アルゴランド財団、ステイシー・ウォーデン(Staci Warden)を理事に招聘



アルゴランド財団、ステイシー・ウォーデン(Staci Warden)を理事に招聘


2021年10月5日 - アルゴランド財団は、ステイシー・ウォーデンを理事に迎えることになりました。


ステイシーが5人目の理事として任命されたことで、私たちの非中央集権化への旅と、包括的なエコシステムに基づくボーダレスな経済の創造をサポートするための、貴重な追加のリーダーシップが提供されます。スタシーは、クリプト/ブロックチェーン、フィンテック、革新的な金融など、グローバルな市場での豊富な経験を持っており、アルゴランドのエコシステムをさらに発展・成長させていく上で、私たちを支え、導いてくれることでしょう。


「ステイシーがアルゴランド財団の理事会に参加してくれることを嬉しく思います。ブロックチェーン、新興市場、NGOから成長企業まで幅広い機関のネットワークを持つ彼女のリーダーシップと指導は、特にグローバルな機関や社会的インパクトのある組織とのエコシステムやコミュニティを成長させていく上で、大きな恩恵を受けることになるでしょう」 - アルゴランド財団CEO、ショーン・リー


「アルゴランド財団に参加して、グローバル・インクルージョンという中核的なミッションを推進できることを嬉しく思います。世界には、あらゆる種類の金融システムにアクセスできない人が17億人もいます。アルゴランドのプロトコルは、世界規模でこの問題に取り組むためのスピードと分散型のセキュリティを備えています。私は、アルゴランドの将来と、世界中の人々にあらゆる種類のインクルージョンの恩恵をもたらすために果たすことができる大きな役割に期待しています。- ステイシー・ウォーデン



ステイシーの詳細


ステイシーは、8年間にわたりMilken Instituteのグローバル市場開発プラクティスを担当し、持続可能な開発目標を推進するために、資本市場、クリプト/ブロックチェーン、フィンテック、革新的な金融の強化に関するイニシアチブを主導または監督していました。ミルケン研究所に入社する前は、J.P.モルガンのEMEA(欧州・中東・アフリカ)地域の公共部門を6年間担当し、ニューヨークのソブリンDCM部門に2年間勤務しました。J.P.モルガン以前には、Nasdaqのマイクロキャップ企業向けの2つの市場を担当し、公共/NFPセクターでは、米国財務省、Center for Global Development、Harvard Institute for International Developmentで上級職に就いていました。


ステイシーは、50カ国以上で仕事やビジネスをした経験があり、ソブリン・ウェルス・マネジメント、資本市場の開発、包括的で貧困削減のための金融革新などの問題について、助言、講演、執筆を幅広く行っています。アルゴランド財団のほか、Global Blockchain Business CouncilとEnergy Hub for Growthの理事を務めています。また、内閣が任命するルワンダ資本市場庁の理事会の議長を務めています。また、国連資本開発基金(UNCDF)、欧州議会の科学技術委員会(STOA)、米国金融技術協会の諮問委員会など、注目を集めるいくつかの諮問委員会にも参加しています。


アルゴランド財団は、Silvio Micaliと一流の科学者チームによって設計されたアルゴランド・プロトコルとオープンソース・ソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術の世界的な約束を果たすことに専念しています。アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立することを信念とし、公平で真のボーダーレス経済の可能性を利用する機会をすべての人に提供する包括的なエコシステムのビジョンを持っています。


メディア連絡先: press@algorand.foundation


ウェブサイト: https://algorand.foundation/



元記事:https://algorand.foundation/news/staci-warden-joins-foundation-board-of-directors