アルゴランド財団、Waivlengthと提携し、分散型ソーシャル・ネットワーク開発を支援



アルゴランド財団、Waivlengthと提携し、分散型ソーシャル・ネットワーク開発を支援


2022年2月9日 -アルゴランド財団は本日、Waivlengthをアルゴランド・エコシステムに迎え入れました。Waivlengthは、最新の財団助成金受領者であり、彼らの分散型ソーシャル・ネットワーク・プラットフォーム開発を支援するための資金を獲得しました。


Waivlengthは、完全に検証された自律的なソーシャル・メディア・プラットフォームであり、インターネット上で最も公平でやりがいのあるソーシャル・ネットワークになることを目指しています。このプラットフォームは、ネイティブの暗号通貨($WAIV)を統合することで、現在主流のプラットフォームとは異なる多くの機能を追加することができます。最も重要なのは、このプラットフォームのトークンエコノミーが可能にする金銭的報酬で、すべてのユーザーがdAppから直接稼ぐことができます。


Waivlengthは、ユーザーのコミュニティがプラットフォームの成功を共有できるようにすることで、現在のソーシャル・プラットフォームの経済モデルを劇的に改善しようとしています。Waivlengthは、トークン供給量の70%をコミュニティのエコシステムへの報酬に充てるだけでなく、会社の利益の45%をコミュニティに再分配します。


また、Waivlengthは、ソーシャル・メディアのプラットフォームとしては初めて、全ユーザーを完全に検証します。これにより、重複したアカウントやボットを排除し、より信頼性の高いオンライン空間でのつながりを維持します。また、分散型ネットワークであるため、現在の大手ソーシャル・メディア企業が懸念している、データ・セキュリティ、プライバシー、セルフ・ガバナンスの面でもメリットがあります。


アルゴランドは、ソーシャル・メディア・ネットワークを運営する上で必要な、非常に速い取引速度、超低価格の取引コスト、スケーラビリティを備えており、Waivlengthとの相性は抜群です。アルゴランド財団からの助成金は、ブロックチェーン・エンジニアのチームを拡大し、2022年後半の立ち上げに向けてプロジェクトを加速させるために使用されます。


WaivlengthのCEOであるNiall O'Reillyは次のように述べています。「私たちは、アルゴランド・ブロックチェーン上にWaivlengthを構築できることを嬉しく思います。私たちはアルゴランドの持続可能なプロトコルとしての理念を愛しており、彼らの価値観はWaivlengthの価値観と非常に一致しています。アルゴランドと提携し、その広範なエコシステムに参加することは、Waivlengthにとって大きな第一歩であり、成長のための大きな可能性を開くものです。


今回の助成金は、技術チームを拡大してdAppの開発を加速させ、今年後半に予定しているローンチ時期に間に合わせるために役立ちます。私たちは最終製品を発表できることを楽しみにしており、成功させるために今後数ヶ月間努力していきます。」


「分散型ソーシャル・ネットワーク・プラットフォームの開発をサポートするためにWaivlengthと提携することは、非常にエキサイティングなブロックチェーンのユースケースです。Waivlengthは、KYCプロトコルを採用することで、ソーシャル・ネットワークの完全性を維持し、実在の人物に裏付けられた説明責任と責任のある活動を育成し、コミュニティへの参加と関与に対してユーザーに報酬を与えることになります。Waivlengthのロードマップは、ユーザーのソーシャル体験をゲーム化する計画であり、非常にエキサイティングです」- アルゴランド財団COO、Jason Lee


Waivlengthの詳細については、ウェブサイト(waivlength.io)をご覧いただくか、TwitterまたはLinkedInでフォローしてください。アルゴランド財団の助成プログラムの支援対象となるプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらからご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/waivlength-grant