アルゴランド上のステーブルコインのユースケース



アルゴランド上のステーブルコインのユースケース


取引コストの削減、取引の確実性(ファイナリティ)、強固なセキュリティを提供する一方で、現代の金融機関の大量需要を満たすアルゴランドの能力は、市場を牽引するUSDTとUSDCを含むステーブルコインのプラットフォーム上への増加につながっています。ステーブルコインの詳細と多くの人がアルゴランドを選択している理由については、こちらの記事をご覧ください。


アルゴランドのステーブルコインの完全なリストと、グローバル金融で最も有望なステーブルコインのユースケースをご覧ください。



ステーブルコインとは?


資産のボラティリティは、特定の状況(利回りを得ようとしているときなど)では説得力のある特性になりますが、アイテムの価値を説明しようとしているときや、資産が交換媒体として使用されているときには、有用な特性ではありません。価格が大きく変動する多くのデジタル資産とは異なり、ステーブルコインはその名の通り、価格の安定性を提供します。ステーブルコインは一般的に、比較的変動の少ない資産に裏付けられたデジタル資産として定義されるようになりました。


価格の安定性は、通常、法定通貨またはコモディティ(商品)のいずれかの形で、ステーブルコインを準備資産で支えることで達成されます。例えば、USDコイン(USDC)は、米国の金融機関に保有されている米ドル準備資産によって1対1で裏付けられています。


ステーブルコインは、安定した価値を維持するように設計されたデジタル資産の一種であり、通常は法定通貨またはコモディティにリンクしており、取引や会計の際に商品市場に適しています。


現在では、国境を越えた支払いから、アクセスできない人々のための銀行のインフラとして機能するまで、ステーブルコインは現実世界で使用されており、世界中でその人気が高まっています。



アルゴランド上のステーブルコイン一覧


アルゴランドのブロックチェーン上には、すでに以下のステーブルコインがあります。


テザーUSD(Tether USD)


テザーは、2014年に時価総額最大のステーブルコイン「Tether USD」をローンチした、市場をリードするステーブルコイン発行会社です。それ以来、USDTはその先発者としての優位性を維持し、暗号資産のトレーダーや投資家にとっての主要なステーブルコインとしての地位を確立することができました。


USDコイン(USD Coin)


USDCは、業界のパイオニアであるCoinbaseとCircleによって立ち上げられた、完全に留保された米ドル建てのステーブルコインです。各USDCは、規制された米国の金融機関に保有されている米ドル準備金によって1対1でバックアップされており、保有者に最大限の透明性を提供するために、世界的な大手監査法人による毎月の認証を受けています。




リアリオUSD(realioUSD )


リアリオは、不動産などの非流動性投資へのアクセスを民主化する資産トークン化プラットフォームです。ユーザーがそのプラットフォーム上でトークン化された不動産投資にシームレスに投資できるようにするために、リアリオはrealioUSD(rUSD)と呼ばれる米ドル建てのステーブルコインを開始しました。


QCAD


ステーブルコープ(Stablecorp)は、世界初の完全準拠のカナダドル・ステーブル「QCAD」を開発した企業です。ステーブルコープがアルゴランドを選んだのは、企業や消費者向けの新しい拡張性のあるステーブルコインの実装を模索するためでした。さらに、QCADはアルゴランドで発行された初の非米ドル建てステーブルコインであり、ネットワーク上での米ドル/カナダドルの合成取引ペアを可能にしています。


モネリウム(Monerium)


モネリウムは、完全なライセンスを取得した電子マネー・フィンテック企業で、ユーザーが個人と企業間でデジタル通貨の取引ができるデジタル通貨プラットフォームを提供するとともに、アイスランドのデジタル・クローナ、デジタル・ユーロ、デジタル英ポンドの国境を越えた交換を容易にすることを目指しています。


メルド・ゴールド(Meld Gold )


メルド・ゴールドはアルゴランド・ブロックチェーン上で金を担保にしたステーブルコインを発行しており、取引のスピードと効率を向上させるだけでなく、金のサプライチェーンを合理化することで、世界中のすべての人に投資機会を開放しています。メルドがどのように金属業界の摩擦を動かしているのか、以下の動画でご覧ください。




MESE USD Exchange Token


MESEは、ブロックチェーンを利用したマイクロ株式取引所で、投資家が選択した銘柄のごく少量を購入できるようにしています。MESEは、プラットフォーム上での取引を容易にするために、MESE USD Exchange Token (USD-MESE)と呼ばれるアルゴランド・チェーン上のステーブルコインを発行しました。


マーシャル諸島CBDC (SOV)


マーシャル諸島SOVは、太平洋諸島の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であり、近い将来、アルゴランドの支援を受けてローンチされる予定です。アルゴランド・ブロックチェーンは、そのスピード、スケーラビリティ、セキュリティだけでなく、必要なコンプライアンス・コントロールと主権を持つデジタル通貨に必要な取引の確実性を実現する能力を備えていることから、マーシャル諸島政府によって選ばれました。


トランスフェロ(Transfero)


トランスフェロ・スイス(Transfero Swiss AG)は国際的な金融サービス会社であり、ブラジル人が自国通貨に裏付けされたグローバルなステーブルコインへのアクセスを提供するために、世界初のブラジル・レアル・ステーブルコイン「ブラジル・レアル・デジタル・トークン(BRZ)」を開発しました。




