Yieldly - AMAまとめ



Yieldly - AMAまとめ


JtInvestsInYouとYieldlyの創業者兼CEOであるSeb QuinnのAMAを見逃した方のために、取り上げられた質問と、セッション中に時間が取れなかったその他の重要なポイントをまとめてみました。



質問1

多くの人がこのような質問をしていますが、Yesportsとは何か、突然出てきたように感じますが?


昨年、Yieldlyは、Yesportsのビジョンと製品を構築するために、Polygon Studiosから助成金を受けたことを発表しました。私たちは、その発表がYieldlyのコミュニティに十分に届いていなかったかもしれないと理解しています。私たちは、今回のことを教訓とし、今後もコミュニケーションを成長させ、進化させていきます。


誤解を恐れずに言えば、私たちがコラボレーションを成功させているesportsパートナー(Zipmexとの共同ローンチでは、取引所での取引量が顕著に増え、トークン保有者数も数千人単位で増加しました)は、私たちのDeFi製品の活動を気に入ってくれており、私たちは彼らのユーザーベースを活用してDeFi製品を提供していきます。


また、パートナー企業がやりたいことは、ユーザーをWeb3に引き込み、Solana(FTXが2億ドルでチームをスポンサーしている)で起きているようなことに対抗できる製品を提供することです。彼らはNFTを、ファンを巻き込んで旅をさせるためのツールと考えており、このビジョンを実現するために我々の協力を求めていました。


私たちは、AlgorandのDeFi企業がesportユーザーとファンのためのNFTマーケットプレイスを構築するために、これがどのようなものかを検討し始めました。しかし、Algorand上で構築されたNFTと、例えばEVM上で構築されたNFTとでは、技術的な能力にギャップがあります。私たちのパートナーが必要とする重要な要件がありました(OpenSeaへのウォレット接続など)。Esportsチームは、まだ発展途上のエコシステムを使ってユーザーをNFTに引き込むことはできないと、非常に消極的に、あるいは断固として主張していました。彼らが求めていたのは、世界最大のNFTエコシステムとユーザーベースを利用した製品であり、それによって彼らのファンが容易に参入できるようにすることでした。とはいえ、私たちは、クロスチェーンのNFTマーケットプレイスには意味があると確信しています。そこで、2021年第3四半期にジャクソン・デラハントをリーダーとする新しい開発チームを立ち上げ、Polygon上のNFTマーケットプレイスとAlgorand上のNFTマーケットプレイスの両方を構築することにしました。


変わらないのは、Yieldlyのコア製品を使ってDeFiのユースケースを紹介し、その道筋を作ることに対するesportsチームの関心です。このようなユーザーの採用が増えれば、明確な相互運用性が実現するという我々の見解をさらに裏付けることになります。


ここで重要なことは、当社が最初の製品の一つとしてブリッジを構築したのには理由があり、今後もエコシステムを一つにまとめたいと考えていることです。私たちのホームはAlgorandであり、Algorandの技術が私たちのサポートと継続的な献身によって発展していく中で、私たちは喜んでこの2つの世界を一つにしていきます。



質問2

YieldlyがYesportsをAlgorandではなくPolygonで先にリリースするのはなぜですか?この動きは、Algorandから離れることを意味するのでしょうか?


私たちは、技術的に素晴らしい可能性を秘めているAlgorandを全面的に信頼しています。しかし、Algorandのインフラに関する技術的な現実は、まだYesportsのパートナーの仕様を満たすことができないということです。NFT規格がないこと、EVM対応チェーンやそのNFTエコシステムとの相互運用性がないこと、Metamaskとの統合ができないことなどがその限界です。


しかし、YieldlyとYesportsの間には、YLDYをステークしてYESPの報酬を得ることや、NFT賞金ゲーム、Polygon <> Algorand Bridgeなど、エキサイティングなオーバーラップの計画があります。


私たちがドアに足を踏み入れ、Algorandが追いついたら、私たちはこの2つを融合させる最高のポジションにいます。Yieldlyは常にマルチチェーンの世界のために、そしてその世界について考えてきました。それが夢なのです。



質問3

YieldlyにはYLDY ERC20があるのに、なぜYesportsのために新しいYESPトークンを作るのですか?


