロ担保デジタル資産であるEURSのサポートを開始しました。EURSの追加により、プラットフォームで利用可能な資産の多様性を高めることができました。同プロトコルでは、EURSがプラットフォームに新たな流動性を誘引し、その結果、ロックされた総価値(TVL)が増加すると見込んでいます。


2023年12月に金と銀をトークン化したものが上場されたことは、「従来の金融と分散型金融の橋渡しをする極めて重要なステップであり、DeFiローンや取引における本物の金と銀の活用を解き放つものです」とビオンディは説明します。メルド・ゴールドが提供する各トークンは、1グラムの現物の金や銀で裏付けされています。「この上場は、実世界の資産提供を拡大し、DeFiをより幅広いユーザーが利用できるようにするための私たちの献身を証明するものです」と彼は付け加えました。



成果


2023年末までに、9,000人を超える月間アクティブ・ユーザーを獲得し、1億7,000万ドルという史上最高のTVLを記録しました。Folks Financeは、ボーダレス・キャピタル、ジャンプ、パラフィ、コインベース・ベンチャーズなどのトップ投資家から支援を受けています。この飛躍的な成長は、アルゴランド・コミュニティに素晴らしいツールを提供するというFolks Financeの成功を示しています。


BNB、Avalanche、Optimism、Ethereum、Arbitrum、そしてその他に続くクロスチェーンに製品スイートを拡大することで、Folks Financeは、断片化されたオムニチェーン・ユーザーベースを整列させ、統一するためにユーザー・エクスペリエンスを向上させることで、DeFiアプリケーションの水準を高めています。


Comentarii


bottom of page