ウェビナー:金融の未来に必要なテクノロジー



ウェビナー:金融の未来に必要なテクノロジー


暗号通貨が登場してから10年以上が経過した今、ブロックチェーンは過渡期に差し掛かっているようで、重要なプレイヤー(中央銀行、ハイテク企業、機関)は、より実質的な方法でブロックチェーンを活用し、金融の未来をリードしています。10年後、あるいは20年後の経済はどうなっているのか、それを実現するためにはどのような技術的進歩が必要なのか?


私たちは、業界の専門家を招き、決済、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、分散型金融(DeFi)、伝統的な金融などを形作る技術について、それぞれの視点やアイデア、期待を語ってもらいます。


スピーカー:


Pietro Grassano - Business Solutions Director Europe at Algorand

Marion Laboure - Macro Strategist at Deutsche Bank and Harvard University Lecturer

Henry Holden - Member of Secretariat in the Committee on Payments and Market Infrastructures at the Bank for International Settlements (BIS)

Francisco Spadafora - Blockchain Line Specialist at NTT DATA Italia

Mike Rogers (moderator) - Research Analyst at The Block



3月31日(水)5-6pm CEST(日本時間3月31日24pm)に開催される「Future of Finance(金融の未来)」をテーマにしたライブにぜひご参加ください。


>ご登録はこちら

​>

Copyrights (c)  Algorand Japan

★アルゴランド公式サイト(英語)はこちら >Algorand Inc.    >Algorand Foundation