アルゴランド財団、最高執行責任者(COO)にディアドレ・ハリガンを任命



アルゴランド財団、最高執行責任者(COO)にディアドレ・ハリガンを任命


元Revolut幹部が戦略的専門知識と複数管轄区域の運営および世界市場の拡大における深い経験をもたらす


シンガポール2022年9月7日 /PRNewswire/ --チューリング賞受賞者でMIT教授のシルビオ・ミカリが発明したカーボン・ネガティブなレイヤー1ブロックチェーンであるアルゴランドのエコシステムを強化することをミッションとするアルゴランド財団は本日、デアドレ・ハリガン(Deirdre Halligan)を最高執行責任者として任命したと発表しました。


ハリガンは、アルゴランド財団のCOOとして、複数の管轄区域にまたがる活動を管理し、アルゴランド財団およびエコシステム全体の拡大する活動をサポートするための運営能力を確保することに重点を置きます。この目標の核となるのは、新しい市場への参入を追求し、規制当局と緊密に連携してアルゴランド・ブロックチェーンの普及に拍車をかけることです。


「私は常に最先端の技術者/破壊者と仕事をすることを求めており、アルゴランドは世界規模で金融革新を実現するために必要なスピード、セキュリティ、低カーボン・フットプリントを備えたブロックチェーンです」と、ハリガンは述べています。「アルゴランド財団は、構築者や投資家の活気あるエコシステムに力を与える重要な役割を担っており、私たちのコミュニティのために可能な限り効果的に機能するようにすることが私の仕事となります」


ハリガンは、フィンテックとブロックチェーンの分野で長く成功したキャリアを持ち、グローバル展開のイニシアチブをリードし、新しい市場拡大のためにライセンスや規制当局と協力しています。彼女は金融スーパーアプリRevolutの出身で、グローバル・アフェアーズとウェルス&トレーディングの責任者としてグループ執行チームの一員を務め、またRevolut Securities UABの会長兼COOも務めました。それ以前は、暗号資産取引所のコインベース・アイルランドと、SaaS型電子商取引技術企業のeDeskでCOOを務めていました。


ハリガンは、CEOのステイシー・ウォーデンの直属となります。「アルゴランド財団は、大規模に問題を解決するために、我々のエコシステムのグローバルな拡大を促進することにレーザーフォーカスしており、デアドラは、我々の使命を果たすために必要な、運営上の専門知識と戦略的焦点の両方をもたらします」と彼女は述べています。


ウォーデンは、1月にCEOとしてアルゴランド財団に参加した後、クラス最高のリーダーシップチームを構築することを約束しました。ハリガンは、ジョン・ウッズ最高技術責任者(CTO)、エリック・ラッジ事業開発および資本市場担当グローバルヘッドに続いて任命されました。



アルゴランド財団


アルゴランド・ブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設計され、国境なき世界経済の約束を実現することができるユニークな存在です。そのブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながら、即時決済、取引コストほぼゼロ、24時間365日体制で取引することが可能です。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステークコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で繁栄したオープンソース・エコシステムに責任を持ち、その世界的約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。


元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/the-algorand-foundation-appoints-deirdre-halligan-as-chief-operating-officer-301618686.html