アルゴランド・コミュニティ中継ノード運営パイロット・プログラム




アルゴランド・コミュニティ中継ノード運営パイロット・プログラム


アルゴランドは、コミュニティとともに、ボーダレス経済のための信頼できるパブリックでパーミッションレスなインフラを構築しています。アルゴランドのエコシステムのさらなる分散化を支援するために、アルゴランド・ネットワーク上で中継ノードを実行するためのパイロット・プログラムを開始します。


このプログラムの目的は2つあります。1つは、より多くの当事者が私たちのコミュニティで積極的な役割を果たせるようにすること。もう1つは、中継ノードの多様性と数を増やし、ネットワークの継続的な健全性と運営を確保することです。


そこでアルゴランド財団は、このパイロット・プログラム参加への提案を提出する関心のある方々を募ります。この初期段階では、高品質な中継ノードを展開し、運営する少数の当事者を求めています。この初期プログラムは2021年第4四半期からの6ヶ月間ですが、パイロットが成功した場合はこの範囲を延長する予定です。


私たちは、受け取った提案について、以下のようないくつかの異なる側面を検討します。


● 配置される中継ノードの技術仕様。以下を含む、最低限受け入れられるハードウェア仕様。

  • 8 vCPU

  • 16GB RAM

  • 1TB ハイパフォーマンス・ディスク

  • 月間5TB以上のイグレス・トラフィック許容量

  • 低レイテンシーの高速接続、最低でも双方向で1Gbps


ただし、提案者が性能や信頼性の面で優位性があると判断した場合は、より大きな仕様を約束することができます。


● 提案者が約束するサービス・レベル(ソフトウェアの新バージョンが出た場合の更新時間を含む)。

● これらのノードが配置される地理的な地域。

● デプロイメントのタイプ(商用クラウド、社内など)。

● 提案者がアルゴランド財団に求める報酬。


上記の基準を考慮して評価を行い、多様な中継ノードを獲得することを目指しています。いただいた提案の質にもよりますが、本プログラムには5~10社の参加を予定しています。


このパイロット・プログラムの目的の一つは、中継ノードの監視ツールを開発することです。そのため、参加者はノードの運用に加えて、自身のパフォーマンス(および他の中継ノードのパフォーマンス)を監視することが求められます。特に、アルゴランド・ソフトウェアのテレメトリ機能や、将来追加される可能性のあるその他の監視機能を有効にすることが求められます。


また、アルゴランド財団は中継ノードのパフォーマンスを監視し、毎月、「優秀」、「適切」、「不良」のいずれかに評価します。中継ノード運営者への報酬はパフォーマンスに連動しており、「優秀」な中継ノードには合意された月額報酬の満額が、「適切」な中継ノードにはその75%、「不良」な中継ノードには25%のみが支払われることが予想されています。


ノード運営者は、自分の中継ドードをアルゴランド・ソフトウェアの最新安定版に継続的に更新することが求められます。



<応募方法>


基準


中継ノード運営者に応募するには、当社が提供するガイドラインに沿って、提案に関する詳細な情報を提案書に記入する必要があります。


重要な日程

  • 提案書の提出期限 -- 2021年7月12日

  • 選出者発表:2021年8月31日

  • 2021年10月1日(金)より中継ノード展開開始


応募方法

  • 提案書の書き方をお読みください。

Relay-Node Runner Proposal Instructions
Download • 47KB
  • 中継ノード運営者プログラムの利用規約を確認し、同意してください。

Template_AFdn_RFP for Relay Node Running
.
Download • 112KB
  • 提案書を提出してください。

  • アルゴランド財団は応募書類の受領を確認します。

  • アルゴランド財団は、提出された提案書を評価し、受領日から8週間以内に決定を下します。評価の過程で、評価チームは、審査中の申請書についての説明や議論のために、申請者に連絡を取ることがあります。


元記事:https://algorand.foundation/news/community-relay-node-running-pilot