【プロジェクト紹介】Dequency(ディクエンシー):音楽シンクロ権プラットフォーム



Dequency(ディクエンシー)


Dequencyは、世界初のブロックチェーンを利用したシンクロ権(synchronization licensing)プラットフォームです。


*「シンクロ権」とは、音楽とテレビCM、映画、ビデオ・DVD等の映像を同期(シンクロ)させて録音する権利のこと。


<カテゴリー>

サービスプロバイダー

MetaVerse(メタバース)

NFTプロジェクト


<概要>

Dequencyは、クリエイターが互いに発見し合い、オーディオ・ビジュアル・プロジェクトで簡単にコラボレーションできる分散型エコシステムを構築しています。このプラットフォームでは、音楽権利者は自分の音楽をライセンス提供することができ、映像アーティストはNFTやメタバース・コンテンツなどの映像プロジェクトでカタログから音楽を使用するライセンスを取得することができます。Dequencyのライセンスはすべてスマートコントラクトであるため、クリエイターへの即時支払いを容易にし、従来音楽ライセンス会社が徴収していた手数料を最小化することができます。また、proof-of-tasteプロトコルにより、コミュニティメンバーである「Tastemakers」は、音楽の品質、潜在的な人気、プラットフォームやコミュニティとの関連性の評価に貢献することで暗号通貨を獲得することができます。


<Algorandの使用方法>

DequencyライセンスはAlgorandブロックチェーン上でミントされ、初期ユーザーはALGOを使用して取引します。


https://dequency.io/



Algorand Ecosystem Directory

https://ecosystem.algorand.com/project/dequency



<関連記事>

2021年12月10日 Dequency、アルゴランド・ブロックチェーン上で初の音楽シンクロ権スマートコントラクトを実行


2021年10月27日 デジタル・ミュージックのパイオニア、ジョージ・ハワード(George Howard)がアルゴランドのアドバイザーに就任