Yieldlyが更新した2021/22年のロードマップは、アルゴランドでのクロスチェーン流動性の新時代を示唆



Yieldlyが更新した2021/22年のロードマップは、アルゴランドでのクロスチェーン流動性の新時代を示唆

2021年7月30日


Yieldlyの更新されたロードマップの根底には、摩擦のないクロスチェーン流動性という1つのコア・ビジョンがあります。



2021年6月5日、アルゴランドは、エコシステムのために設計・開発された世界初かつ唯一のDeFiアプリケーションであるYieldlyのDeFi製品群を正式に発表し、重要なマイルストーンを達成しました。Yieldlyの第一世代の製品がローンチされて以来、チームは次の重要なビルド・サイクルに向けて静かに準備を進めてきました。今後数ヶ月間は、Yieldlyの規模を拡大し、DeFiの摩擦点をなくすための信じられないような(そして継続的な)機会となります。そのために、チームは2021/22年の最新ロードマップと、来るべき第2世代の製品群を発表します。


この新しいロードマップは、摩擦のないクロスチェーン流動性というYieldlyの目標を論理的に表現したものです。ぜひご覧ください。この長いブログ記事には、今後発ローンチされる各製品の包括的な内訳が記載されていますので、これから始まる素晴らしい旅を理解することができます。また、YieldlyがアルゴランドでのDeFi成長の次の段階に向けて構築している理由について興味がある方は、こちらをご覧ください。さあ、始めましょう。



これまでの道のり


今後の展開を理解するためには、Yieldlyのこれまでの歩みを振り返ることが重要です。アルゴランドにミッション・クリティカルなインフラを構築するという挑戦は、決して控えめなものではありません。チームは、これまでの成果を誇りに思っています。2021年第1四半期以降、Yieldlyは重要なマイルストーンを達成し、以下のような複数の世界初のものを提供してきました。


  • Longhash x Algorand Asia Acceleratorを卒業

  • トップVCによるプライベート・ラウンドの成功

  • Halbornによるスマートコントラクト監査に成功

  • 損失なし宝くじゲーム(TEAL 3)

  • Chainlink VRFの統合

  • ASAステーキング・プール(TEAL 3)

  • ASA - ERC20ブリッジ (TEAL 3)

  • ASAで初めてUniSwapプールを開始

  • アルゴランドで初のIDO(申込み超過)を実施

  • YLDYがMEXCグローバルに上場

  • カーボン・ニュートラルの目標設定

  • アルゴランド史上最大のエアドロップ(16百万YLDY)

  • ASAプロジェクトで初めてEsportsと提携

  • 初めて25,000,000,000以上のALGOをステーク

  • 最初の200,000以上の取引



ロードマップの新旧比較:何が変わったのか、なぜ変わったのか


Yieldlyは、2021/22年のロードマップを更新しました。その理由は、アドレス可能な範囲が拡大していること、TEAL 4がより多くの機能を可能にしていること、未開拓の資産や市場がユーザーの利益のために活用されていることです。大まかに言うと、新しいロードマップは4つの重要な点で以前のロードマップと対照的です。


  1. まず、更新されたロードマップの特徴は、ダイナミックなステーキング・プールと、他のプロジェクト(ASA、ERC-20など)に対する世界初のブリッジ・ソリューション(ASA-ERC20)です。それに加えて、YLDYプラットフォームでのALGOの購入や、アルゴランドでの標準化されたNFTの統合など、より斬新な追加要素があります。

  2. 次に、ロードマップの更新では、2022年第1四半期にローンチ予定のゲームチェンジャーであるYLDY <> ALGO Swapが登場します。この製品は、アルゴランドでの本格的なDeFiへの道を開き、コミュニティに新たなレベルの自由をもたらします。

  3. 3つ目は、Yieldlyのビジョンが現在よりもさらに複雑なスマートコントラクトを必要としているため、ロードマップの更新にTEAL 4製品のアップグレードが含まれていることです。Yieldlyの第一世代の製品群(6月にローンチ)では、TEAL 3のコントラクトはしばしば利用可能な機能の限界に達しており、チームはいくつかの分野でUXの妥協を余儀なくされていました。しかし、最近ローンチされた「TEAL 4」では、妥協することなく、より優れたUX機能とより洗練されたプログラムを実現しています。

  4. 最後に、Yieldlyの製品ローンチ・プロセスは、ユーザー中心のアプローチを拡大します。限られたアーリー・アダプターを対象に、Yieldlyは積極的かつ構造的な方法でユーザーの優先事項やフィードバックを収集します。また、製品のローンチにあたっては、複数のフェーズを経て段階的に展開していきます。Yieldlyは一日にして成らずですが、2021年第2四半期に得た教訓をもとに、チームはシームレスなクロスチェーンの価値交換というミッションに向けて絶え間なく努力しています。