YLDYからのYESPは、2つのコアな理由から2つの別々のトークンとなっています。


第一に、トークンはその固有の実用性と基盤を中心に形作られる必要があります。YLDYトークンは、YieldlyのAlgorand上のDeFi技術を核としており、ゲーム化された方法でステーク、スワップ、ブリッジ、トランザクションを行うことができます。YESPトークンは、EVMと互換性のあるチェーン上のweb3用に特別に設計されており、esportsチームとファンに捧げられた世界を統治し、特定の決定を下すのに役立ちます。


第二に、Yesportsのパートナーや支援者が指示する事柄です。同じトークンを2つの別々のビジネスに使用することの商業性は成り立ちません。YLDYトークンを使って、Yesportsがトップのesportsチームを持続的にスポンサーしたり、トップのVCと提携したりすることはできません。



質問4

今回の資金調達で、Polygon StudiosとAsia Acceleratorとの間に利益相反はありますか?


コンフリクトはありません。この分野の多くの人と同様に、私たちはテクノロジーを構築しており、1つ以上のプロジェクトやユーティリティー・トークンを持っています。実際に、昨年私たちを支援してくれたVCパートナーの多くは、Yesportsを支援しているのと同じです。



質問5

iYLDYガバナンス・トークンを提案した背景には、どのような考えがあり、なぜ新しいトークンなのでしょうか?


iYLDYの思考プロセスは以下の通りです。


昨年中、私たちは、「クジラ」が頻繁に賞金ゲームを獲得しているというコミュニティの懸念に耳を傾けました。しかし、これまで述べてきたように、小規模なYLDY保有者がジャックポットを獲得するチャンスが増えるように、スマートコントラクトの仕組みを根本的に変えることはできません。これは技術的な問題であり、すべての人がステークして報酬を生み出す能力を損なうことになります。そこで私たちは、競技場を公平にするための他の方法を考え始めました。


また、ガバナンスに対するコミュニティの要望にも共感しました。ガバナンス(iYLDY)とユーティリティー・トークン(YLDY)を分けることは、クリプトの世界において非常に意味のあることでした。これは、プラットフォームの成長の方向性について発言権を持ちたいと考えている、実際の熱烈な支持者とファンを分けるものです。さらに、iYLDYは、YLDYと同じように取引できるトークンとして提案されたものではありません。


私たちは、Yieldlyの歴史的な使用に重きを置いたガバナンス・トークンを望んでいました。ブロックチェーンの美しいところは、透明で不変的な記録を提供してくれることです。私たちは、ユーザーが過去にどれだけYLDYを保有していたか、また、ユーザーがどれだけ頻繁に私たちのプラットフォームを利用していたかなどを知っています。


上記が、このシステムの背景にある考え方なのです。しかし、iYLDYに関するコミュニティの懸念を聞いており、それが実施されるかどうかについては、皆様にご判断いただきたいと思います。提案されているiYLDYに関する情報を公開し、その情報をもとに皆さんに議論していただき、ソーシャルで投票していただきます。最終的には、コミュニティが望まなければ実現しません!そのように考えています。



質問6

昨年、YieldlyはesportsチームのFact RevolutionとBoom EsportsとのNFTパートナーシップを発表しましたが、これらのパートナーシップはPolygonに移行したのでしょうか?


Fact RevolutionとBoom esportsのパートナーシップは、最終的にはAlgorandとPolygonの両方に交わることになります。これらの初期のパートナーシップは、ゲーマーとクリプトの間に潜在的な関係や人口動態のクロスオーバーがあることを当社が長年にわたって評価してきたことの証です。もし、クリプトに触っていないネイティブのesportsファンをYieldly DeFiやYesports Web3に導くことができれば、それは私たち全員にとって大きな利益となります。



質問7

チームはYesportsにどのようにリソースを割き、構築しているのか、またそれはYieldlyのロードマップや計画にどのような影響を与えるのか?


