Y Combinatorが支援するLofty AIがアルゴランド財団と提携し、トークン化不動産マーケットプレイスを開発



Y Combinatorが支援するLofty AIがアルゴランド財団と提携し、トークン化不動産マーケットプレイスを開発


2021年11月18日 - アルゴランド財団とLofty AIは本日、トークン化された不動産のマーケットプレイスを提供するための提携を発表しました。アルゴランド財団助成金の最新の受賞者として、Lofty AIをアルゴランド・エコシステムに迎えることができ、大変嬉しく思います。


Lofty AIは、アルゴランド・ブロックチェーンを介して、50ドルという低価格で、分割された投資物件の一部への5分以内に完了する投資を可能にします。すべての物件は、Lofty AI独自のA.I.アルゴリズムと彼らの地元密着の買取チームによって吟味されています。


Lofty AIトークンは100%流動性があり、いつでも手数料や違約金なしで売却することができます。投資家は、投資した初日から毎日家賃収入を得ることができ、物件の評価に応じてトークンの価値も毎月上昇します。


Lofty AIの目標は、不動産投資を暗号資産や株式を買うのと同じように簡単にすることです。彼らがこの旅を始めたのは、2019年にシリコンバレーの名門アクセラレーターであるY Combinatorを体験したときでした。それ以来、彼らは500万ドルの資金を調達し、不動産、ブロックチェーン技術、データの専門家のチームを集めました。Lofty AIは、賃借人が借りている物件のトークンを購入できるようにして、賃借人を所有者の一員にすることで、現在の住宅危機の解決に貢献したいと考えています。今回のアルゴランド財団からの助成は、Loftyがこの偉業を達成するために、社内のセカンダリー・マーケットプレイスを構築するための資金を提供します。


Lofty AIの不動産トークンは、クレジットカードや銀行振込で購入でき、近々、海外の投資家向けにアルゴランド・ベースの通貨でも購入できるようになる予定です。家賃収入は米ドルでオーナーに分配され、いつでも引き出すことができます。近々、家賃収入をユーザーのアルゴランド・ウォレットに直接送信するオプションも提供される予定です。


Lofty AIのCOOであるMax Ballは次のように述べています。「アルゴランド財団と提携して、不動産投資をすべての人に普及させることができ、これ以上の喜びはありません。アルゴランド・チームの皆さんには、初日から大変お世話になりました。アルゴランド上に製品を構築していなかったら、今日の私たちはいなかったでしょう。」


「Lofty AIがアルゴランド・エコシステムの一員であることを嬉しく思い、この革新的なコンセプトでパートナーになれることを楽しみにしています。アルゴランドは、次世代の経済価値交換のために設計されたブロックチェーンであり、Lofty AIに、非常に低い取引手数料を享受しながら、フォークしないことが保証されたチェーン上で、拡張性の高いトークン化された不動産市場を構築する機会を提供します。」- Addie Wagenknecht, Head of Global Ecosystems and Technical Operations


Lofty AIの詳細については、https://www.lofty.ai/ をご覧いただくか、Twitterでフォローしてください。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援に興味のある方は、こちらからご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/lofty-ai-grant-award