https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

Venue One:Algorandの分散型予測市場



Venue One:Algorandの分散型予測市場


中央集権的なプラットフォームよりも分散型プロトコルで賭けをすることを好むクリプト・ユーザーがますます増えているため、予測市場の人気が高まってきています。


ブロックチェーンを利用した新しい予測取引所であるVenue Oneは、運用を急ピッチで開始しています。Venue Oneは、Algorandを基礎チェーンとして採用し、比類のないスピード、柔軟性、セキュリティを提供できるようにすることで、他社との差別化を図っています。


Venue Oneのストーリー


Venue Oneは、ブロックチェーンのトリレンマを解決する唯一のチェーンであるAlgorandブロックチェーン上に構築された、分散型のノンカストディアル予測プロトコルです。


エンジニアとしての訓練を受け、主にクオンツ・ポートフォリオのトレーディングなど伝統的な金融に20年以上携わってきたGeorge Cotsikisによって始められたものです。彼はSalomon BrothersとCitigroupで上級職を務め、Citiは最終的に前者を買収しました。


2000年代前半以降、いくつかの有名な投資顧問会社で働いた後、約9年前にコンサルティング会社Mentat Innovationsを設立しました。Mentatは、データの隠れた価値を解き放とうとする企業向けに、人工知能(AI)やブロックチェーン・ソリューションを提供しています。これまでに英国政府、大手銀行、ヘッジファンド、通信会社、ブロックチェーン・プロトコルなどと協働してきました。


Cotsikisの伝統的な金融とブロックチェーンの両方の経験は、Venue Oneが公正なオッズを奨励し、顧客志向の予測取引所を構築するのに役立ちました。


Venue Oneでは、ユーザーはスポーツ、eスポーツ、金融、イベントなどのポジションを取ることができ、短期間の市場やイベントにフォーカスしています。(Venue Oneは、サッカーがVenue Oneプールで最大のスポーツになると予測していますが、様々なイベントのマーケットを立ち上げて、どのイベントが最も関心を集めるかを確認する予定です)。


プレイヤーは、3つの方法でこのプラットフォームと対話することができます。


  • クラシック・ベットは、買い手と売り手の需要と供給が価格やオッズを決定します。基本的に、人々は特定のイベントのイエスかノーかの結果に賭けることになります。

  • 相互ベットの流動性プール、プールの流動性が結果を決定します。

  • Venue Oneはまた、金融資産とカスタム・インデックスのための将来の交換ソリューションに取り組んでおり、これはおそらく2022年に開始されるでしょう。


基本的に、プレイヤーは自分の予測に対して担保を置き、ステーブルコインで配当を受けることができます。


Venue Oneチームはユーザーエクスペリエンスを重視し、初日からモバイルでの利用を想定した製品設計を行っています。


この予測プロトコルの素晴らしい点の1つは、ユーザーが担保を預け、USDCのような安定したステーブルコインでペイアウトにアクセスできることです。ステーブルコインで運用しない人は、法定通貨と$ALGOのオンランプを使用することができます。


USDCがマルチチェーンのステーブルコインであることを考えると、ユーザーは多くの主要ブロックチェーンからデジタル・ドルをシームレスに移動してVenue Oneにアクセスでき、オンボーディング・プロセスを摩擦のない便利なものにすることができます。


サポートされているステーブルコインの他に、Venue Oneには独自のトークンであるVENOがあり、プレーヤーと流動性提供の報酬をパワーアップしています。


流動性提供者(LP)は、特定の結果に賭けながら資金を預けることで、イベント周辺に構築される市場に十分な流動性を確保することができます。これにより、スポーツ、eスポーツ、その他のカテゴリーで大量の市場が形成されるとともに、LPは低リスクで潤沢な報酬を確保することができます。


例えば、プレイヤーが政治レースの結果を本当に確信している場合、レースの結果に多く賭けるために、流動性プロバイダーに自分の持っている資金より多くの資金を借りることができます。言い換えれば、流動性プロバイダーはユーザーのプールに、より多くのパッシブな資本を提供するのです。


Venue Oneは、スポーツの試合など、結果が明確で、最終的な結果が明確な市場に焦点を当てています。


ベットの最終結果は、中央集権的な第三者機関のデータを使って結果を検証するため、ハイブリッドな手法で決定されます。しかし、最終的にはオンチェーン・オラクルを使って結果を検証することで、分散化を図る予定です。


なぜAlgorandなのか?