YieldlyのリソースとYesportsのために調達した資金との間には、非常に明確な区別があります。したがって、YesportsがYieldlyのフォーカスやロードマップに影響を与えたり、それを奪ったりすることはありません。Yieldlyのロードマップのいくつかの項目(例:NFT Marketplace)は遅れていますが、これは、製品の発売スケジュールをいかに積極的に進めるか、我々のプラットフォームの完全性をいかに強く感じているか、そしてもちろん、我々のユニークなユーザー体験の結果です。


Yieldlyのリソースは、開発者チームとリーダーシップレベル(COO、マーケティング、広報など)を成長させるために使用しました。


Yesportsは、 Polygon Studioのビルダーズ・グラントを幸運にも受けることができました。特筆すべきは、我々はYesportsをAlgorandエコシステム内の主要なVCに紹介しましたが、Yesportsの価値を認めたのはPolygonだけだったということです。


現在は18+社がYesportsの開発を行っていますが、このことが異なるWeb事業体に反映されるように進めています。


現在、アドバイザリー業務は自然と重なっていますが、目標は、チームが集中し、気が散らないように構築することです。



質問8

チームは、Yesportsのベンチャー企業に資金を提供するために、トークンの価格を上げるために、YLDYのユーティリティーを構築するための資金調達に6ヶ月をかけることを検討しましたか?そうすれば、同じ金額を調達するために多くのトークンを販売する必要がありません。


私たちは常にYLDYのトークンの有用性を高めるために努力しています。それは言うまでもありません。


しかし、ご質問のような戦略は、2つの理由から実現不可能です。


まず、Yieldlyを使ってYesportsに資金を提供することは、長期的な賭けになり、YLDYのエコシステムに重大な悪影響を与える可能性があり、関係者全員にとってYLDYへの下降圧力となります。私たちはそのようなリスクを負いたくありません。


第二に、もしYesportsのための資金調達をあと6ヶ月待ったとしたら、私たちは「船に乗り遅れる」ことになります。クリプトは動きの速い分野であり、ゲーム分野の速度は特に速いです。私たちは常に先手を打ってきましたし、Yesportsには見過ごせない明確な商業的競争の時間的要素があるのです。



質問9

Yieldlyのロードマップで今後数ヶ月間に期待できることは?具体的には、YieldlyのAMM/DEXと、そのAMMにYLDYトークンがどのように統合されるかについてです。


AMMについては、Tinymanが登場してパズルに欠けている部分を追加してくれたので、以前のロードマップからは外しました。現在でも、AlgorandでローンチされるAMMのバリエーションが見られます。AMM製品で最も付加価値を付けられるのはどこかと市場を見渡してみると、AMMと相性の良いTEAL5のステーキング・プールであることがわかります。私たちは常に他社を補完し、可能な限りエコシステムを成長させ、競争ではなく協力することを目指しています。もし、世の中の起業家たちがすでにそのギャップを埋めているなら(Tinymanをはじめ、今後も増えていくでしょう)、私たちは、エコシステム全体の他の課題に才能とリソースを容易に振り向けるでしょう。


私たちは、Algorandのエコシステムに欠けているDeFiプリミティブをユーザーに提供することに重点を置いています。そのために、まず流動性マイニング製品を積極的に構築し、TinymanのDEXとの連携を図っています。



質問10

スワップ/DEXの計画について質問された際、Moonpayを介したフィアットのオンランプについて言及されましたが、これはどのようなものですか?様々な報告を聞いていますが、Moonpayは米国居住者にも使えるのでしょうか?使えない場合は、他の解決策が検討されているのでしょうか?


新規ユーザーの導入とフィアット・オンランプに関しては、世界中の規制環境が進化しているため、簡単には答えられません。現在、Moonpay社と連絡を取り合い、統合方法を検討し、実現に向けて可能な限りの努力をしています。Moonpayは、特定の州の米国市民が利用できるようになっており、州ごとにアクセスレベルが異なります。私たちは、ユーザーと製品の価値を高めるものを常に探しているので、ユーザーに愛されるDeFi体験を提供することと、規制当局との折り合いをつけることの間にあるスイートスポットを見つけなければなりません。



質問11

ロードマップの中で、ローンチパッドについて言及されています。AlgomintのようなASAプロジェクトの中には、Algorandネイティブのローンチパッドを待つために発売計画を延期したものがありますが、この製品に関する最新情報はありますか?


