Webblen(ウェブブレン)がアルゴランドと提携し、世界中のポジティブなコミュニティ活動に報酬を提供



Webblen(ウェブブレン)がアルゴランドと提携し、世界中のポジティブなコミュニティ活動に報酬を提供


2021年9月23日 - アルゴランド財団の助成金プログラムを通じて、ウェブブレンをアルゴランドのエコシステムに迎えることができました。コミュニティへのエンゲージメントに対してユーザーに報酬を与え、中小企業が地元のオーディエンスとつながるための分散型プラットフォームであるウェブブレンは、アルゴランド・ブロックチェーンを統合し、DApp開発を簡素化するためにアルゴランド財団の助成金を獲得しました。


ウェブブレンは、人生をゲーム化するプラットフォームであり、コミュニティに関わることでユーザーに報酬を与えるソーシャル・エコノミーです。ユーザーは、イベント、ローカル・ストリーム、コンテンツ作成などのコミュニティ参加に対して、アルゴランド標準アセットであるWBLNトークンで報酬を得ることができます。コミュニティのメンバーは、授与されたWBLNを使って地域の企業から商品やサービスを購入することができ、分散型の地域ロイヤリティ・プログラムを構築することができます。また、ウェブブレンは、地域のオーディエンスとの直接的なコミュニケーションの手段となり、コミュニティの目標に沿ったイベントへの参加を促すことで、地域の企業や意思決定者にもメリットをもたらします。


ウェブブレンは非常に使命感の強いプロジェクトです。彼らは、コミュニティ参加へのインセンティブを生み出すことで、ウェブブレンが、社会的革新、人道主義、環境保護に貢献した人々に報酬を与える最初のプロジェクトになると信じています。


共同創業者でCTOのCarter Razinkは次のように述べています。「これからの展開に期待しています。アルゴランドは、これまでに出会ったブロックチェーン・ネットワークの中で、圧倒的に強固なものです。その構築したエコシステムは、他の追随を許しません」


共同設立者でCMOのNathaniel Thoresonは次のように述べています。「アルゴランド財団から助成金を獲得したことは、我々にとって非常に大きなことです。これまではすべて自力でやってきて、いろいろなことができましたが、今回の助成金でさらにステップアップすることができます。すでにエコシステムの他の数社と協力しています」


アルゴランド財団のグローバル・エコシステム&テクニカル・オペレーション部門責任者アディ・ワゲンクネヒトは次のように述べています。「ウェブブレンは、包括性をベースにしており、コミュニティをプロジェクトの中心に据えています。我々の助成プログラムを通じてウェブブレンを支援することで、分散化された忠実な地域コミュニティが生まれ、公平で真のボーダレス経済の可能性を活用する機会をすべての人に提供する包括的なエコシステム構築という我々のコアバリューを体現することになるでしょう」


ウェブブレンの詳細については、ウェブサイトをご覧いただくか、ツイッターでフォローしてください。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらからご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/webblen-grant-award