人気のある予測市場はいくつかありますが、それらはほとんどがクリプトに特化しており、基礎となるチェーンによる高い取引手数料、注文の実行速度、市場の選択の制限、およびユーザー体験に多くの不満があるため、広く採用されることはありません。


Algorand上にアプリケーションを構築することで、Venue Oneはこれらの問題のほとんどを解決し、ユーザー体験にすべての焦点を当て、中央集権の世界で利用可能な予測市場と競合することができる優れた製品を開発したのです。


Algorandのおかげで、Venue One は以下の利点を提供します。


  • 低料金 - AlgorandはPure Proof of Stake(PPoS)と呼ばれるコンセンサス・メカニズムを採用し、低コストで高速な取引を可能にしています。もし他の主要なブロックチェーンで行った場合、ユーザーは100ドルの取引を行うために50ドル以上を費やすことになりかねず、合理的でも実現可能でもありません。

  • 即時ファイナリティ - Algorand上では、すべてのトランザクションが5秒以内にファイナリティに到達します。他の場所では、Proof of Work(PoW)ブロックチェーンで取引を完全に確認するのに数分から1時間以上かかることがあります。取引所は、最悪でも数秒以内に価格を解決しなければなりません。プレーヤーが賭けや取引をするとき、30分後ではなく、どのレベルで取引したかをすぐに知る必要があるのです。

  • セキュリティ - Algorandは、検証ノードの委員会がどのように選択されるかの主要な原理としてランダム性に依存しているため、本質的に安全なエコシステムです。また、スマートコントラクトの開発者が潜在的な抜け穴やバグを回避できるよう、開発者に優しいエコシステムを提供しています。

さらに、Venue Oneは、Algorandコミュニティ内で、すでにプラットフォームに対する信頼と経験を持つ新しいユーザーを引きつける機会を得ます。


Venue Oneはノンカストディアルのプロトコルです。ユーザーは自分のウォレット、秘密鍵、IDを完全にコントロールできます。資金はプロトコルのスマートコントラクトとしかやり取りしないため、可能な限り安全にすることが重要なのです。Venue Oneのスマートコントラクト・インフラは、第三者によって監査されています。


また、Venue Oneはシームレスな統合構造を持っており、どのチェーンでUSDCを保有しているユーザーもVenue Oneのプラットフォームで取引することが可能です。つまり、他の予測市場やブロックチェーンに価値を蓄えている場合、それをAlgorandのVenue Oneにシームレスに持ち込むことができ、異なる国で米ドルを使用するのと同じようなことができます。


Venue Oneのチームは比較的小規模ですが、Algorandのプラットフォームは、小規模なチームで複雑なマーケットプレイスを作ることを可能にし、他のAlgorandプロジェクトが追随できる可能性の高いモデルとなっています。Venue Oneは、Algorand上で分散型プロジェクトを構築する際に大きな問題を経験しなかったことから、主な問題は技術的な側面にあるのではないことに気づきました。


むしろ、最大の問題は、構築したプロジェクトを販売する適切なチームを見つけることでした。マーケティングに精通し、プロジェクトを適切に説明する技術的なノウハウを持つ人を見つけるのは難しいからです。


Algorandは新しいエコシステムであるため、Venue Oneは競争相手も少なく、プロジェクトが目立ちやすくなっています。より発展したエコシステムの多くは、5、6個の類似したプロジェクトが互いに競争していることが多いのです。


MITのSilvio Micali教授が設立したAlgorandのネットワークでコンサルティングをしたこともあるCotsikisは、Algorandについて次のように語っています。


「予測プラットフォームを作ったら素晴らしいだろうと感じ、話し合いを始めたのがきっかけで、(Algorandチームと)より協力するようになりました」。

Venue Oneの正式ローンチ


プラットフォームに予測を載せることに興味がある人は、ベータ・テスターとして早期に参加することができました。2022年5月、Venue Oneはベータ・テスターにプラットフォームのテストができるようになると通知しました。プラットフォームはベータ版の段階で完全な機能を備えており、ユーザーは予測を行い、Venue Oneチームにフィードバックを提供することができました。Venue Oneには8,000人以上の応募があり、予測市場の経験がある約500人のベータテスターが選ばれました。


Venue Oneは、数週間にわたってフィードバックを収集し、最終的な監査を経て、誰でも利用できるようにする計画で、ローンチ時期は6月末ごろになるとしています。ただし、正式な開始日は市場の現況によります。


プラットフォームが稼動すると、ユーザーはすぐに他のチェーンからUSDCに乗り込むこともできるようになります。


Venue Oneには現在、約3,500人のコミュニティメンバーがおり、2万人近くが同商品のキャンセル待ちをしています。また、コミュニティメンバー向けにDiscordチャンネルを開設する予定です。


まとめ


Algorandと元クオンツ・トレーダーのGeorge Cotsikis率いる経験豊富なチームのおかげで、Venue Oneはユーザー体験に焦点を当て、ステーブルコインを活用しながらスポーツや金融イベントに賭けさせるグローバル予測プラットフォームとなりました。


Website: https://venue.one/

Twitter: https://twitter.com/VenueMarkets

Telegram: https://t.me/venuemarkets



元記事:https://medium.com/algorand/venue-one-decentralized-prediction-markets-on-algorand-30ddcd18ce30