QVote、クリプト・コミュニティのための完全に分散化された二次投票プラットフォームを構築するための助成金を受領



QVote、クリプト・コミュニティのための完全に分散化された二次投票プラットフォームを構築するための助成金を受領


2021年6月28日 - QVoteとアルゴランド・コミュニティは、アルゴランド財団助成金プログラムを通じて、クリプト・コミュニティのための完全に分散化された二次投票プラットフォームを構築するために提携しました。これにより、アルゴランドのユーザーは、完全に信頼できる方法で、オンチェーンで選挙や決定を行うことができるようになります。QVoteは、アルゴランドにおけるオンチェーンでの投票やガバナンスのための標準的なプラットフォームになることを計画しています。



QVoteの開発は3つのフェーズで構成


  1. 二次投票スマートコントラクトの作成。これには、プロセス全体が中央集権的なエンティティに依存しないようにするために必要なスマートコントラクトも含まれます。

  2. QVoteスマートコントラクトとの対話を容易にするSDKの作成。これは、自分のアプリにQVoteの機能を統合したいと考えている開発者を支援するためのものです。このSDKは、MyAlgoウォレットと統合し、取引の作成と署名を簡単かつ安全に行えるようにします。

  3. ユーザーが作成した決定と対話したり、新しい決定を作成したりすることができるウェブ・アプリケーションの作成。すべての機能は、上級ユーザーがウェブ・アプリケーションを使用せずにQVoteの全機能を使用できるように設計されています。コントラクトの展開や取引の署名を自分で行うことができます。


QVoteがこのプロジェクトで実現する大きなインパクトは3つあります。第一に、説明したように、ユーザーが使いたいと思う限り、分散型で動作し続けるこのような投票プラットフォームを作成したこと。第二に、このプロジェクトがコミュニティ主導の大規模なプロジェクトとなり、プラットフォームの追加機能やコンポーネントの作成が促進されることを期待しています。第三に、長期的には、オンライン・ガバナンスの優れたモードとして、ブロックチェーン・コミュニティにおける二次投票の採用を触媒することを期待しています。


二次投票は、有権者がニュアンスのある意見を表明する際に、より自由度が高くなります。二次コスト関数によって、有権者が自分の意見を表すように投票を分散させることができます。より現実的には、有権者はより関心のある選択肢に投票することになり、特定のテーマについて最も知識と情熱を持った人たちによって結果が導かれることになります。クレジットの総数を制限することで、希少性を導入しています。これにより、投票者はより思慮深く、慎重に自分の意見を述べることができるようになります。また、クレジット配布の仕組みは、各個人の選択肢をランク付けする効果もあります。


QVoteの共同設立者であるMateusz Bednarskiは次のように述べています。「アルゴランドは、Pure Proof of Stake(PoS)システムという最高の技術を持っており、他のブロックチェーン・プラットフォームでは実現できないような、ファイナリティ・タイム、スピード、分散化を実現しています。アリゴランドは、私たちが今日構築している分散型の金融およびカストディアン・エコシステムにおいて、間違いなく主要な役割を果たすでしょう。」


「今日のアルゴランドのトランザクション確認速度は信じられないほど速く、一般的なdApp開発の問題を抽象化して、シームレスなユーザー体験の創造を可能にします。」


アルゴランド財団のエコシステム・アドボカシー&プラットフォーム・オペレーション責任者のAddie Wagenknechtは、「QVoteの実装とアーキテクチャがアルゴランド・エコシステムの開発の一部になることを嬉しく思います。彼らの投票メカニズムとアプリケーションのためのソリューションは、ブロックチェーンの未来のために大いに必要なリソースです」と述べています。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。


QVote:


Website

Join us on Discord

Twitter: @Qvote_

Github



元記事:https://algorand.foundation/news/qvote-grant-award