アルゴランドでのステーブルコインの使用例


瞬時の取引の確実性を提供するスケーラブルで安全な完全分散型ブロックチェーン・ネットワークをリードするアルゴランドの革新的なデザインは、市場をリードするUSDTとUSDCを含む多くのステーブルコインを魅了してきました。急成長中のアルゴランドのエコシステムと先進のアルゴランド技術にステーブルコインを組み込むことで、金融や経済的な用途の拡大を可能にしています。


以下に、ステーブルコインの採用の主要なユースケースをいくつか紹介します。



決済(クロスボーダー決済を含む)


安定した価値を確実に交換し、保存する手段として、ステーブルコインは現代の金融システムにとって不可欠な要素です。デジタル通貨がなければ、世界の他の地域に資金を送るのは時間がかかり、コストもかかります。ステーブルコインは、SWIFTや送金業者と比較して、はるかに速いスピードで世界中で取引ができ、コストもわずかなものです。これは、世界的な価値の交換に大きな意味を持ちます。


アルゴランドのブロックチェーンは、Eコマース・プラットフォーム向けのBleumiの決済ソリューションや、ユーザーフレンドリーな機能を備えたアルゴランド・ウォレットなど、企業や消費者がデジタル通貨での取引を簡単かつ簡単に行えるようにする多数のプラグインをサポートしています。


暗号資本市場へのアクセス


ステーブルコインは、暗号資本市場における主要なオンとオフのランプとして機能します。Archax、Coinbase、Huobiなどのアルゴランドに接続されたプラットフォームは、デジタル資産投資の世界への重要なゲートウェイをユーザーに提供しています。


もう一つの例として、 Republicは、アルゴランドを活用した投資プラットフォームで、従来はベンチャーキャピタリストや機関投資家のために留保されていたユニークな投資機会へのアクセスを誰にでも提供しています。


決済レイヤ


アルゴランドの特徴は、それがクリプトOTC取引の決済レイヤとして機能するステーブルコインのための最適なネットワークになることを可能にします。暗号トレーダーは、歴史的に、主にイーサリアム・ネットワークでの取引がクリアされるまで、取引所から取引所への資金移動を待たなければなりませんでした。現在では、アルゴランドベースのズテーブルコインを活用することで、トレーダーは実質的にゼロコストで瞬時に取引所間で資金を移動することができます。


ブロックチェーンを利用した市場での利回りへのアクセス


未来の金融(FutureFi)市場は、ブロックチェーン技術、暗号通貨、スマートコントラクトを活用して、新しい資産を創造し、伝統的な資産をより効率的にすることで、伝統的な金融サービスを強化・拡大するインターネット・ネイティブの金融エコシステムです。


分散化された借り入れや貸し出しから、デジタル資産取引プールでの流動性の提供まで、FutureFiは、暗号に精通した投資家がデジタル資産を保有することで利回りを生み出す新しい方法を提供します。ステーブルコインは、利回りを生成するプロトコルで担保として使用するために最も人気のある資産の一つとなっています。


アルゴランドには、ユーザーがステーブルコインなどの暗号通貨を貸し出して最大9.5%のAPR(年利)を得ることができる暗号通貨取引プラットフォーム「Voyager」などのプラットフォームがあります。


銀行


世界の人口の大部分が銀行サービスを利用できない中、ステーブルコインは、誰もが金融サービスにアクセスできるように、アルゴランド上に構築された包括的でアクセス可能なプラットフォームです。アルゴランドのようなオープンで分散型のシステムでは、わずかな取引手数料でマイクロペイメントの扉を開くことができ、アクセスの障壁はすぐに低くなります。これらの高性能ネットワーク上のステーブルコインは、ユーザーに資金の完全な保管と24時間365日の金融サービスへのアクセスを提供します。アルゴランドのパートナーのエコシステムを通じて、ユーザーはネットワークへの接続を最小限に、または全く行わずに、資金にアクセスして支払いを行うこともできます。


価値の貯蔵


通貨の弱体化などの経済危機に直面したとき、ステーブルコインのプラットフォームは世界を変えることができます。アルゴランドのブロックチェーン上で利用可能なステーブルコインは、自分の財政をコントロールし、貧しい経済状況を回避する機会を提供しています。



追加資料:ステーブルコインと決済


ステーブルコインとは何か、そしてなぜアルゴランドはステーブルコインのための主要なプラットフォームなのか?


ステーブルコインの基本と、アルゴランドのアーキテクチャがステーブルコインのような資産をどのように強化しているかについてもっと学びたい方は、バリー・フィンケルステインによる「銀行とフィンテック向けステーブルコイン入門」をチェックしてください。


>銀行とフィンテック向けステーブルコイン入門



レポート:グローバル決済の未来


アルゴランドは先日、OMFIF DMI、Citi、Mastercard、Novi(Facebook)、PayPal、SWIFTなどと提携し、決済の未来がどうなるかを検証する画期的な業界レポートを発表しました。68ページに及ぶこの報告書は、中央銀行と規制当局が直面している課題と機会についての意見を調査し、決済の未来がどこに向かっているのかを明らかにしています。


レポートをダウンロードするには、このリンク先のフォームに必要事項を記入してください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/stablecoin-use-cases-on-algorand