アルゴランド財団、Prismaticに開発助成金を授与し、ツールからオンチェーン財務管理インフラまで、AlgorandにおけるDAOの場を構築



アルゴランド財団、Prismaticに開発助成金を授与し、ツールからオンチェーン財務管理インフラまで、AlgorandにおけるDAOの場を構築


2022年3月14日 - アルゴランド財団は、最新の助成金受領者としてPrismaticをAlgorandエコシステムに迎え入れました。Prismaticは、DAOやデジタル資産を保有する他の組織のためのツールとオンチェーン財務管理インフラを構築するための助成金資金を獲得しました。


Prismaticは、Algorand上のDAOの本拠地です。DAOは、個人が共通の目標に向かって協調するための手段です。スマートコントラクトを使用し、DAOのプール資金は、事前に定義されたルールを使用して資本を割り当てるために、トラストレスな提案システムを通じてオンチェーンで管理されます。このプラットフォームは、DAOの作成、DAOのガバナンス、およびその財務管理の3つの主要機能を備えています。財務管理機能により、マルチシグネチャーのウォレットはDeFiプロトコルと直接対話し、取引やスワップを開始したり、流動性を提供したりすることができます。Prismaticは、主要なDAOの設立とエコシステムへの移行に必要なツールを構築することで、Algorand上のDAOの成長に貢献します。


創業者兼CEOのナタリー・サレミンクは、「財務の規模とDAOの作成に関連するリスクを考えると、監査され、実証済みでテスト済みのフレームワークを使用してDAOを生成および管理することは非常に理にかなっています」と述べています。「DAOの作成を標準化するということは、貢献者がDAOに参加するための標準化されたアクセスポイントを提供するということでもあり、DAOが人材にアクセスしやすくなります」。


「Prismaticは、DAOツールに革命を起こすだけでなく、その財務管理インフラを通じて金融とDeFiのハブとなり、あらゆる種類のユーザーが、カスタマイズ可能で安全かつ使いやすい一つの場所からすべて最高のDeFiプロジェクトにアクセスできるようにします」 Meld Ventures共同設立者マイケル・コットン


「私たちは、Algorand上のDAOの本拠地として、PrismaticをAlgorandエコシステムに歓迎します。Prismaticはセキュリティを重視しており、財務管理、ガバナンス、DAOコミュニティ管理にわたる効率的で適応性のあるソリューションを通じて、組織やDAOに貴重なサポートを提供するでしょう」 アルゴランド財団DeFi責任者ダニエル・オーン氏


Prismatic.fiの詳細については、ウェブサイト(https://prismatic.fi/)をご覧いただくか、Twitter / Discordでフォローしてください。 アルゴランド財団助成金プログラムの支援対象プロジェクトにご興味のある方は、こちらからお申し込みください。



元記事:https://algorand.foundation/news/prismatic-grant