アルゴランド財団、Staci Warden(ステイシー・ウォーデン)の新CEO任命を発表



アルゴランド財団、Staci Warden(ステイシー・ウォーデン)の新CEO任命を発表


2022年2月10日、シンガポール - アルゴランド財団は、本日、スタシー・ウォーデンを最高経営責任者に任命したことを発表しました。2021年9月からアルゴランド財団の理事を務めてきたウォーデンは、本日よりCEOという新たな役割を担うことになります。


ウォーデンは、ミルケン研究所、JPモルガン、ナスダック証券取引所、米国財務省などでグローバル・チームを率いてきました。彼女の就任は、アルゴランド・エコシステムの成長を促進するというアルゴランド財団のミッションの次のステップとなります。2022年は、グローバルなクリプト決済プラットフォーム、DeFi、NFTなどの主要なクリプト産業の導入が急速に加速するため、アルゴランド・ネットワークとより広範なクリプト・エコシステムの両方の発展にとって重要な年となるでしょう。当財団は、アルゴランド・ブロックチェーン・ネットワークが、この新しく出現したデジタル・ファーストの経済モデルの重要な構成要素となるよう尽力します。同時に、この新しい経済が包括的であり、ブロックチェーン技術の金融上のメリットが世界中の誰もが享受できるようにするための活動も行います。


「これまで財団が成し遂げてきたことを土台にして、コミュニティやグローバル・パートナーへのコミットメントを拡大することに注力していきたいと思います」とウォーデンは述べています。「アルゴランド・プロトコルは、スピード、セキュリティ、分散性を備えており、世界の金融包摂の問題に大規模に取り組むことができます。グローバルな目標を強化すると同時に、DeFiエコシステムへのコミットメントを倍増させることで、アルゴランド・エコシステム全体とそれをサポートするエンドユーザーの両方に多大な価値をもたらすことができると確信しています」。


最高経営責任者として1年半以上を過ごしたSean Lee(ショーン・リー)は、新年を迎え、アルゴランド財団以外でのキャリアを模索することを決めました。リーはアルゴランド財団を重要な時期に導き、Accelerated Vestingプログラムの完了による経済的安定、ViridisファンドやAeneas DeFiファンドなどの主要なエコシステム・ファンディング・プログラムの立ち上げ、そして最も重要なこととして、2021年の最終四半期にコミュニティ・ガバナンスを立ち上げました。


「私は、ブロックチェーンの分野で新たな機会を追求するために、アルゴランド財団を離れることにしました。アルゴランド上で構築されているアプリケーションに変革の可能性があることを知り、今こそ私にとってその道を模索する時です。そして、アルゴランド財団とアルゴランド・エコシステムを次の成長段階に導くステイシーの能力に深い信頼を寄せています」とリーは述べています。


アルゴランド財団理事長であるKieron Guilfoyle(キエロン・ギルフォイル)は、「理事会を代表して、ショーンの過去数年間のリーダーシップとハードワークに感謝したい。ショーンは重要な時期に就任し、アルゴランド財団のエコシステムの成長に多大な貢献をしてくれたことに感謝しています」と述べています。


ギルフォイルはまた、「ステイシーは、アルゴランドが圧倒的なLayer1ブロックチェーンになる可能性を理解しており、私たちのグローバルな取り組みをスケールアップし、コミュニティに優れた価値を提供するための経験と専門知識を持っています。彼女は、アルゴランド財団を拡大段階に移行させるために、時間を惜しまないでしょう」と述べています。



Staci Warden(ステイシー・ウォーデン)について


アルゴランド財団の理事会に参加する前は、ミルケン研究所でグローバル市場開発プラクティスを担当し、資本市場開発、暗号通貨・ブロックチェーン・ソリューション、持続可能な開発目標を推進するための革新的な金融に関する活動を主導していました。ミルケンの前は、J.P.モルガンのEMEA(欧州・中東・アフリカ)の公共部門をロンドンで統括していました。JPモルガンの前は、ナスダックのマイクロキャップ企業向けの2つの市場を担当し、公共・非営利部門では、米国財務省、Center for Global Development、Harvard Institute for International Developmentで上級職を務めました。


ステイシーは、50カ国以上でビジネスを行っており、暗号通貨とブロックチェーンが現実世界の問題を解決する可能性や、金融イノベーションがインクルージョンを改善して世界の貧困を削減する可能性について、広くアドバイスや講演を行っています。アルゴランド財団のほか、Global Blockchain Business Council、Rwandan Capital Market Authority、Energy for Growth Hubなどの役員を務めています。また、国連資本開発基金(UNCDF)、欧州議会の科学技術委員会(STOA)、米国金融技術協会、Evolution Environmental Asset Managementの諮問委員会にも所属しています。



アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、Silvio Micali(シルビオ・ミカリ)と一流の科学者チームによって設計されたAlgorandプロトコルとオープンソース・ソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術のグローバルな約束を果たすことを目的としています。アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立することを信念とし、公平で真にボーダーレスな経済の可能性を活用する機会をすべての人に提供する、包括的なエコシステムのビジョンを持っています。



元記事:https://algorand.foundation/news/staci-warden-ceo