「神7」“Our Magnificent 7” 8月・9月のアルゴランド助成金受賞者




「神7」“Our Magnificent 7”

8月・9月のアルゴランド助成金受賞者


2020年10月1日 - 8月と9月は、アルゴランドのコミュニティにとって忙しい2ヶ月でした。この間、私たちはさらに7つの新しいアルゴランド財団助成金を、いくつかの素晴らしい受賞者に配布しました。アルゴランド財団2.5億ALGO助成金プログラムは、開発ツールとインフラストラクチャ、研究提案、アプリケーションとユースケース、教育とコミュニティの4つのカテゴリーにまたがる助成金申請をサポートしています。


最近授与された助成金の範囲の広さに驚かされます。各助成金カテゴリーからそれぞれ助成金授賞者が現れています。これらの受賞者とそのプロジェクトは、アルゴランドのエコシステム内でのアプリケーション構築を可能な限り容易にするために必要な開発ツール、インフラストラクチャ、研究の構築を支援しています。私たちは、これらのプロジェクトを皆様と共有したいと考えています。アルゴランド財団の助成金プログラムの発表やアルゴランド財団の最新ニュースは、ウェブサイトTwitterLinkedInなどの公式ソーシャルメディア・アカウントでご覧いただけます。また、テレグラムチャンネルをチェックして、アルゴランド・エコシステムの他の開発者と会って仕事をすることもできます。開発者の方は、こちらの開発者ポータルにアクセスして、開発者フォーラム、リソース、ソリューション、チュートリアルに参加したり、貢献したりすることができます。


助成金の対象者は以下の通りです。


AlgoSwap(アルゴスワップ): 開発ツール&インフラストラクチャー助成金

AlgoSwapでは、トレーダーが任意のアルゴランド標準アセット(ASA)を交換できるようになります。Algoswapはアルゴランドのエコシステムとネットワークの成長を可能にし、スマートコントラクトに関連した実行可能なプロジェクトを提供します


Algorand IntelliJ(アルゴランド・インテリジェイ): 開発ツール&インフラストラクチャー助成金

Intellij IDEでのTealスクリプトのためのエンドツーエンドの開発サポートを提供します。フロントエンド、ウェブ対応の開発プロセスを介したアセット作成を利用して、アカウント管理、ファウセット統合、トランザクション署名などをIDEから直接テストします。このプロジェクトは、開発が容易なブロックチェーンを活用したいと考えている開発者のための当社の継続的なコミットメントとサポートをサポートしています。


Obsidian Labsのvscode拡張機能:開発ツール&インフラストラクチャー助成金

多様で活気に満ち、繁栄するエコシステムは、アルゴランド財団とコミュニティにとって非常に重要です。この助成金は、Obsidian LabsがTealとPyTealスマートコントラクトを使用してアルゴランド上で構築しようとしている開発者をより良くサポートし、多くの機能を持つツールを展開するために授与されます。


ブロックチェーン・アクセラレーション・ファウンデーション:研究助成金

この助成金は、デジタル通貨に対する態度を調査し、米国の大学キャンパスとその周辺コミュニティ内でのステーブルコインの使用事例を理解するための大学コイン市場調査プロジェクトに授与されます。この研究の結果は、アルゴランドを利用した革新的なキャンパス決済技術の開発と試験運用に役立てられます。


Nicola Dimitri(ニコラ・ディミトリ)教授:アルゴランド経済学 研究助成金

アルゴランドの合意の経済学と組み合わせて、特にPoSと経済の長期的な挙動のダイナミクスの研究。ディミトリ教授は、アルゴランドとProof of Stakeのコンセンサスに関する先進的な経済研究を提供します。ディミトリ教授は、関連する学術誌に研究成果を発表したことで高く評価されている学者です。


Trust Graphic Novel:教育・コミュニティ助成金

Trustは、ブロックチェーンの変革的な力を共有するグラフィックノベルで、人々の生活が暗号通貨の影響によって最も変革されるであろう新興国や場所でのグローバルなブロックチェーン・コミュニティを成長させることを目的としています。このプロジェクトを支援することは、西半球以外の地域でもブロックチェーンを教育し、提唱するアルゴランド財団の継続的な取り組みを示しており、これらの地域の開発者やコミュニティの数を拡大しています。


Scriptorium Printing Solutions PVT LTD: アプリケーション・ユースケース

証明書の真正性を検証するための安全な保管場所や簡単なソースがないため、インドでは証明書詐欺が増加傾向にあります。この助成金は、デジタルで証明書を発行し、検証するための迅速な方法を促進するアルゴランド・ブロックチェーン・ネットワークに基づく分散型アプリケーション(DApp)の作成のために授与されます。この助成金の受賞は、エコシステムにおける別のDAppの開発を促進し、インドで蔓延している問題である証明書詐欺の解決策のためのユースケースとなるものです。



2020年のアルゴランド財団2.5億ALGO助成金プログラムのこれまでの助成金受賞者の包括的なリストは、こちらでご確認いただけます。