当社のローンチパッドは、Algorand初のネイティブなものであり、約束通り今四半期中のローンチに向けて順調に進んでいます。現在、規制、法的インフラ、KYCなどの要素に加え、製品の最終調整を行っています。これは、当社のローンチパッドを利用したいと考えているASAのプロジェクトに対して、その製品をどのように伝えるかに大きな影響を与えます。Cosmic Champsを例にとると、まもなくこの製品が世に出ることになります。


さらに重要なことは、特にこのような若いエコシステムにおいては、時の試練に耐えられるものを作ることを約束します。製品のローンチが若干遅れることがありますが、これはユーザーの皆様のリスクを最小限にするためのプロセスによるものです。


私たちは、エコシステムに素晴らしい製品を提供するために最善を尽くしていきます。



質問12

Humble DEXやALGOFIなどがLPステーキング・プールを提供していますが、これはYieldlyにとって十分に強力な追加ユースケースだと思いますか?


はい、複数の監査を受けた次世代のLPステークキング・プールは、Yieldlyにとって非常に強力なユースケースとなります。当社のプールがあるからこそ、YieldlyはAlgorandで最高のDeFi報酬を得ることができるのです。数字を見れば一目瞭然です。


現在までに、Yieldlyは最愛のユーザーに以下の報酬を与えてきました。


  • Yieldlyのプールで13,010,911米ドル

  • 774,134 ALGOの損失なし賞金ゲームでの毎週の獲得賞金

  • 75回のNFT抽選で190以上のNFTを提供(1回の抽選で平均700万ドルの賭け金) - NFTコミュニティの大規模な露出を構築

  • YLDYプール曲線において、現時点で週あたり約1,600万ドル


これらの報酬に加えて、当社は他のASAパートナー・プールに対しても当社の価値を証明しています。例えば、

  • YieldlyのAKITA LPプールは、24時間以内に16倍、4位のAlgorandプールになり、数日後には非ステーブルコイン・ペアの2位にまで成長しました。

  • Choice Coinのステーキング・プールは45倍になりました。

  • Smile Coinのステーキング・プールは、2時間で2倍、4時間で800万のボリュームになりました。


Yieldlyは5ヶ月間、周りに仲間がいない状態で存在していましたが、私たちは本当に価値を生み出す最初の存在でした。そして、私たちは何度も何度も自分たちの価値をエコシステムに証明し続けています。



質問13

Yieldlyのロードマップについて、今後数ヶ月で何を期待すべきでしょうか?


Yieldlyを次のレベルに引き上げるために、非常にエキサイティングなロードマップを計画しています。


  • TEAL5のLPプールが数週間以内に登場します(Tinymanが立ち上がったらAKITAが再始動し、その後すぐにXfiniteが登場し、さらに多くのパートナーが登場します)

  • Cosmic Champsを含む最高の新進気鋭のASAプロジェクトによるローンチパッド

  • TEAL5への移行(そのプロセスを説明するブログを今週中に公開予定)

  • すべての新規トークン・プールに標準で搭載されるAuto Compounding

  • ガバナンス

  • 立ち上げ間近のマーケットプレイス

  • VIP NFTプライズ・ゲーム

  • アーティスト殿堂

  • マーチャンダイズ

  • リクイディティ・ロッキング

  • NFTステーキング(EVMチェーン)

  • アプリでのAlgo購入



質問14

今後、大きなアップデートや計画の変更、ロードマップの遅れなどについて、コミュニティとのコミュニケーションを深めていく計画はありますか?


はい、私たちはより良いコミュニケーションを取るように努めます。これまでのご理解に感謝するとともに、ユーザーの皆様に愛される製品をお届けするというチームとしてのコミットメントを再確認したいと思っています。Yieldlyの開発には、多くの血と汗と涙が流れています。しかし、完璧な人間はいません。私たちは常に最善を尽くしていますが。


今後もYieldlyの最新情報をソーシャルで発信していきます。

  • Twitter

  • Telegram Group

  • Telegram Announcements

  • Discord


元記事:https://yieldly.medium.com/ama-recap-1aed6f34a6d4