更新されたロードマップ要約:将来


ここでは、次の3四半期(2021年から22年)に予定されているローンチのトップレベルのリストを紹介します。この要約に続いて、これからローンチされるすべての製品の瞬間をより詳細に見ることができます。


  • 瞬時に近いダイナミックなステーキング

  • パートナーASAステーキング・プール(同一トークン・プールの自動補填)(TEAL 4)

  • NFT賞品

  • アプリでのALGO購入

  • 拡張されたASA - ERC20ブリッジ(TEAL 4)

  • パートナーASA - ERC20ブリッジ(TEAL 4)

  • 損失なし賞金ゲーム(TEAL 4)

  • ASAステーキング・プールの自動補填(TEAL 4)

  • 複数勝者の賞金プログラム

  • YLDY - POLYブリッジ(TEAL 4)

  • YLDY - BSCブリッジ(TEAL 4)

  • YLDY <> ALGOスワップ

  • アルゴランドでの標準化されたNFTの統合



新しいロードマップの詳細な内訳



パートナーASAステーキング・プール(同一トークン・プールに対する自動補填) (TEAL 4)

タイムライン: Q3 2021

依存関係: 公的監査と内部監査。公開のタイミングは、公的監査人の進捗状況とタイミングに強く依存。パートナーは未定。

作業内容: TEAL 4の技術アップグレード。


Yieldlyは間もなく、アルゴランドで最初のパートナーASAステーキング・プールを提供する予定です。これは、初期段階の戦略的提携です。Yieldlyは、評判の良い、真剣なASAプロジェクトのすべてに、ダイナミックなステーキング・プールを提供したいと考えています。


その目的は、新興のASAベースのトークン・プロジェクトがアルゴランドでの開発、トークンの実用性、ユーザーの採用を促進することです。各パートナーシップは、2つのプールを起動します。1つ目のプールでは、お客様がYLDYをステークしてパートナーのネイティブ・トークンを取得することができます。2つ目のプールでは、パートナーのネイティブ・トークンをステークして取得することができます。


TEAL 4では、同じトークン・プールにステークすると、1分ごとの報酬と自動補填プールが得られます。第2世代のプール(今回のパートナーシップ製品に限らない)では、セキュリティの強化、よりコンパクトな機能、より優れた分配スキーム(数学の再構築)が得られます。



NFT賞品

タイムライン: Q3 2021

依存関係: 該当なし

作業内容: アルゴランドでNFTを作成(ミント)。


NFTの市場と関心は急上昇しており、Yieldlyが毎週開催している「損失なし賞金ゲーム」では、間もなくNFTの賞品を提供する予定です。アルゴの賞金に加えて、毎週の勝者には、NFTが提供するデジタル所有権と希少性が与えられます。このNFT賞を提供するために、多くの業界初のパートナーシップが生まれることを期待しています。Yieldlyの報酬を生み出す性質と、NFTのような証明可能な希少性のあるデジタル商品との組み合わせは、非常にエキサイティングなものです。



アプリでのALGO購入

タイムライン: Q3 2021

依存関係: パートナーは未定。

作業内容: アプリの統合とオンボーディング。


完全に統合された真にグローバルなカード・トゥ・クリプト・サービス(カード決済)が、まもなくYieldlyプラットフォーム上で利用できるようになります。Yieldly上で直接、ALGOをフィアット通貨で購入することができるようになります。


ALGOサポートの追加は、Yieldlyでの真のユーザー中心の体験に向けたもう一つのステップであり、参入障壁を大幅に下げるものです。これは、支払い方法としての暗号通貨が主流になりつつあることを示す、シンプルかつ強力な追加機能です。



拡張ASA - ERC20ブリッジ (TEAL 4)

タイムライン: Q3 2021

依存関係: 公的監査と内部監査。公開のタイミングは、公的監査人の進捗状況とタイミングに強く依存。

関係する作業: TEAL 4の技術アップグレード。


Yieldlyの世界初のASA - ERC20ブリッジ(6月に開始)は、TEAL 4の技術的アップグレードを受け、アルゴランドのクロスチェーン相互運用性の新しい基準を設定します。現在のイテレーションは進行中ですが、TEAL 4のコントラクトは、すでにより有望なユーザー・エクスペリエンスを示しています。一部の広範なバックエンド・サービスは、新しいTEAL 4コントラクトに合わせてアップグレードする必要がありそうです。チームからの明確なコミュニケーションと、アップグレードのためのダウンタイムが発生しますが、TEAL 4のアップグレードがユーザーのフローに大きな影響を与えることはありません。



