UCT-アルゴランド・フィンテック・イノベーション・ハブがCBDCダッシュボードを発表



UCT-アルゴランド・フィンテック・イノベーション・ハブがCBDCダッシュボードを発表


2022年1月28日、ケープタウン - アルゴランドは、世界中の中央銀行と中央銀行デジタル通貨の開発に積極的に取り組んでいます。UCT-Algorand Fintech Innovation Hubはこれを積極的に支援し、アルゴランド・エコシステムのためにオープンソースのCBDCダッシュボードを開発しました。UCT-Algorand Fintech Innovation HubのディレクターであるCo-Pierre Georg教授は次のように説明しています。「このダッシュボードは、CBDCを表すすべてのASAに対応しているだけではありません。このワーキング・パッケージでは、CBDCを含むシミュレーション経済のマクロ経済モデルの作成にも取り組んでいます。このモデルによって、ダッシュボードが可視化する現実的な決済フローをシミュレーションすることができます。これは、政策立案者がCBDCを設計する際の設計上の選択肢をよりよく理解するのに役立ちます。」


アルゴランド財団の主席研究員であり、アルゴランド・センター・オブ・エクセレンス(ACE)プログラムの責任者であるHugo Krawczykは、「イノベーション・ハブが進展していることに感激しています」と強調しています。Krawczykは、ダッシュボードによって提供される視覚化は、政策立案者とのコミュニケーションに役立ち、異なるセクターの経済活動や市場における非流動性の出現を示すなど、高度なデータ分析のためのツールとして役立つと強調しています。UCT-Algorand Fintech Innovation Hubの目標は、ダッシュボードをAlgorand CBDC Sandboxに搭載することです。


アルゴランド財団は、真にグローバルなブロックチェーン・エコシステムの構築を目指しており、私たちの助成金および開発賞の資金調達メカニズムは、FlexFinTex、Trust Graphic Publications、Gaiachain、African Blockchain Instituteなど、アフリカの他のプロジェクトをサポートしています。


アルゴランド財団の助成金プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味がある方は、こちらにご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/uct-algorand-fintech-innovation-hub