ドローン・レーシング・リーグとアルゴランドが提携し、ブロックチェーンでスポーツとゲームをディスラプト!!2021~22年のDRL世界選手権シーズンがNBCとTwitterでスタート



ドローン・レーシング・リーグとアルゴランドが提携し、ブロックチェーンでスポーツとゲームをディスラプト!!2021~22年のDRL世界選手権シーズンがNBCとTwitterでスタート


この画期的な発表は、2021年9月29日(水)午後8時(EST)にNBCSNとTwitterで行われるDRLのシーズン・プレミアに先立つものとなりますす。



ニューヨーク州ニューヨーク&マサチューセッツ州ボストン-2021年9月14日(火):本日、世界最高峰のプロ・ドローン・レーシング組織であるドローン・レーシング・リーグと、高性能ブロックチェーン・プラットフォームのリーディング・カンパニーであるアルゴランドは、スポーツやエンターテインメントにおいて現代では前例のない長期的なパートナーシップを発表しました。最先端のテクノロジー、没入型のスポーツ・エンターテインメント、スリリングな高速ドローン・ースで世界的に認められているDRLは、アルゴランドのブロックチェーン上で、次世代のファン体験を実現します。


ブロックチェーンとドローン・レースを融合させることは、リーグの「テック・セッター」と呼ばれるファンにとっては格好の材料となります。彼らは、アーリー・アダプターであり、新しい形のエンターテインメントに寛容であり、クリプト・ソーシャルメディアをフォローして関与する可能性が一般人口の40倍もあります。DRLは、アルゴランドでブロックチェーン対応の発券、コレクティブル、ファンの取引、NFTを公開し、世界中のDRLのレースで開催されるアルゴランドのハッカソン・イベントにクリプト開発者、プログラマー、コーダーを迎える予定です。


アルゴランドとDRLは、それぞれの業界で破壊的な力を持つ企業として認識されており、スポーツと先端技術において可能なことの限界を押し広げています。両社には共通のDNAがあります。先見の明のある創業者を持ち、他社が試みて失敗した技術で業界に革命を起こし、レース用のドローンのようなスピードで活動しています。アルゴランドのブロックチェーンは、スケーラブルで高速な分散型のゲーム・アプリケーションをDRLに提供し、未来のスポーツの基盤となるでしょう。


DRL社長のレイチェル・ジェイコブソンは次のように述べています。「ドローン・レーシング・リーグの世界的な技術志向のファンは、私たちのスポーツが常に進化していることを愛しており、ブロックチェーンは私たちが注目する次の画期的な技術でした。アルゴランドは、スピード、イノベーション、そして包括性という私たちの価値観を共有しています。DRL史上最大のパートナーシップとして、私たちはメタバースでユニークなスポーツ体験を提供するという野心的な計画を持っています。このパートナーシップが、世界中のスポーツ・ファンやハイテク・ファン、ブロックチェーン・コミュニティのゲームをどのように変えていくのか、非常に楽しみにしています」


アルゴランドのCEOであるスティーブ・コキノスは次のように述べています。「アルゴランドとドローン・レーシング・リーグは、ブロックチェーンとスポーツの分野でそれぞれ最も技術的に進んでおり、破壊的で先見性のある組織です。DRLがアルゴランドの技術を活用してゲーム内での没入感のある体験を実現し、何百万人ものテクノロジー愛好家に、ブロックチェーンがレースや今日のスポーツにもたらす可能性を紹介することを楽しみにしています」


今後5年間で、アルゴランドはDRL世界選手権サーキットのタイトル権を獲得し、DRLはアルゴランドのブロックチェーン・ネットワークに組み込まれたデジタル・ドローン・レーシング・シリーズを開発し、両社はDRLの放送、ソーシャル、ゲーム・チャンネルを通じてアルゴランドのブロックチェーンの力を紹介していきます。エクセル・スポーツ・マネジメントのプロパティ部門は、この歴史的な複数年契約の獲得に貢献しました。



最先端のテクノロジーと最先端のレースを融合


このニュースは、DRLが2021-22 DRL世界選手権シーズンを開始するのに合わせて発表されたもので、esportsと本物のドローン・レースの長所を組み合わせたものとなっており、9月29日(水)午後8時(米国東部時間)からNBCSNとTwitterで放送されます。


NBCスポーツやTwitterとのメディア・パートナーシップの拡大により、2021-22 DRLシーズンでは、クリスマスの日を含むゴールデンタイムの時間帯に、アクション満載のドローン・レースを約30時間放送します。


このシーズンでは、世界最高の12人のドローン・パイロットが、あらゆる次元の壮大なコースで高速ドローンのレースを行います。エリート・パイロットたちは、象徴的なスポーツ・アリーナやDRL SIMのバーチャル・マップを通過する14レベルのレースを制覇し、世界チャンピオンの座を目指します。DRLのレース会場は以下の通りです。メジャーリーグ・サッカーのミネソタ・ユナイテッドのホームスタジアムであるアリアンツ・フィールド(ミネソタ州セントポール)、NBAのメンフィス・グリズリーズのホームアリーナであるフェデックス・フォーラム(テネシー州メンフィス)、そしてチャンピオンレースの開催地は追って発表されます。プレイステーション、Xbox、Steam、Epic Gamesの「DRL SIM」ゲームのバーチャル・コースには、新たに公開された「U.S. Air Force Boneyard - Night Mode Map」が含まれています。



アルゴランドについて


アルゴランドは、伝統的なモデルと分散型モデルを、包括的で摩擦のない安全な統一されたシステムに収束させる「Future of Finance(FutureFi)」を実現する技術を構築しています。チューリング賞を受賞した暗号学者のシルビオ・ミカリによって設立されたアルゴランドは、DeFi、金融機関、政府がFutureFiにスムーズに移行するために必要な大量の取引を処理するための相互運用性と容量を提供するブロックチェーン・インフラを開発しました。700以上のグローバル組織に選ばれている技術であるアルゴランドは、次世代の金融商品、プロトコル、価値の交換をシンプルに実現しています。詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

https://www.algorand.com/



ドローン・レーシング・リーグ(Drone Racing League )について


ドローン・レーシング・リーグ(DRL)は、革新的でグローバルなスポーツ、エンターテインメント、テクノロジーの組織です。世界最高のドローン・パイロットがこのリーグに参加し、何百万人ものファンがNBC、Twitter、Facebookで彼らのレースを観戦しています。画期的なテクノロジーと、バーチャルおよびライブ・イベントによる没入型の高速レースを組み合わせたDRLは、esportsと現実の競技の両方を組み合わせた新しい時代のスポーツを創造しています。


2015年にニコラス・ホルバチェフスキが設立したDRLは、ニューヨークに本社を置く株式非公開企業です。詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

https://thedroneracingleague.com/

また、Facebook(facebook.com/thedroneracingleague)、Twitter(@DroneRaceLeague)、Instagram(@thedroneracingleague)でDRLをフォローしてください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/algorand-announcements/drone-racing-league-and-algorand-partner-to-disrupt-sports-and-gaming-with-blockchain