パートナーASA - ERC20 ブリッジ (TEAL 4) (ベータ版のリリース)

タイムライン: Q3 2021

依存関係: 公的監査と内部監査。リリースのタイミングは、公的監査人の進捗状況とタイミングに強く依存。パートナーは未定。

作業内容: TEAL 4のテクニカル・アップグレード。オンボーディング・プロセスと継続的なメンテナンス。パートナーのラップ型ERC20トークンの作成。


Yieldlyの世界初のASA-ERC20ブリッジにより、他のプロジェクトのネイティブ・トークンがアルゴランドとイーサリアムの間をシームレスに行き来できるようになります。他のプロジェクトをYieldlyのASA-ERC20 TEAL 4ブリッジ・コントラクトにオンボードすることで、それらのプロジェクトはスケールアップし、DeFiの相互運用性の問題をさらに解決することができます。


Yieldlyは、ASA-ERC20ブリッジをパートナーのネイティブ・トークンに較正し、内部のバリデーターを介して維持します。常にパートナーの流通供給量がバランスされているため、イーサリアムとアルゴランドの間を行き来する際に、パートナーのネイティブ・トークンが漏れることはありません。ブリッジのために確保されたプロジェクトの現在のリストは未定です。


Yieldlyが自社で開発した実証済みのクロスチェーン・ソリューションは、これまで資金力のある他の組織がすべて逃れてきたものです。このブリッジ製品は、1つのチェーンにつき100のトランザクションを同時に検証することで、高速で最終的な安全性を実現しています。この製品を他のプロジェクトに提供する準備が整い、興奮しています。



損失なし賞金ゲーム(TEAL 4)(ベータ版発売)

タイムライン: Q4 2021

依存関係: 公的監査と内部監査。公開のタイミングは、公的監査人の進捗状況とタイミングに強く依存。

関係する作業: TEAL 4の技術アップグレード。既存の「損失なし懸賞ゲーム」(TEAL 3)ユーザーのための移行戦略。


Yieldlyは、報酬のある「No-Loss Prize Game」をTEAL 4契約でアップグレードします。その際、明確な移行戦略を発表し、既存のユーザーには第一世代の契約(TEAL 3)から第二世代の契約(TEAL 4)への移行を十分に予告します。第一世代の「負けなし賞金ゲーム」の報酬分配が停止されるため、移行が必要となり、ユーザーは早めに移行することが奨励されます。



ASAステーキング・プールの自動補填(TEAL 4)

タイムライン: Q4, 2021

依存関係: 公的監査と内部監査。公開のタイミングは、公的監査人の進捗状況とタイミングに強く依存。

作業内容: TEAL 4の技術アップグレード。既存のYLDYプール(TEAL 3)ユーザーの移行戦略。


前身のTEAL 3から大幅に改良されたTEAL 4コントラクトの恩恵を受けて、YLDYをステークすることができます。 この新世代のYLDY-YLDYステーク・プールでは、1分ごとの報酬、自動補填、セキュリティの向上を楽しむことができます。


TEAL 4の技術アップグレードには、移行戦略が必要です。第一世代のYLDYプールでステーキングしていた人は、どのようにして退出し、その結果TEAL 4のステーキング・コントラクトに参加するかを案内されます。チームの安全なオプトアウト/クローズアウト・ロジックにより、既存のユーザーは新しいアカウントを作ることなく、アカウントをクリアして異なるプールに入ることができます。移行が必要なのは、一定期間が経過すると報酬の配布が停止し(十分な警告あり)、それらの報酬はその後、新世代のプールに移されるからです。



複数当選者プログラム

タイムライン: Q4 2021

依存関係: 公共および内部監査

関係する作業: TEAL 4の技術アップグレード。


Yieldlyは、損失なし賞金ゲームTEAL 4の契約に複数当選者プログラムを実装します。この開発は、TEAL 3の限られたコントラクト・サイズでは合理的に実現できませんでした。 TEAL 4では、Yieldlyの新しい、より公平な報酬分配モデルが、毎週のALGOステーキング・プールにおける元々の一人勝ちのアプローチに取って代わります。これは、複数の勝者を求めるコミュニティの要望に応えるものです。


複数当選者プログラムでは、クジラが他の参加者のチャンスを薄めてしまうことを減らし、各参加者の当選確率を3倍にします(賭け金の大きさによる)。3名の当選者は、以下のような段階的なシステムで選ばれます。


