アンコモン・クリエイティブ(Uncommon Creative)がアルゴランド財団助成金を獲得



アンコモン・クリエイティブ(Uncommon Creative)がアルゴランド財団助成金を獲得


この度、アンコモン・クリエイティブがアプリケーションとユースケースのカテゴリーでアルゴランド財団助成金を獲得したことを発表いたします。


アンコモン・クリエイティブは、現在のフリーランスのプラットフォームをディスラプトし、契約の確保、保証された取引、潜在的な紛争の迅速な解決のための信頼できるツールによってリモートワーカーに力を与えることを目的とした新しいプロジェクトです。


アンコモン・クリエイティブは、アルゴランドでリモート、フリーランスのプラットフォームの未来を構築しています。


COVID-19に関連した最近のパンデミックにより、世界経済は急速にリモートワークの受け入れを余儀なくされ、それに関連したツールやサービスはかつてないほどの成長を遂げています。アンコモン・クリエイティブは、現在のフリーランスのプラットフォームをディスラプトし、契約の確保、保証された取引、潜在的な紛争の迅速な解決のための信頼できるツールを使ってリモートワーカーに力を与えることを目的とした新しいプロジェクトです。アルゴランド財団は、アンコモン・クリエイティブのチームに助成金を授与することで、この素晴らしいプロジェクトを支援できることを嬉しく思います。


アンコモン・クリエイティブは、フリーランサーとその顧客が最も便利な方法でデジタル契約を確立し、他の外部関係者に最低限の権限のみを与えることができるように支援します。ソリューションの中核には、完全に自主規制され、独自のルールによって管理された純粋なコードの金融エンティティとしてのスマートコントラクトの概念があります。アルゴランドは、アンコモン・クリエイティブに必要な以下のコンポーネントを提供しているため、このようなユースケースを実装するのに最適です:レイヤー1のスマートコントラクトの可用性、新しい資産クラスとステーブルコインの作成、毎分数千のトランザクションのスループットを持つグローバルなエコシステムへのスケーラビリティ。


プロジェクトのスポークスパーソンであるフランセスコ・ピラスは「統計によると、リモートワークやフリーランスは、ポストCovid経済の一部として大幅に成長することが示唆されており、それはまた、業界をまたがって広く普及することになります。アンコモン・クリエイティブは、デジタルで安全に遠隔地の取引先との契約を締結する際に、リモートワーカーにサービスを提供する機会という類まれなチャンスを得ています」と述べています。


アルゴランド財団のCEOであるショーン・リーは、「アンコモン・クリエイティブは、Covid後に一般的になるであろう新たな分散型労働力の重要なニーズを認識しています。アルゴランド・スマートコントラクトを介して管理されるデジタル契約のグローバルな未来という彼らのビジョンをサポートできることを嬉しく思います」と述べています。


アンコモン・クリエイティブの詳細については、https://uncommon-creative.net/ をご覧ください。