  • 金賞は、すべてのチケット・ホルダーの中から選ばれ、発生した報酬の70%を受け取ります。

  • 銀賞は、ALGOの賭け金の中位(最高$100kのALGOの賭け金)から選ばれ、発生した報酬の20%を受け取ります。

  • 銅賞は、ALGOの賭け金の低い範囲(賭け金10kドルまで)から選ばれ、未収報酬の10%を受け取ります。



YLDY - POLY ブリッジ

タイムライン: Q4 2021

依存関係:公開および内部監査。

関係する作業: TEAL 4 のテクニカル・アップグレード。Polygon用のラップド・トークンを作成。


世界初のPolygon拡張は、イーサリアムだけでなく、ブロックチェーン全体の相互運用性を高めたいというYieldlyの思いを示しています。チームは「ブロックチェーン戦争」には興味がありません。むしろ、Yieldlyの双方向バランス・スワップ機能は、さらなる窮屈さを解消し、エコシステムを統合する役割を果たします。ASA-POLYブリッジをYieldlyのアルゴランド・ベースのプラットフォームにネイティブに統合することで、完全な相互運用性を享受しながら、Polygonのレイヤー2ソリューションと爆発的な成長を活用することができます。



YLDY - BSCブリッジ (TEAL 4)

タイムライン: Q4 2021

依存関係: 公共および内部監査

関係する作業: TEAL 4の技術アップグレード。新しいチェーン用のラップトークンの作成。


アルゴランドを他のエコシステムに橋渡しし、アドレス可能なネットワークを拡大することは、常にYieldlyの重要な目的の一つでした。目標は、TEAL 4で構築されたYieldlyの洗練されたブリッジを活用し、それをBinance Smart Chainに隣接させることです。特定のプロトコルへの新しいブリッジのたびに、ラッピングされたYLDYトークンが鋳造され、新しいチェーンの金庫に入れられます。これらのトークンを入手する唯一の方法は、Yieldlyのブリッジ・バリデータを経由することです。



YLDY <> ALGOスワップ

タイムライン: Q1 2022

依存関係:2つの公的監査と1つの内部監査

作業内容: TEAL 4のコントラクトを書いてテスト。フロントエンドを開発


YLDYとALGOをYieldlyプラットフォーム上で直接売買できるようになることを、コミュニティは待ち望んでいました。Automated Market Maker (AMM)の創設に似て、Yieldlyが予定しているYLDY <> ALGO Swapは、高速で安全かつ安価なトークン・スワップ・システムとなります。間もなく、YLDYとALGOを始めとするASAトークンで流動性プールを作り、それを相手に取引を行い、彼らのデポジットとのコンポーザビリティを活用することができるようになります。


なぜこの製品は1回ではなく2回の公開監査が必要なのでしょうか?アルゴランドのエコシステムへの重要な貢献は、特にこの製品を正しく理解するために必要な可動部品の数が多いため、複数の目で見るべきです。YLDY <> ALGOスワップは、チームにとって最大の課題であり、ロードマップ上の偉業です。


中心となる開発者たちは、最良のビルドを模索し、技術と実際の使用の間のギャップをどのように埋めるかを検討しています。Uniswapが大きなインスピレーションの源であることは間違いありませんが、そのバリエーションは急速に進化しています。したがって、カスタマイズはTBCです。



アルゴランドに標準化されたNFTを統合

タイムライン: Q1 2022

依存関係: 公的監査と内部監査

作業内容: NFTの標準化の実現可能性を調査・検証


現在、アルゴランドではNFTに対する強い需要がありますが、ASA NFTの正式な規格はまだありません。これは、アルゴランドのエコシステムを成熟させ、新規参入者に採用してもらうためのハードルとなっています。Yieldlyは、アルゴランドのエコシステムの参加者が最終的にどのようなNFT標準を構築するのかを模索しており、ユーザーがいちいちASA NFTにオプトインしなければならないという手間のかかる要件を排除するものです。


これは、エコシステムのパートナーにとって、自明ではない技術的な課題であると考えています。したがって、チームは主要な参加者と協力して、YieldlyのEsportsパートナーなどのためにNFTの標準を統合する予定です。



最後に


この記事を最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした。チームは、今後数週間のうちに、多くの第二世代製品に関する情報を公開する予定です。いつものように、Yieldlyのソーシャル・チャネルをフォローして、最新のニュースを入手してください。チームは、コミュニティの皆様の関心とご支援に永遠に感謝しています。



元記事:https://yieldly.finance/yieldlys-updated-2021-22-roadmap/